« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月18日 (日)

ルーマニア料理!銀座『ダリエ』

Gazou_053

銀座 ダリエ

ずいぶん久しぶりの世界の料理研究会

約2年ぶりの第3回大会は、4月17日に前回同様男1名女2名で開催。

この2年のうちにみんなそれぞれ他で海外の料理を食べに行ってると思いますけどね。

ま、一応正式な会としての報告をしてみましょう。

今回の会場は銀座7丁目にある地下のダリエっていう珍しいルーマニア料理のお店。

だいたいルーマニアってどこよ?って話です。

調べたらチェコとかハンガリーの右下で黒海に面してるらしいです。

ちなみに国旗はフランスの真ん中の白を黄色にしたデザイン。

オイラの予備知識としてはドラキュラ伝説発祥の国ってことだけです。

トランシルバニア地方のブラン城を居城としたヴラド3世が反逆者を串刺し刑にしまくったエピソードから生まれたそうな。

それをアイルランドの作家が吸血鬼として描いたらしいです。

一般のイメージは映画でクリストファー・リーが演じた、オールバックに血走った眼と牙が特徴のマント姿の紳士ですよね。

個人的にはコッポラの映画が好きでしたが。

Gazou_051

料理いろいろ

甘~いスパークリングワインで乾杯した後は、聞いたこともないルーマニア独特の葡萄品種で作られた赤ワインを飲んでみました。

さっぱりとして飲み飽きしない味わいでしたね。

このお店は基本的にコース料理なんですが、民族衣装を着た店員のお姉さんの好意でメインだけ人数分オーダーすればOKってことに。

名物料理としては、まず写真左上のギヴェチっていう肉と野菜を煮込んだやつ。

野菜の味たっぷりの優しい煮込み料理。

それから手前の皿の奥にあるムサカ(クリームのかかった四角いの)。

茄子と挽肉の重ね焼きなんだけどフワっと柔らかな食感がたまんないですね。

同じ皿の手前にある黒い物体はミティティ(要はケバブ)。

馬鹿なオイラ達はみんなでミキティって言い続けてました。

全体的に肉々しい料理が多いんですかね(魚を頼まなかっただけかも知れませんが)。

ヨーロッパの田舎料理にちょっとトルコ風味も入ってる感じ。

デザートは写真撮り忘れたけどパパナッシュっていうのが有名らしいです。

生地がシュークリームっぽいドーナツですね。

チーズが練り込んであるんですかね。

チェリーソースとサワークリームがかかってます。

懐かしさも感じられるけど初めての味なんですよねー。

いやあルーマニア料理初体験でしたけど美味しかったですよ。

新たな発見が出来た第3回世界の料理研究会。

素晴らしい大会でしたね。

次回はもっと早く開催しないとですね。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »