« マット・ビアンコ in ブルーノート東京 | トップページ | 天使が街にやって来た! 39 »

2008年1月23日 (水)

天使が街にやって来た! 38

 アサコはマルガリータ、ジュンはギムレットのグラスを軽く持ち上げてカチンと鳴らし、そのまま静かに微笑み合った。
 そして二人はピアノから流れてくるビリー・ジョエルの"素顔のままで"に身を委ね、しばらく甘美な時を過ごした。
 2杯目のマルガリータを飲み終える頃にはアサコの小さな頭がジュンの左肩の上で揺れていた。
 アサコは自分の中でずっと眠っていた"女"が眼を覚ますのをはっきりと感じた。
 『ふぅ・・・。なんか帰りたくなっちゃうね?』
 アサコは随分昔に使い古された言い回しで動いた。
 そしてそれは昭和に青春時代を過ごしたジュンには効果的だった。
 ジュンの口元に微かな笑みが浮かんだ。

|

« マット・ビアンコ in ブルーノート東京 | トップページ | 天使が街にやって来た! 39 »

天使が街にやって来た!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マット・ビアンコ in ブルーノート東京 | トップページ | 天使が街にやって来た! 39 »