« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

天使が街にやって来た! 44

 天使とアサコは日本橋を渡った左側にある交番の脇の石段の陰に駆け込んだ。
 『何すんのよ!?』
 『アサコさんこそ何するんですか!?私がアサコさん以外には見えないの知ってるでしょ!?』
 アサコはしまったという顔をして両手で口を覆った。
 『まったく・・・。あの人怖いんですよ!テキサス生まれの元暴走族なんですから!イージーライダーみたいなもんですよ!』
 『何それ?・・・ってゆーかしょうがないでしょ!一緒に座ってる方がおかしいのよ!紛らわしいわね!』
 『気付いたらいたんですよ。あまりにアサコさんのデータがおかしくて調べるのに夢中だったんです。』
 『何?メールで気になるって言ってた話のこと?』

| | コメント (0)

天使が街にやって来た! 43

 その日の夕方、アサコと天使はスターバックスで落ち合う事になった。
 18時過ぎにアサコが到着すると、天使がいつものテーブルでパソコンを開いていた。
 同じテーブルでレイヴァンのサングラスに黒い皮のバンダナを頭に巻いた初老の白人男性がカフェモカを飲んでいた。
 店の前に停めてあるハーレーは彼の物に違いない。
 アサコは天使の前に立って言った。
 『この外人さん誰?』
 突然天使が慌てだした。
 『な、何よ?』
 白人が立ち上がった。
 『What?』
 『アサコさん!逃げましょう!』
 天使はアサコの手を引いて走り出した。
 背中の方から男が叫ぶのが聞こえてきた。
 『Fuck You Bitch!』

| | コメント (0)

2008年6月22日 (日)

パリの変人 4

P1000033

ノートルダム寺院

コンシェルジュリーから数分歩いてノートルダム寺院へ。

いわゆるゴシック建築の超大作。

ちなみにノートルダムってのは聖母マリアを意味するらしい。

世界中にノートルダムって名前の寺院やら聖堂があるのも理解出来るね。

写真じゃ分からんけど彫像やら装飾があちこちにあって壮麗な雰囲気。

最後の審判のとこくらいは分かったんだけど、ひとつひとつの彫像の意味が理解出来たらもっと面白いんだろうになぁ。

そうそう、ルーブル美術館にあるナポレオンの戴冠式の絵はここが舞台なんだってね。

内部まで見ときゃ良かったよ。

もっと時間がありゃいいんだけどさ。

周囲はいかにも観光地ってな雰囲気で、土産物屋が並んで若者がロックをやってたりするんだよ。

路地に入ったとこの店でクレープ売ってたんでチョコレート味を買ってみた。

けっこう買ってる人いるもんだな。

対岸にはパリ市庁舎が見えるセーヌ河のほとりでクレープをむさぼるひとりの日本人中年男・・・。

ちょっと怪しいかも。

でも美味しい。

旅の疲れが癒されるよ。

そろそろ暗くなってきた。

さて次に行くか。シャトレ駅から地下鉄でアンヴェール駅へ。

Dvc90023

モンマルトルの丘

アンヴェール駅から土産物屋街を抜けて行くとモンマルトルの丘にたどり着く。

キュートなメリーゴーランドの脇を通ってケーブルカー乗り場へ。

地下鉄の切符でいいみたい。

けっこう並んでるな。

Dvc90020_2

サクレ・クール寺院

ゆらゆらと丘を登るとサクレ・クール寺院が幻想的な雰囲気で佇んでいる。

なんかいいね。

階段に腰掛けて丘の上からのパリの街の灯を眺める。

ギター弾きの演奏が心地いい。

スティーヴィー・ワンダーの『心の愛』とかやってくれたりして。

なんか気持ち良くなっていつの間にやらうたた寝。

いやいいわこの感じ。

ちょっと歩いてみると遠くにエッフェル塔が光ってる。

フラフラと土産物屋を見てまわり、海外旅行恒例のTシャツ(街の名前が入ってるやつ)を買って階段で丘を下りる。

クリシー大通りは相変わらずの妖しい賑わいを見せている。

ピガール駅から地下鉄に乗りコンコルド駅で下車。

Dvc90017

コンコルド広場

コンコルド広場には高い塔みたいなのと噴水がある。

夜だったしちょっと地味な雰囲気。

マリー・アントワネットはここで斬首されたらしい。

ヴェルサイユからコンシェルジュリー、コンコルド広場と、偶然にもマリーの人生を辿ってみた訳だね。

ま、安らかに・・・って感じかな。

Dvc90014

凱旋門

地下鉄でジョルジュサンク駅へ行き、ついにシャンゼリゼ通りにやって来た。

凱旋門が光り輝いている。

美しいね。

明日また来よう。

のんびりシャンゼリゼ通りを歩く。

『オ~シャンゼリぃゼぇ~~』って曲が頭ん中を流れてくるよ。

ルーズベルト駅から東駅へ行きホテルに到着。

途中で買ったハーゲンダッツを食べて音楽番組を見てるうちに眠くなる。

明日で最後かぁ。

もっとじっくり味わいたいなぁ・・・。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »