« ハーパー★ボーイズ | トップページ | ホール&オーツ in 日本武道館 »

2011年1月18日 (火)

スティング in 日本武道館

Photo

2011年1月17日、日本武道館

今年初のライヴ。

いやいや最っ高ーーのライヴだったねえ。

ポリス含め来日公演最高じゃないの?

ま、東京ドームのポリスはどうせいい席取れないと思って安い席にしちゃったから、全然見えやしないし音は酷いしでしょうがなかったんだけどさ。

あといつだったか風邪で声がボロボロだった時もあったしね。

今回はアルバムシンフォニシティのツアーでオーケストラとのコラボ

席も端っこだけどアリーナBとまあまなとこ。

オーケストラの荘厳な演奏から名曲に繋がる感じがゾクゾクしたね。

特に『イングリッシュマン・イン・ニューヨーク』と『ラシアンズ』、『デザート・ローズ』がイカしてた。

あとヴァンパイア風の『バーボンストリートの月』も雰囲気あって良かったなあ。

他にも『見つめていたい』とか『フラジャイル』、『ロクサーヌ』、『シェイプ・オブ・マイ・ハート』、『マッド・アバウト・ユー』、『キング・オブ・ペイン』等などオイラの好きな渋めの曲満載で超ゴっキゲン♪

東京ニューシティ管弦楽団の演奏も良かったよ。

ギターのドミニク・ミラーが健在だったのも嬉しいね。

でも何が凄かったかってスティングのヴォーカル。

スティングってあんな歌上手かったんだっけ???・・・っていうくらい心に響いた。

MTVアンプラグドの時のJAZZYなしっとり&ゆったり感も好きだったけど、今回の腹の底から張り上げるようなヴォーカルもたまんないね。

ホンっトに素晴らしいライヴだった。

2~3万円だしてもいいからサントリーホールとかでやってくれないもんかねえ。

|

« ハーパー★ボーイズ | トップページ | ホール&オーツ in 日本武道館 »

黄金の80’s Music 」カテゴリの記事

Love Live Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハーパー★ボーイズ | トップページ | ホール&オーツ in 日本武道館 »