« 我がソウルフードは昭和から続く名物メニューなり!大宮『漫々亭』 | トップページ | バーレスク »

2010年12月25日 (土)

ベートーヴェン第九交響曲 in 東京芸術劇場

101220

 

2010年12月20日、東京芸術劇場

ついにクラシックのコンサート初体験

先月ウィーンオペラ観たり何故かベートーヴェンの墓参り行ったりしたら、クラシックの興味を持ち始めたっていう、なんとも単純というか感化され易いねって話。

という訳で年末だし、初心者にも分かり易い第九のコンサートを観ようってことに。

3階の安い席だったけど、充分見えるじゃん。

19時、まずは前座(?)的な感じでパイプオルガンの演奏。

チャイコフスキーとバッハ。

美しいじゃないの。

んで休憩挟んで第九スタート。

クラシックってIPODで聴いてるとなんか落ち着く~って感じなんだけど、ライヴだと凄い緊迫感があるんだね。

聴いてる自分が緊張しちゃうよ。

クライマックスのおなじみ第4楽章の合唱はやっぱ感動するね。

大迫力の演奏が終わると超大歓声。

いやー素晴らしい!

素人のオイラでも心揺り動かされるよ。

でももっと知識があったらさらに楽しいんだろうなあ。

隣にいた若いカップルが演奏についてあれこれ語ってて盛り上がってたのが羨ましい。

これからオイラも勉強していこう。

とにもかくにも素晴らしい夜になって良かったなー。

|

« 我がソウルフードは昭和から続く名物メニューなり!大宮『漫々亭』 | トップページ | バーレスク »

Love Live Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我がソウルフードは昭和から続く名物メニューなり!大宮『漫々亭』 | トップページ | バーレスク »