« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月19日 (月)

納豆パン

P1000850

納豆パン

食生活に革命が起きました。

そう、納豆パンです。

実は納豆を食べ始めたのが今年になってから。

食わず嫌いっていうんですかね。

37年間ずっと納豆には関わらずに生きてきました。

とにかく納豆を食べる奴は頭がおかしい!・・・くらいに言ってましたからね。

そんななかふと健康の為にと食べてみたら・・・メチャ旨いじゃん!

・・・ってな訳で今では冷蔵庫で牛乳は切らすことがあっても納豆を切らすことは無いってくらいハマってしまいました。

それ以来ずっとご飯のお供にしてきたんですが、つい先日納豆パンなるものを教えてもらい試してみました。

P1000847

材料(1人分・・・ってゆーかパン2枚分)

食パン2枚

納豆1パック

バター1切れ(切れてるやつが便利)

とろけるチーズ少し(最近は小分けになってるのが売ってますね)

P1000849_4

作り方(ノーマル仕様)

①食パンを三角に切ってトーストを作る。

②バターを塗って納豆を乗せる。

③そのままサンドウィッチ風に挟んでもよし、そのままかぶりついてもよし。

P1000848

作り方(チーズオン仕様)

①食パンにバターを塗る。

②納豆を乗せる。

③とろけるチーズをふりかける。

④トースターで普通に焼く。

⑤そのままサンドウィッチ風に挟んでもよし、そのままかぶりついてもよし。

ってな訳で食べてみました。

これがまた旨いんだな。

ノーマル仕様は、より納豆感が強く、日常食べるのには向いてるかな。

チーズオン仕様は、納豆とチーズが絶妙のバランスでやや濃厚な感じで、ちょっと贅沢したい時にいいかもです。

他にも味噌ラーメンに納豆を入れてみたりと色んな食べ方があるみたいですね。

いや納豆恐るべし!!

続きを読む "納豆パン"

| | コメント (0)

2007年11月16日 (金)

タロットカード殺人事件

Photo_7

久々のウディ・アレン監督&脚本&主演作だね。

原題はSCOOPっていうんだってね。

名作マンハッタン殺人ミステリーを彷彿させるミステリー仕立てのコメディ。

相変わらずのウィット感はニューヨークだろうとロンドンだろうと変わんないね。

オープニングから三途の川で死神の死角を突いて下界に行くってとこからナイスだよね。

個人的にはアレン映画はアレン自身が出演してるのが好きなんだけど、今回も頼りな~くシミったれた感じが面白かったな。

マギー司郎ばりのダメダメ手品師役は見事だった。

でも何が光ってたかってスカーレット・ヨハンソンだよね。

アレンおなじみのしょうもないマシンガントークに負けないパワーとユーモアは素晴らしいよ。

ダイアン・キートンにも劣らない存在感だね。

これからもアレン映画に出てもらいたいよ。

ところで日比谷シャンテシネで夕方観たんだけど、何人か女性一人で来てるのが目についたな。

ヒュー・ジャックマンが目当てなのかも知れないけど、アレン映画に一人で来る女性ってのは惹かれるねぇ。

アレン映画はちょっとマニアックなだけに趣味とか感性が合うと思うんだけどいかがなものかね?

一度そんなアレン好きな女性と話をしてみたいもんだーね。

| | コメント (0)

2007年11月15日 (木)

天使が街にやって来た! 33

 『え?同期なんスか!?ジュンさん、そうなんスか?』
 『うーん・・・。』
 ジュンは視線を逸らした。
 『うわ、知らないんだ!超さみしい!』
 アサコは泣きマネをしてみせた。
 『ほらぁ、泣かせちゃったじゃないスか!ジュンさん、ヒド過ぎッスよ!』
 『え?俺が悪いの?』
 『ウフフフ、全然いいの。でもこれからはちゃんと覚えてね。』
 アサコは学生時代に鏡の前で練習した満面の笑顔をみせた。
 首が30度程右に傾いている。                  
 『いや、こんな冷たい人なんか無視しちゃって下さいよ!僕が優しく慰めてあげますよ!』
 アッチがアサコの視線に割って入った。
 『あはははは!』
 アサコは不自然に笑った。
 『それじゃまた!今度メシでも行きましょうね!』

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

天使が街にやって来た! 32

 『あぁ、こちらこそ!どうもどうもアッチです!』
 アッチが笑顔で応えた。
 『どもー。』
 アサコの目はジュンの方に向けられていた。
 『ほらジュンさん、自己紹介自己紹介!』
 アッチがジュンの腕を引っ張った。
 『え?あぁ、よ、よろしく。』
 ジュンは全く興味が無いといった風に自己紹介をした。
 『何スか、そのヤル気の無い態度は!?せっかくこんな美女とお知り合いになったのに!』
 アッチは冗談混じりに先輩のジュンに説教をした。
 『えっと、ジュンさんって8階にいらっしゃるんですよね?』
 『あれあれ?なんで知ってるんスか?』
 アッチが口を挟んだ。
 『そりゃあ同期がいるフロアくらい知ってるわよ。』
 アサコがニッコリと微笑んだ。

| | コメント (0)

2007年11月 7日 (水)

ブランニューヘビーズ in ビルボードLIVE東京

The20brand20new20heavies

2007年11月2日、ビルボードLIVE東京

UK発のアシッドジャズのスーパーバンド。

人気面ではジャミロクワイにすっかり追い越された感じだけど、ジャミのJKはこのブランニューヘビーズのボーカルオーディションで不合格になったっていう過去もあるくらい凄いバンドなんだよね。

実はオイラ、彼らを知ったのは割と最近。

ジャミ、インコグニートは聴いてたけどね。

友人にに薦められてベスト盤を買ってハマったんだよね。

んで今回ミッドタウンのビルボードLIVE東京に来るってんで楽しみにしてた訳さ。

ここは洒落てていい店だよね。

アーティストも意外な大物が来てたりしてナイス。

肝心のライヴの内容はっていうとこれが最高でさ。

選曲もほとんどヒット曲で盛り上がったね。

『ドリーム・オン・ドリーマー』、『ユー・アー・ザ・ユニヴァース』、『ドリーム・カム・トゥルー』などなど。

観客のノリも初日の1stとは思えないほど良かったね。

またメンバーのファッションもイカしててさ。

特にギターのお兄さんは一歩間違えるとアニメオタクな雰囲気なんだけど、これが似合っててカッコいいんだよね。

ベースのブラックGUYもグラサンが超クールでね。

いやほんとGOODなライヴだった。

今一番のお気に入りだね。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »