« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月20日 (月)

ファミリー・タイズ

Photo_4

ファミリー・タイズ

80年代にブレイクしたアメリカのシットコム。

オイラが初めてハマった海外ドラマ。

マイケル・J・フォックスの出世作として有名だよね。

ここからバック・トゥ・ザ・フューチャーに繋がったんじゃなかったかな。

キートン家で起きる様々な問題をコミカルに描き、最後は家族の絆って素晴らしいねって結論に達する、笑って泣ける超正統派な内容。

とにかくアレックス役のマイケルが輝いてるってゆーか素晴らしいよ。

この人のコメディセンスは抜群!

あと写真の一番前にいるジェニファーが面白い。

子供のくせに生意気というかシニカルなひと言で兄貴のアレックスをやり込める。

写真真ん中のお父さんのマヌケぶりも笑えるね。

脇を固める隣人のスキッピーとかマロリー(写真後ろ)の彼氏ニックとかも笑えるんだよ。

それからこのドラマの魅力はゲスト陣。

若かりし頃のトム・ハンクスとかリバー・フェニックスとかさ。

あとフレンズのモニカ役のコートニー・コックスも出てたよね。

後にマイケルの奥さんになるトレーシー・ポランとのロマンスの話はちょっと泣けたっけ。

でもこれって日本では見られないシーズンがあったような気がするけど、いつか見られる日が来るんだろうか?

ホントこれは後世に伝えたい名ドラマだーね。

続きを読む "ファミリー・タイズ"

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

華麗南蛮 リスボン編 2

P1000707

発見のモニュメント

ベレンの塔から歩いて行けるけど、おじさんのタクシーでレッツゴー!

おじさん、後部座席が壊れてるの気付いたみたい。

助手席に乗せてくれた。

でもついにお別れ。

商売とはいえ、おじさん親切で良かったね。

こういうちょっとした出会いが旅の醍醐味ってもんだよ。

発見のモニュメントも本日お休み。

普段は上に昇れるみたいだね。

エンリケ航海王子とかヴァスコダガマなんかがいるってことらしい。

お!

なにやらタキシードの男性とウェディングドレスの女性が・・・

どうやら日本人っぽい。

渋いとこで結婚するなあ。

そういや中年の日本人夫婦もいるね。

ポルトガルって日本人に人気あるんかね。

なんかちょっと哀愁漂う感じがいいんだよね。

どっか懐かしいみたいな。

P1000719

ジェロニモス修道院

タクシーおじさんのおすすめ観光地がここジェロニモス修道院

発見のモニュメントから地下道を抜けて歩いて行く。

でもここも定休日で中に入れず。

んでやっぱ渋い。

目の前のインペリオ広場で休憩。

ジェロニモス修道院からタクシーで旧市街を抜けてアルファマ地区へ向かう。

それにしてもリスボンって街はホントに渋いなー

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »