« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月10日 (土)

華麗南蛮 バルセロナ編 3

P1000410

カサ・バトリョ

サンタ・カタリーナ市場、カタルーニャ音楽堂を見つつウルキナオナ駅から地下鉄でパセジ・ダ・グラシア駅へ。

フラフラ歩くと道の反対側にさりげな~くカサ・バトリョ発見。

これはガウディ作の世界遺産でテーマは海らしいね。

壁の青いタイルみたいなので波を表現してるんだね。

バルコニーは深海魚の骨?

う~ん。

凄いのかこれは?

よく分からんね。

面白いけどさ。

人も多いし内部は見なくていいや。

次行こう。

P1000413

カサ・ミラ

再び地下鉄でディアゴナル駅へ。

カサ・ミラだね。

これはテーマが山のガウディ建築。

山ねえ。

ま、確かに。

内部も見るかな。

・・・・・・やっぱいいや。

これも良さが分からん。

ガウディの世界遺産って一体どうなの?

普通に街の中にあるし感動は弱いよね。

そういや世界遺産って言うけど、そん中でグレードとかって無いのかね?

ローマ遺跡とかと一緒に論じられるってのはイマイチ納得いかん気がするがどうか。

まぁいいか、次だ。

P1000490

サグラダ・ファミリア①

地下鉄でサグラダ・ファミリア駅へ行くと・・・

ドドド~ン!

ついにサグラダ・ファミリアに来たぜ!

圧倒的な迫力じゃないの!

こりゃ凄ぇじゃん!

こーゆーのこそ世界遺産っつーんじゃない?

P1000483_3

サグラダ・ファミリア②

さすがガウディが生涯を捧げた教会だよ。

なんでもガウディは教会に寝泊まりして、建築費用を捻出する為に献金集めに奔走したらしいね。

あまりにみすぼらしくなって浮浪者と間違えられたとか。

P1000484

サグラダ・ファミリア③

P1000487

サグラダ・ファミリア④

P1000476

サグラダ・ファミリア⑤

それにしても1882年に着工してまだ完成してないってのはビックリだよね。

でも2020年頃には完成するって話だね。

内部で作業してる人達は普通の大工さんなんだろうけど、なんかカッコ良く見えてくるよ。

P1000436

彫刻

聖書のシーンを描いた彫刻も見事。

P1000437

ステンドグラス

内部のステンドグラスも見事。

とりあえず高いとこ好きなオイラとしては45分待ちだろうがエレベーターに乗らなきゃ。

P1000450

サグラダ・ファミリアより①

P1000454_2

サグラダ・ファミリアより②

おぉっ!

上から見る景色も素晴らしいよ。

下りの階段はちょっと怖くて迷路みたい。

P1000456

まだまだ工事中

いやあガウディやるじゃ~ん。

さて次。

P1000491

グエル公園①

地下鉄でレセップス駅まで行って1.5km歩いてグエル公園へ。

P1000502

グエル公園②

賑わってるなー。

P1000511

グエル公園③

P1000517

グエル公園④

景色もいいね。

サグラダ・ファミリアも見えるよ。

P1000497

グエル公園⑤(シンボルのトカゲ)

カサ・バトリョっぽいガウディらしさがあちこちにあるね。

トカゲのシンボルは微妙だけど。

売店でコーラ買ってしばしのんびり。

さてそろそろ行くか。

| | コメント (0)

天使が街にやって来た! 50

 『そういやジュンさん、アサコさんとうまくやってんスか?』
 『え!?うん、まあね。』
 アッチのいきなりの質問にジュンの目が泳ぎだした。
 『今、なんで休んでるんですか?なんか精神的なもんだって聞いたんですけど・・・。』
 『え!?そうなの?』
 『知らないんスか!?自分の彼女でしょ!』
 『え?あぁ、うん。まあね。』
 『ちょっと!マジどうなってんすか!?』
 アッチが声を荒げると、他の客達から冷たい視線が突き刺さってきたので、二人は店を出る事にした。
 エスカレーターへ向かいながらジュンが軽い口調で言い放った。
 『いやぁ、実はアサコとはただの遊びでさ。』

| | コメント (0)

天使が街にやって来た! 49

 道路に飛び出したジュンは手際良くタクシーを停め、そのまま女と乗り込んだ。
 アサコは二人が後部座席で濃密なキスをしながら消えて行くのを黙って見送る事しか出来なかった。
 翌日からアサコは会社を休んだ。
 アサコが休んでいる事を聞いたアッチはあの一件以来目を合わせる事すら避けていたジュンを昼食に誘った。
 会社の社員食堂では周囲の目が気になるので、二人はコレド日本橋の4階にあるトンカツ屋の平田牧場に入ったが、ランチセットを食べ終わるまではひと言も会話を交わさなかった。
 そして食後のお茶が出てくると、ようやくアッチが話を切り出した。

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

NIP/TUCK マイアミ整形外科医

Photo_5

NIP/TUCK

知ってる人いるかなあ?

2003年からアメリカで放映が始まったTVドラマ。

日本ではFOXでシーズン4まで放映されたね。

いやそもそも海外ドラマって好きでね。

で、その中でもNIP/TUCKは秀逸だと思うよ。

マイアミ整形外科の病院を共同経営する二人の男を取り巻く人間ドラマなんだけど、S○Xシーンや手術シーンが過激でさ。

特にS○Xシーンはモノのデカさが自慢のクリスチャン(写真右側の男)が面白いくらいに激しいんだよね。

どっかの変態母娘と3Pしたり、顔を整形しに来たブサイクな患者に紙袋被せて後ろから突きまくったり。

とにかく毎回獣みたいに叫びながらヤッてるのが面白い。

一方ショーン(写真左側の男)も負けじと笑わせてくれるよ。

患者のAV女優が自分をモデルにしたダッチワイフをよりリアルに作る為、自分の局部を再現させるんだけど、その完成品を自分の家で試してるところを奥さんのジュリア(写真真ん中の女)に見られたりして。

ショーンの息子マットもバカでね。

自分のナニの皮を切る手術をショーンがやってくれないからってネットで調べて自分で手術して痛さで失神しちゃうっていう・・・。

ま、そんな笑えるシーンが満載なんだおけど肝心のストーリーが面白過ぎる。

特にシーズン3はジェットコースターばりの激しい展開

サスペンスやホラーの要素も入っててさ。

あのストーリーを書いた奴は神だよ。

日本では24とかプリズンブレイクが人気あるみたいで、知名度が低いNIP/TUCKはレンタルショップではイマイチ借りられてない気がするね。

オイラに言わせりゃ24を観る暇があったらNIP/TUCK観ろよってとこなんだけどな。

NIP/TUCK、今一番のオススメ海外ドラマだーね。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »