« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月23日 (水)

天使が街にやって来た! 38

 アサコはマルガリータ、ジュンはギムレットのグラスを軽く持ち上げてカチンと鳴らし、そのまま静かに微笑み合った。
 そして二人はピアノから流れてくるビリー・ジョエルの"素顔のままで"に身を委ね、しばらく甘美な時を過ごした。
 2杯目のマルガリータを飲み終える頃にはアサコの小さな頭がジュンの左肩の上で揺れていた。
 アサコは自分の中でずっと眠っていた"女"が眼を覚ますのをはっきりと感じた。
 『ふぅ・・・。なんか帰りたくなっちゃうね?』
 アサコは随分昔に使い古された言い回しで動いた。
 そしてそれは昭和に青春時代を過ごしたジュンには効果的だった。
 ジュンの口元に微かな笑みが浮かんだ。

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

マット・ビアンコ in ブルーノート東京

Img_1016

2008年1月18日、ブルーノート東京

確か去年も行ったっけかな。

オイラの中では完全に不良親父

いい歳したオッサン達が好きなように生き、好きなように音楽をやってるってイメージ(実際はよく知らないが・・・)。

ジャンル的にはなんだろうね?

ラテン系ポップスっていうのかな?

ジャズっぽい曲もあるしボサノバっぽい曲もあったりして。

確か80年代にUKから出てきたんじゃなかったかな?

女ヴォーカルにバーシアとかを入れてやったりもしてるよね。

そんな彼らの来日公演がオイラの2008年のオープニングライヴになったって訳さ。

当日ブルーノートに電話したらまだ入れるってんで急いで向かったよ。

んで奥の方にあるちょっと高さのある丸テーブル席(意外と見やすい)に陣取ってグラスのヴーヴクリコとポテト(くるくる巻いてるブルーノ-ト名物でボリュームたっぷり)を楽しんでるうちにライヴスタート。

まずは『ダンシング・イン・ザ・ストリート』。

のっけからヒット曲で攻めるねぇ。

でも1stステージだったせいか観客はちょっとおとなしい・・・。

オイラはもうノリノリだったけどここはクールに聴いてみるか。

そういやけっこう女性一人って客がいるね。

一人でマット・ビアンコを観に来る女ってカッチョいいよなー。

なんてうちにオイラの好きな『サンシャイン・デイ』

アンコールあたりでやると思ってたからちょっとビックリ。

となりのお姉さん(?)もノってるみたい。

その他『サマーサンバ』、『イエー、イエー』などなどいい選曲。

ラストに『ワップ・バム・ブギー』で観客総立ち!

いやマジかっこいいゼ!

アンコールの『ロスト・イン・ユー』まで駆け抜けたよ。

短い時間だったけど大満足なパフォーマンス。

やっぱこいつら最高だよ。

あとブルーノートって雰囲気あっていいんだよね。

なんか自分がお洒落になった気になるよ。

また来年来てくれるかなー。

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

こりゃマニアック!埼玉県川越市名物『太麺やきそば』

071226

 

 

 

 

 

 

 





見よ!川越名物『太麺ヤキソバ』!

行田市の『フライ』に続くご当地B級グルメ

今回は埼玉県川越市にスポットを当ててみました。

なんとなーくネットで見て行ったんですよ。

ま、フライほどメジャー(?)ではないんですけどね。

地元の人以外で知ってる人っているんですかねえ・・・。

見ためからしてちょっと太いでしょ?

んで麺の長さが5センチから7センチくらいなんです。

ぶつぶつ切ってから焼いてるんでしょうね。

味はいたってシンプル。

普通のソース味で具材はほぼキャベツのみ。

また大味なところがたまんないですね。

行田のフライ屋のサイドメニューにあるヤキソバと似たような味でした。

決して旨いとは言えないところがまたいいんですよ。

B級グルメの王道ですね。

ちなみにメニューは並、大盛、特大だけで、写真の並は250円

後ろにあるラムネもナイス!

071226_2












小峰商店

今回入った店は、川越城跡地のそばにある小峰商店

渋ーい玄関でしょ?

前に自転車が置いてあるのがまたいい感じ。

んで中に入ると、愛想のいいおじさん一人で張り切ってました。

どうやら他の店もそうらしいんですが、兼駄菓子屋なんですよ。

けっこう色んなの置いてました。

昔の東京下町のもんじゃと同じようなイメージなんでしょうかね。

071226_3











ついつい買ってしまった駄菓子たち

今食べるとどれも美味しくないんですよねー。

小っちゃいヨーグルトなんて有り得ないですよ。

でもガキンチョの頃は夢中になって食べてたなー。

遠足なんかのおやつ300円分って縛りの中であれこれ頭を働かせてやりくりしたもんです。

そのおかげで今の経済感覚が養われた気がしますねえ。

いやいやなかなかグーなB級グルメでした。

| | コメント (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »