2020年1月19日 (日)

昭和心満載の定食屋さん!西浅草『食堂 筑波』

Img_0301

食堂 筑波①

随分前、平成最後の夏に行ったお店をご紹介。

とある土曜日に浅草をフラフラ。

お腹空いたなーと思ってたら、西浅草の国際通り沿いに素敵な外観のお店を発見。

食堂 筑波

Img_0299

看板

コカコーラの看板が素敵ですね。

Img_0300_20200119043801

食堂 筑波②

年季を感じます。

Img_0286_20200119043801

店内①

カウンター7席と4人がけテーブル3卓。

ザ・昭和の定食屋さん。

おばちゃんお一人で切り盛りされてます。

Img_0292_20200119043801

店内②

お店のあちこちに色んな物が飾られてます。

Img_0284_20200119043801

テーブル上

灰皿とお冷やグラスも昭和っぽいですね。

Img_0293_20200119043801

店内③

壁にはメニューがいっぱい。

出た!コーラー

昭和な表記が最高です。

お餅300円とか。

写真じゃ見えませんが、鉛筆であべ川、いそべ焼って書かれてます。

魚系の定食やうどんが充実してますが、そもそもメニューがやたら多いです。

そんな中、ウィンナーフライ定食ナポリタンうどんも気になりますが・・・。

Img_0294_20200119043801

オムライス①

ここでオムライザー魂が騒ぎます。

オムライス650円。

豆腐とタマネギ、ワカメの味噌汁と、プチトマト&ブロッコリーのマヨネーズがけが付いてます。

Img_0295_20200119043801

オムライス②

これまた昭和な感じがいいですな。

硬い厚焼きの玉子にお茶目なかけ方のケチャップ。

おばちゃん、やりますな。

Img_0297_20200119043801

オムライス③

中は、意外とおとなしい味付けのケチャップライス。

タマネギと刻んだウィンナーが入ってますよ。

いや、こりゃンマいです。

Img_0298_20200119043801

オムライス④

余裕の完食です。

昭和を味わうには浅草が最高ですな。

食堂 筑波
東京都台東区浅草3丁目42-5
03-3875-0637

 


日本全国食べ歩き ブログランキングへ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年1月17日 (金)

パラサイト 半地下の家族

Img_7147

話題になってるパラサイト 半地下の家族を。

韓国映画って、実はあんまり知らなくて。

そもそも韓国自体が最近はあんまり好きじゃなく。

ただポン・ジュノって監督の名前は聞いたことがあるかな。

公開早々の夜、メッチャ混んでた。

ちょっと長めの作品だけど、飽きることもなく、かなり楽しめたね。

家族4人が無職になっちゃった貧困層のファミリー

とある知り合いの紹介で、長男君が大金持ちの家の女子高生の家庭教師に。

そこん家の美人のお母さんと話してるうちに、息子ちゃんに絵の才能があるって話になり、辞めた絵の先生の代わりを紹介することに。

んで、他人のフリして妹を紹介。

さらに運転手さんを辞めさせるハメに追い込んで父親を紹介し、同様に家政婦さんの代わりに母親を当てはめる。

もちろん全員他人っていう体にして。

この巧妙な策略が見てて笑っちゃう。

いつしか家族全員がお金持ちにパラサイトし、家族の留守中に豪勢なリビングで家族団らん。

しかし、そこへ元の家政婦が現れることで豪邸の地下にある秘密が明らかになって、話はバイオレンスっていうかホラーっぽく展開していく。

ここからは先の読めないジェットコースター状態。

後半ちょっと血が流れ過ぎなのがオイラ的にはキツかったけど内容は面白かったなあ。

ラストも良かった。

貧困層の臭い・・・ちょっと切ないね。

それにしても、貧困層を描く映画って流行ってんのかね?

万引家族とか、ケン・ローチ監督の家族を想うときとかさ。

アカデミー賞候補にもなってるけど、グロさもあって、ちょっと”らしく”はないかなあ。

パルムドールを与えたカンヌは凄いね。

メッチャ面白かったけど、個人的には好みじゃない・・・だけど評価が高いのも納得な、ちょっとショッキングな映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

男はつらいよ 50 お帰り 寅さん

Img_e7115_20200114174301

2020年一発目の映画は、男はつらいよ 50 お帰り 寅さん

ちょっと温存してたのよ。

まあ、正月らしいしね。

寅さんは、時々BSでやってるのを観たりしてて、コンプリートはしてないものの、好きなシリーズ。

マドンナ見たさもあるし。

そんな寅さんが令和に蘇るってんで、こりゃ観ない手は無いでしょ。

しかもシリーズ50作目だって。

内容的には、くるまやを舞台に、レギュラー陣が回想するシーンに寅さんが出てくるっていう。

基本的に主役は吉岡秀隆演じる満雄君で、高校生の時に付き合ってたゴクミ演じるイズミちゃんとの再会がメイン。

もうメロンのくだりとか大笑いしちゃったよ。

それにしてもゴクミは今の方が綺麗だよね。

セリフは棒読みだけど、思わず見入っちゃう。

そして昔の倍賞千恵子は、ホント可愛いよなー。

歴代マドンナでは、やっぱり吉永小百合がピカイチ。

ストーリーや寅さん登場シーンは、全然違和感無くて楽しめたね。

また作って欲しいもんだよ。

その時は、桑田佳祐出てこないで欲しいなあ。

いきなりオープニングで登場した時は思わず帰ろうかと思った。

ま、なにはともあれ、寅さんは日本人の心に刺さる最高のシリーズだーね。

 


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

2020年が来たのね

Img_7008

正月料理①

ついに2020年令和になって初めてのお正月だね。

今年は、実家ではなく、最近仕事で滞在の多い札幌で。

友達もいないし一人寂しく楽しく。

あらかじめスーパーやらネットやらで購入したお正月料理を。

セットものの安物おせちとこれまた安物の蒲鉾なんかをいただき。

尿酸値が上がりそうな瓶詰と、なんといっても辛子蓮根が美味しい。

Img_7004

日本酒

最近は家でワイン(ほぼ白)を飲んでるんだけど、正月くらい日本酒を楽しもうか。

ってな訳で、新潟の越後鶴亀って銘柄の純米吟醸を。

ワイン酵母仕込みだって。

爽やかだけど、しっかりしてて美味しいですよ。

Img_6998

年越しそば

ちなみに昨夜は、これまたスーパーで買った蕎麦と天ぷらで年越し。

北海道産の十割そば、分かってはいたけど、ブチブチ切れちゃう。

なんとなく映画やテレビを観ながら年越し。

Img_7020

カニ①

二条市場で買ったカニをいただこうか。

花咲ガニって、関東じゃあんまり買えないと思うけど、これが安くてンマいのよ。

たらばがにの半額位かね。

Img_7021

カニ②

甲羅で手が傷だらけになりながらの格闘食い。

Img_7025

カニ③

なんとか攻略。

メスだったのね。

だから安かったのかね?

Img_7026

カニの味噌汁

カニから漏れ出た体液を即席味噌汁に入れて。

結局、終日飲んで食ってテレビ見て寝て・・・の繰り返し。

まあ、幸せなこっちゃ。

Img_7030

おしるこ

余った餅と黒豆でおしるこを。

Img_7009

アイスクリーム

そして毎年恒例になった、アイスクリームの栗きんとん乗せ

ノンビリ平和な元日だったなー。

Img_7028

正月料理②

2日目もノンビリ。

結局いつもの寝年越し&寝正月。

今年も(?)いい年になりますように・・・っと。


日本全国食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

| | コメント (2)

2019年12月31日 (火)

Jun's World お気楽国際映画祭 2019

2019年、令和元年も本日最終日。

今年もいい映画がいっぱいあったんで振り返ってみようじゃないの。

そう、Jun's World お気楽国際映画祭 2019を始めよう。

今年はNETFLIXなど配信系が大ブレイクしたんで、ちょっとルール変更。

ルール① : 完全にオイラの独断と偏見で決定

ルール② : 2019年に“映画館”と“配信”で観た新作映画に限る

         ※公開された年ではない

         ※DVDやテレビ、ネット等で観た旧作は除く

ルール③ : 作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、音楽賞、ベスト20を発表

         ※ベスト20の1位=作品賞

それでは早速発表を。

助演男優賞

 ☆ノミネート
   マハーシャラ・アリ(グリーン・ブック)
   ブラッド・ピット(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
   ビル・ナイ(マイ・ブックショップ)
   イーサン・ホーク(真実)
   ジョー・ペシ(アイリッシュマン)
   ボルワティフ・トレジャー・バンコレ(存在のない子供たち)
   サム・ロックウェル(バイス)

 ☆受賞
   イーサン・ホーク(真実)
    カトリーヌ・ドヌーヴの強烈な個性にジュリエット・ビノシュが対抗することで
    生まれるピリピリ感を、地味だけどトボけた雰囲気で軌道修正し、
    是枝ワールドを崩さなかった演技と自分の役割を全うする姿勢は素晴らしい。
    ブラピはひたすらカッコよくて、ビル・ナイの抑えた演技も良かったなあ。

助演女優賞

 ☆ノミネート
   レイチェル・ワイズ&エマ・ストーン(女王陛下のお気に入り)
   ジュリエット・ビノシュ(真実)
   デビー・ハニーウッド(家族を想うとき)
   キャスリン・プレスコット(僕のワンダフル・ジャーニー)
   ジュリア・バターズ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
   ブリジット・ニールセン(クリード 炎の宿敵)
   リリ・ラインハルト(マイ・ビューティフル・デイズ)

 ☆受賞
   デビー・ハニーウッド(家族を想うとき)
    映画初出演だそうで。崩壊していく家族なんだけど、
    ひとりひとりは愛情深いっていうところがこの映画のポイント。
    この女優さんが演じたお母さんはまさにその象徴となってたかな。
    ノミネートのブリジット・ニールセンは出演してくれたことに感謝。
    ジュリア・バターズは、大人になってから絶対美人になると思う。

音楽賞

 ☆ノミネート
   イエスタデイ
   ロケットマン
   マイ・ビューティフル・デイズ
   アイリッシュマン
   僕たちのラストステージ

 ☆受賞
   アイリッシュマン
    古いポップスなんかをうまく使ってたなあ。
    ちょっと甘い曲が流れてる中で残酷なシーンがあったりして。
    マイ・ビューティフル・デイズの『金色の髪の少女』も捨てがたい。

主演女優賞

 ☆ノミネート
   レジーナ・キング(ビールストリートの恋人たち)
   カトリーヌ・ドヌーヴ(真実)
   ルピタ・ニョンゴ(Us)
   リンダ・ハミルトン(ターミネーター ニュー・フェイト)
   イザベル・ユペール(グレタ)
   リリー・レイブ(マイ・ビューティフル・デイズ)
   スカーレット・ヨハンソン(マリッジ・ストーリー)

 ☆受賞
   スカーレット・ヨハンソン(マリッジ・ストーリー)
    怒鳴り合いのシーンはまさに圧巻。迫力がありつつリアルさも感じる。
    それでいて心の奥底では誰よりも信頼してるっていう。
    カトリーヌ・ドヌーヴの存在感とイザベル・ユペールの怖さも良かったね。
    そしてルピタ・ニョンゴが可愛い。

主演男優賞

 ☆ノミネート
   ヴィゴ・モーテンセン(グリーンブック)
   ミゲル・アンヘル・ソラ(家へ帰ろう)
   ホアキン・フェニックス(ジョーカー)
   ロバート・デ・ニーロ(アイリッシュマン)
   レナート・カルペンティエリ(ナポリの隣人)
   ジョン・C・ライリー(僕たちのラストステージ)
   ブノワ・ポールヴールド(今さらいえない小さな秘密)

 ☆受賞
   ロバート・デ・ニーロ(アイリッシュマン)
    今までの頑張りに対する敬意も含めて。やっぱ世界一の俳優だよ。
    今回超激戦で。ノミネート外でもクリント・イーストウッドとか、
    ティモシー・シャラメ、アダム・ドライバー、レオ様も良かった。
    ジョーカー役はちょっとズルいよね。TV版のシーザー・ロメロ、
    ジャック・ニコルソン、ヒース・レジャーと、個性が出し易い。
    大変だろうけど、俳優の解釈を反映させるの楽しそうだし。

脚本賞

 ☆ノミネート
   ナポリの隣人
   家族にサルーテ!イスキア島は大騒動
   やっぱり契約破棄していいですか!?
   Us
   ザ・プレイス 運命の交差点
   今さらいえない小さな秘密
   誰もがそれを知っている

 ☆受賞
   今さらいえない小さな秘密
    どれも捨てがたいんだけどね。
    自転車屋さんが自転車に乗れないってだけの設定でこんなに温かい話になるなんて。
    元は絵本なんだってね。
    ヨーロッパのちょっと地味な映画は、ファンタジックな設定が多くて好きだなあ。

監督賞

 ☆ノミネート
   パブロ・ソラルス(家へ帰ろう)
   ピーター・ファレリー(グリーンブック)
   ケン・ローチ(家族を想うとき)
   ナディーン・ラバキー(存在のない子供たち)
   ジョーダン・ピール(Us)
   是枝裕和(真実)
   マーティン・スコセッシ(アイリッシュマン)

 ☆受賞
   マーティン・スコセッシ(アイリッシュマン)
    これも迷う賞だけど、豪華俳優陣から厚い信頼を受けまとめ上げた手腕に。
    3時間半の長時間が冗長に感じないってのはさすがだよね。
    是枝監督の、世界の大物を是枝ワールドに引き込んだリーダーシップも凄いけど。
    ケン・ローチやジョーダン・ピールの”らしさ”も良かったなあ。

作品賞

 ☆受賞
   第01位 : グリーンブック
   第02位 : アイリッシュマン
   第03位 : 今さらいえない小さな秘密
   第04位 : Us
   第05位 : 真実
   第06位 : 運び屋
   第07位 : 家へ帰ろう
   第08位 : 僕のワンダフル・ジャーニー
   第09位 : さらば愛しきアウトロー
   第10位 : 僕たちのラストステージ
   第11位 : 存在のない子供たち
   第12位 : マリッジ・ストーリー
   第13位 : ジョーカー
   第14位 : クリード 炎の宿敵
   第15位 : 誰もがそれを知っている
   第16位 : やっぱり契約破棄していいですか!?
   第17位 : 家族にサルーテ!イスキア島は大騒動
   第18位 : ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
   第19位 : イエスタデイ
   第20位 : ターミネーター ニュー・フェイト

2019年は、ホント当たり年だった印象。

その中でも、『グリーンブック』が総合力で強かった。

年を重ねるにつれてハートウォーミングな映画が好きになってきてる気がする。

もっと若い頃だったら『ジョーカー』なんかトップ3に入ったんだろうけど。

ま、何はともあれ、今年もいい映画に出会えて感謝だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

マリッジ・ストーリー

O1080144014656355493


今勢いのあるNETFLIXで話題になってるマリッジ・ストーリーを。


このポスターだと、幸せな結婚生活っぽいんだけど、これは夫婦が離婚するお話。


アダム・ドライバー演じる舞台監督チャーリーと、スカーレット・ヨハンソン演じる女優ニコール、その息子ちゃんの家族。


当初、話し合いで円満な離婚を望んでいたものの、弁護士を巻き込みドロドロの闘いに。


怒鳴り合いのシーンは、リアルだし迫力もあって見ごたえ充分。


どっちが悪いとは言えないので、なんとも歯がゆい。


お互い、本当は憎み合ってる訳じゃなく、昔は確かに愛し合っていて、信頼と思いやりを持ってるんだよなあ。


ラストは泣けちゃうね。


それにしても二人の演技が素晴らしいよ。


どっちも、何かしらの映画祭で主演賞獲ってもおかしくないんじゃない?


まあ、結婚って難しいし、夫婦って凄いなーって感じる映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


BS blog Ranking

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

アイリッシュマン

1357285_650

アイリッシュマン

前から楽しみにしてたアイリッシュマンを鑑賞。

それにしてもNETFLIXの勢いは凄いね。

今まで映画館で観たものだけこのブログにUPしてきたんだけど、これからは配信モノもUPしていかないとね。

とにかく観る前から豪華で気になってた。

マーティン・スコセッシ監督のマフィア映画で、ロバート・デ・ニーロアル・パチーノジョー・ペシが出てるって聞いたらテンション上がらない訳ゃあないわけで。

ところで、アル・パチーノはスコセッシ作品に出たことあったっけ??

主役はデ・ニーロ演じるフランクで、肉の配達を行なうトラック運転手。

マフィアと関わるうちに、ジョー・ペシ演じるボスのラッセルからの依頼で裏の仕事をこなし、紹介されたアル・パチーノ演じるジミー・ホッファと親密に。

そのホッファは、裏社会にも大きな影響力を持つ全米トラック運転手組合の長という立場で隆盛を極めていたものの、大統領とも絡みつつ、同組合のトニーと対立し、いつしか孤立していく。

なんとか事が大きくならないよう計らってきたラッセルもホッファに見切りをつけ、自分が育てたフランクを巻き込み・・・。

フランクがマフィアと関わるところからの生涯を描いた今作。

今までのマフィアものと比べると、ギラギラ感を抑えて重厚なドラマに仕立てつつ迫力もあるっていう。

すっかり円熟した役者達の演技合戦は目を離せない。

3時間半という長さが冗長に感じないのは凄いね。

そしてこれだけ個性の強い俳優陣をまとめ上げたのは、スコセッシの手腕と彼らとの信頼感の賜物だろうなあ。

ゴリゴリCGを駆使したマーベル映画を批判したスコセッシだけど、今回俳優陣を若返らせる為にCGを多用してる。

これが全然違和感無くてハイクォリティ。

寅さんもスクリーンに戻ってくるらしいし、最近の技術は凄いもんだ。

何はともあれ、各映画賞の目玉になることは間違い無い素晴らしい映画だーね。

 


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

マイ・ビューティフル・デイズ

Vl01

映画館に置いてあったチラシで気になったマイ・ビューティフル・デイズを。

行動障害のある無口な高校生ビリーは、日頃から気になっているスティーブンス先生の引率で、同級生の男女を含めた合計4名で演劇大会に参加。

数日を過ごすうちに、先生は、真っすぐに思いを寄せてくるビリーに翻弄されることに。

先生と生徒の恋愛モノと思ったら大違い。

思春期のあぶなっかしい高校生ビリーと、先生である前に一人の人間であるスティーブンス先生の成長モノかな。

主役のビリーを演じる、若手注目株のティモシー・シャラメの演技がみずみずしくて素晴らしい。

先生という立場を意識しながらも、徐々に自分を解放して人間らしさを見せるスティーブンス先生を演じたリリー・レイブも良かったね。

あと女生徒役のリリ・ラインハルトって女の子、チャラそうだけど頑張ってる感じが応援したくなるんだよなあ。

そしてなんといっても、金色の髪の少女っていうアメリカの曲が最高。

いい映画にはいい音楽が付いてくるもんだね。

もう、ホント純粋で爽やかなホッコリさせてくれる映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

北海道の自然とグルメを味わう旅! 6 『夜の釧路編』

Img_6265

釧路末広町①

知床から雨のなかレンタカーを飛ばし。

特急の出発時間ギリギリに釧路駅到着。

が・・・

まさかの強風で運休だって。

長距離バスも満席で帰れーず。

しゃーないからホテルを予約してもう一泊。

これも行き当たりばったりの旅の醍醐味だね。

せっかくなんで飲み歩こうじゃないの。

Img_6267

釧路末広町②

一番の繁華街(らしい)末広町、全っ然人がいない寂れた街並み。

Img_6282

釧路しつげん①

釧路といえば、やっぱ炉ばた焼きを楽しみたいね。

Img_6268

釧路しつげん②

釧路しつげんっていうコテコテな店名のお店へ。

外観が渋くていいね。

Img_6271

店内

店内もいい雰囲気。

おばちゃん二人で切り盛り。

若い団体が盛り上がってた。

Img_6270

生ビール

そぼ降る雨でちょっと寒かったけど、まずは生ビール

サッポロクラシックね。

Img_6278

串焼き①

豚の串焼きを。

ンメっ。

Img_6280

福司

やっぱ日本酒が飲みたくて。

釧路地酒の福司

Img_6279

串焼き②

次は

さ、もういいや。

Img_6263

ソープランド

普通にソープランドがあり。

ニュー東京だって。

 ※ちなみに入っておりません。

Img_6283

河むら

そしてラーメンでも。

河むらっていう釧路ラーメンのお店。

Img_6287

ラーメン

昔ながらの醤油系中華そば。

疲れてるのか、あんまり味を感じない。

Img_6291

釧路センチュリーキャッスルホテル

何軒か電話してやっと予約が取れた釧路センチュリーキャッスルホテル

コンビニで買ったアイスでも食べて長旅の疲れを癒そうか。

テレレレッ、テッテッテーン♪(ドラクエの宿の音ね)

Img_6294

ホテル前

さあ、まずは朝ごはんでも。

Img_6295

魚政

フィッシャーマンズワーフっていうショッピングモール的なとこへ。

魚政ってお店のさんまんまっていうのぼり旗が気になり。

Img_6297

さんまんま

まあまあなボリューム。

炊き込みご飯に大葉を挟んで焼きさんまを乗っける地元グルメ。

これ、めっちゃンマい。

朝からテンション上がるね。

Img_63021

和商市場

また和商市場へ。

Img_6301

勝手丼

そしてまた勝手丼

どうもこのシステム嫌いで。

好きな具材選べるのは楽しいんだけど、お値段を気にしちゃってイマイチ楽しめなくて。

貧乏人のひがみなんだけどさ。

美味しいんだけどさ。

Img_6299

中トロ

中トロも。

いやあ、食べ過ぎ。

さ、特急に乗り込もうか。

んな訳で、いつもよりちょっと長めのひとり旅が終了っ。

 


日本全国食べ歩き ブログランキングへ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (2)

2019年12月26日 (木)

家族を想うとき

Img_6933

『わたしは、ダニエル・ブレイク』カンヌパルムドールを獲ったケン・ローチ監督最新作の家族を想うとき

引退宣言したケン・ローチ監督がその引退宣言を撤回してまで描きたかったらしく。

個人事業主として宅配業者と契約する配達ドライバーのリッキーと、介護士の妻アビー、一男一女の子供たちの家族の物語。

タイトルやポスターを見ると、めっちゃハーウォーミングなお話を想像しがちだけど、社会派監督のケン・ローチが描く世界は全く違うわけで。

イギリスの新自由主義経済における中産階級の没落をこれでもかと描き切る。

まあ、とにかくツラいお話で。

ツラ過ぎて、途中で『もう、やめて~』って言いたくなる程。

反抗期の子供がトラブルを起こそうが、見知らぬ集団からの暴行で大怪我しようが、高額な罰金を恐れて休めない状況のリッキー。

家族の為にフル回転してるのに、その家族がボロボロになっていく。

そしてこの家族、みんな善人なのがなんとも胸を締め付けられる。

愛情深い奥さんアビーとの関係は悪化し、本来心優しい息子ちゃんのことを殴っちゃったり。

リッキーが契約する宅配業者のボスも、ホントは多分普通の人なんだろうけど、会社の為にクソ野郎にならざるを得ない。

もう、これは誰が悪いとかじゃなく、社会システムの問題か。

悲劇が重なり、先を見るのがドンドン怖くなる。

ボロボロの状態で運転し始めるたびに事故るんじゃないかってハラハラしちゃう。

もうホラー映画より恐ろしく、ある意味、名作ジョーカーよりも危険。

なんちゅう映画を作るんだっていう。

名作・・・とは言いたくないくらい観た後の衝撃がデカくて。

まあ、こんな心が痛くなる映画も珍しい。

ホント、さすがのケン・ローチ、今一番ツラくなる映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

«カーズ『ドライブ』