« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

華麗南蛮 マドリッド&トレド編 4

P1000635

スペイン広場

アトーチャ駅から地下鉄でベンタス駅へ。

目の前にラス・ベンタス闘牛場。

旅行会社は今日は休みだからチケット取れないって言ってたけど普通に売ってるっぽい。

ダフ屋もいるよ。

窓口でキュートなスペイン娘にスペイン語と英語を混ぜてさらに日本語もミックスして訊いてみる。

どうやら今日のチケットが買えるらしい。

結局17時半からの日なたの真ん中あたりの席(36ユーロ)をゲット。

観れないと思ってたから嬉しいね。

後で聞いたんだけど、闘牛のチケットは基本的に前日じゃないと買えないみたい。

旅行会社は取るのがややこしいから休みって嘘ついたんだね。

ヨーロッパ専門の旅行会社だったんだけど全然ダメじゃん。

また旅行会社への不信感が増したよ。

ま、そんなことはいいから17時半まで観光しよう。

地下鉄プラザ・デ・エスパーニャ駅で下車してスペイン広場へ。

ドンキホーテとサンチョ・パンサの像だけで大したことないね。

P1000646

王宮

外から王宮を見て、オリエンテ広場、アルムデーナ大聖堂、ビリャ広場と歩いてみる。

ま、とりあえず見ただけ。

P1000655

マヨール広場

おおっ!

ここは憩いの場って感じだね。

オープンテラスのカフェサングリアを楽しむ。

この広場はかつて祭りやら闘牛、国王の宣誓式、婚礼儀式、処刑とか色んなイベントが行われてたらしいね。

18世紀末に火災で焼け落ちて19世紀半ばに再建されたって話。

確かバンテージ・ポイントって映画の舞台になってたよね。

ここに数万人集まるって凄いことだね。

P1000659

プエルタ・デル・ソル(TIOPEPEの看板が目印)

その後プエルタ・デル・ソルっていうスペインの真ん中の0km地点へたどり着く。

要は日本でいう日本橋。

TIOPEPEの看板が目印だね。

なんてことないとこ。

酔っ払いながら地下鉄乗ったりフラフラ歩いたりする。

ヤバい!

足が痛い!

ま、海外旅行恒例だけど。

そろそろ闘牛観に行こう!

| | コメント (0)

天使が街にやって来た! 66

 二人は店の奥に設置されたステージを取り囲んでいるカウンター席の真ん中に通された。
 『特等席ね。キャンセルした人に感謝しなきゃ!』
 『さっきからメチャメチャ運がいいな!』
 二人が乾杯をすると、注文した料理が運ばれて来た。
 『うわ!これシメジ?僕キノコ系嫌いなんすよぉ!』
 アッチが顔を背けると、その瞬間、鶏肉の上に乗っていたシメジが姿を消した。
 『シメジ?そんなの入ってないわよ?』
 『え?あれぇ!?』
 驚いたアッチはウーロン茶のグラスを倒してしまった。
 『あっ!』
 グラスは一回転して元に戻り、中のウーロン茶は遠心力で溢れなかった。
 『な、何なんだ!?』

| | コメント (0)

天使が街にやって来た! 65

 二人は松坂屋の前でタクシーを降り、アサコが店を探そうとキョロキョロしていると、25歳位のエプロン姿の女がチラシを配っていた。
 『Swing Cityでーす!遊びに来て下さーい!』
 『あ!この店よ!』
 『凄ぇタイミング!』
 さらにそのチラシ配りの女は二人を店まで案内する事を申し出た。
 『どういう店なの?』
 アッチが女に尋ねた。
 『はい、ジャズ゙の生ライヴを観ながら食事をしていただくお店なんです。・・・あ、こちらです!ではごゆっくりお楽しみ下さい!』
 店は大盛況で、客がゴッタ返していた。
 『入れます?』
 アサコは店員に尋ねた。
 『はい!たった今キャンセルが出たんで!』

| | コメント (0)

2009年9月13日 (日)

そんな彼なら捨てちゃえば?

Photo_6

ラヴコメ好きでジェニファー・アニストンのファンのオイラにはたまんない映画だよ。

他にもドリュー・バリモアとかスカーレット・ヨハンソン、懐かしのジェニファー・コネリーと好きな女優ばっかり。

ターミネーターフリークのオイラがターミネーター4より待ちに待った公開だからね。

なにやらTVのセックス・アンド・ザ・シティのあるセリフをヒントに作られた話なんだってね。

長年付き合ってる彼が結婚してくれないとか好きになった男が既婚者だったとか彼氏が電話をくれないとかのありがちな恋愛模様を女の側から描いた話でさ。

「彼はそれほど君のことを好きじゃない」⇒「そんな彼なら捨てちゃえば?」って論法の内容だね。

登場人物みんなが魅力的でね。

彼氏が電話をくれないって騒いでるジジがキュートでさ。

馬っ鹿じゃねーの?って思うんだけどなんか応援したくなる。

やたら自由人なアンナもいいよね。

ジャニーンはさすがに怖くてダメだけどさ。

あとニールがベスにプロポーズしたとこは泣けたね。

ズルいよベン・アフレック。

でもああいうサプライズなプロポーズってやってみたいよね。

昔映画を観に行くといつもやってたジュエリーのCMがそんなんでさ。

①カップルが電車に乗ってて、居眠りから覚めた女の子が目をこすると左手の薬指に指輪が・・・

②海岸でハシャぐ女の子が偶然拾った指輪をはめて「わ~!見てえ!ピッタリ!」⇒「当たり前だろ。」⇒「えっ!?」

ってのが良かったな。

ま、アラフォーのオイラがやったら寒いだけか・・・。

話が逸れたけどとにかく笑って泣けるお勧めのラヴコメだよ。

ジェニアニは本当にかわいいしさ。

こりゃ観ない手は無い!・・・っつーくらい面白い映画だーね。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »