« パリの変人 2 | トップページ | マット・ビアンコ in ブルーノート東京 »

2008年1月 5日 (土)

こりゃマニアック!埼玉県川越市名物『太麺やきそば』

071226

 

 

 

 

 

 

 





見よ!川越名物『太麺ヤキソバ』!

行田市の『フライ』に続くご当地B級グルメ

今回は埼玉県川越市にスポットを当ててみました。

なんとなーくネットで見て行ったんですよ。

ま、フライほどメジャー(?)ではないんですけどね。

地元の人以外で知ってる人っているんですかねえ・・・。

見ためからしてちょっと太いでしょ?

んで麺の長さが5センチから7センチくらいなんです。

ぶつぶつ切ってから焼いてるんでしょうね。

味はいたってシンプル。

普通のソース味で具材はほぼキャベツのみ。

また大味なところがたまんないですね。

行田のフライ屋のサイドメニューにあるヤキソバと似たような味でした。

決して旨いとは言えないところがまたいいんですよ。

B級グルメの王道ですね。

ちなみにメニューは並、大盛、特大だけで、写真の並は250円

後ろにあるラムネもナイス!

071226_2












小峰商店

今回入った店は、川越城跡地のそばにある小峰商店

渋ーい玄関でしょ?

前に自転車が置いてあるのがまたいい感じ。

んで中に入ると、愛想のいいおじさん一人で張り切ってました。

どうやら他の店もそうらしいんですが、兼駄菓子屋なんですよ。

けっこう色んなの置いてました。

昔の東京下町のもんじゃと同じようなイメージなんでしょうかね。

071226_3











ついつい買ってしまった駄菓子たち

今食べるとどれも美味しくないんですよねー。

小っちゃいヨーグルトなんて有り得ないですよ。

でもガキンチョの頃は夢中になって食べてたなー。

遠足なんかのおやつ300円分って縛りの中であれこれ頭を働かせてやりくりしたもんです。

そのおかげで今の経済感覚が養われた気がしますねえ。

いやいやなかなかグーなB級グルメでした。

|

« パリの変人 2 | トップページ | マット・ビアンコ in ブルーノート東京 »

グルMen'sグルメ」カテゴリの記事

麺’s CLUB」カテゴリの記事

昭和臭ぷんぷん」カテゴリの記事

コメント

junさん、ブログ見ましたよ!ディープな世界を泳いでますねぇ。
フライかなり懐かしいっす!
シーナイーストンはかなりうらやましいっす!
U2また見たいねぇ。

投稿: ミツ | 2008年1月11日 (金) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリの変人 2 | トップページ | マット・ビアンコ in ブルーノート東京 »