« F・R・I・E・N・D・S | トップページ | 天使が街にやって来た! 51 »

2009年2月 7日 (土)

ジョン・オーツ in ビルボードLIVE東京

Oates_3

2009年2月2日、ビルボードLIVE東京

ホール&オーツが大好きでね。

80年代前半は『プライベート・アイズ』とか『アウト・オブ・タッチ』、『マンイーター』なんかを聴きまくったもんさ。

90年代には何回か来日公演も行ったっけな。

去年の年末にジョン来日の話を聞いた時は歓喜したよ。

ホントは二人でのLIVEを観たかったし、どっちかっつーとダリル・ホールの方が好きなんだけどさ。

ま、それはしゃーない。

とにかく六本木に駆け付けたよ。

席は正面後方のテーブル席。

後ろでも良く見えるし臨場感たっぷりなのがいいね。

ZIMAを飲みながらくつろいでるうちにバンドのメンバーとジョン・オーツ登場。

写真と同じで髭が無い。

なんか普通のおっさんって感じ。

また内容も渋くてさ。

全編アコースティックな感じで、ジョン独特のファルセットヴォイス使いまくり。

選曲も渋かったね。

ソロアルバムばっかりかと思ってたけど、半分以上はホール&オーツの曲だったんじゃない?

初期の名作『レディ・レイン』からスタートしてオイラのお気に入り『シーズ・ゴーン』、『サラ・スマイル』というバラード連発。

途中ジョン一人でアコースティックギター1本で弾き語り。

客席からリクエスト募って即演してたけど、あれはマジだったのかね?

ノラリクラリと言い訳したり、『その曲はダメ!』とか言いながら結局初めから曲を決めてたような・・・。

でもこのほのぼのした雰囲気がジョンらしくていいんだよな。

んで絶対やって欲しかった『ポゼッション・オブセッション』

最っ高だよね。

ニューアルバムの曲も全然知らなかったけど良かったよ。

あと『アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット』は意外な選曲だし大幅にアレンジも変えててナイスだった。

『カミリア』とか『チェンジ・オブ・シーズン』も良かったしさ。

そういや最後の曲の時、ステージ後ろのカーテンが開いて六本木の夜景が見えたのはいい演出だったんじゃない?

ドラムのお兄さんも喜んでたよね。

いや~ホントいいLIVEだった。

改めてジョンの偉大さを認識したよ。

でも次はダリルと一緒に来て欲しいよね。

|

« F・R・I・E・N・D・S | トップページ | 天使が街にやって来た! 51 »

黄金の80’s Music 」カテゴリの記事

Love Live Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F・R・I・E・N・D・S | トップページ | 天使が街にやって来た! 51 »