« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月23日 (水)

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース in 東京国際フォーラム

Hueylewis

2008年4月20日、東京国際フォーラム

ついこないだのデュラン・デュランに続き80’sに大ブレイクしたバンドを観て来たよ。

当時ヒットしたスポーツってアルバムは擦り切れる程聴いたなぁ。

サンフランシスコ産まれの骨太なロックバンドでボーカルのヒューイの声が超カッコいいんだよ。

で、そんな彼らが10年ぶり(?)に東京でLiveやるってんで、もろR35世代のオイラは迷わずチケットをゲット。

ハゲたとか太ったとか色んな怪情報を仕入れてたんだけど、登場したヒューイは相変わらずジーンズの似合うイカした親父でさ。

しかものっけからオイラの一番好きな『ハート・オブ・ロックンロール』でスタート。

あのデデッデデッデデッデデッ・・・っていうイントロ聴いた瞬間に魂が揺れたよ。

その後もヒット曲満載。

『パワー・オブ・ラヴ』が一番盛り上がってたかな。

『アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ』とか『ドゥ・ユー・ビリーブ・イン・ラヴ』、『ハート&ソウル』とか良かったね。

アンコールの『バック・イン・タイム』『バッド・イズ・バッド』、『ワーキン・フォー・ア・リヴィン』まで突っ走ったって感じかな。

ひとつ残念なのは『いつも夢みて』をやってくんなかったことかな。

ちなみに今回はあのシカゴとのジョイント。

シカゴはピーター・セテラがいた頃のバラードしか知らなかったから、彼が脱退した今はちょっと分かんないんだよね。

あの透き通るような声が美しくてねぇ。

一応当時好きだった『素直になれなくて』、『忘れ得ぬ君に』、『君こそすべて』、『ラヴ・ミー・トゥモロー』、『愛ある別れ』とかやってくれたんで嬉しかったけどね。

あといわゆるブラスロックとして流行った『長い夜』とか『サタデイ・イン・ザ・パーク』なんかも当時知らなかったけど、聴いてみるとナカナカだったかな。

アンコールでは、なんの脈絡もなく布袋寅泰が出てきた。

周りの人は喜んでたけど、あれはちょっとどうなの?

んでいきなり『キル・ビル』のテーマ。

ちょっとズッコケたかな。

いやカッコいいんだけど、なにもここで出てこなくてもさ。

んで最後の最後までステージにいて、結局何のLiveなんだよって感じ。

ま、元気なヒューイ・ルイスを観られただけでもナイスな夜だったってことで。

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

デュランデュラン in Zepp東京

Duranduran_3

2008年4月14日、Zepp東京

最近ちょこちょこ日本にやって来るデュランデュラン

しかも割と小さい会場でやることが多いね。

2005年にはStudioCoastで5人全員揃っての貴重なLiveだったっけな。

そん時はすっごい盛り上がったんだけど、始まる前に一気飲みしたビールとオーディエンスの熱気のおかげで酸欠になっちゃって後半は会場の外で音だけ聴いてたっていう切ない思い出が・・・。

だから今回はそのリベンジってこともあって気合い入れて行ったよ。

でも当日アンディ・テイラーが脱退したの知って超ガッカリ

まぁ気を取り直して盛り上がるか!

メンバーがみんな黒いスーツ着て登場するともう会場は大爆発。

カッコ良かったね。

80年代はみんな派手なカッコと髪型でメイクしててさ。

いわゆるビジュアル系の走りだったんだよね。

なんか大人になったなーって感じ?

最初の2曲は知らなかったんだけど、最近出した新譜の曲なのかね?

なかなかいい曲だったけど、こっちは完全に懐メロ希望だからさ。

・・・って思ってたら『ハングリー・ライク・ザ・ウルフ』が始まって一気にヒートアップ。

その後も『美しき獲物たち』、『リフレックス』、『ガールズ・オン・フィルム』、『ノトーリアス』、『プラネット・アース』、『セイヴ・ア・プレイヤー』とヒット曲満載でさ。

途中宇宙人っぽい雰囲気で出てきてコンピューター音ゴリゴリでやったのも面白かった。

古いだけじゃなくて色んなこと考えてやってんだね。

つってもこのテクノみたいなシンセ音ってのはむしろ古いのか?

そういやサイモン・ルボンも良く声が出てたよね。

よくLiveになると高音をごまかして歌うボーカルいるけど、そこは手抜き無しで頑張ってたよ。

それからニック・ローズが全然変わってなくてビックリ。

あの若さはなんなんだろ?

アンコールは1曲だけ。

そう!もちろん『リオ』

他の曲でもそうだったけど、みんな大合唱。

もう最高に盛り上がったLiveだよ。

やっぱいいね80’s

それはそうと女性客が多かったなー。

やっぱ元祖アイドルバンドだね。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »