« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

つけ麺大好き!栗橋『麺屋みつば』

Img_0543

麺屋みつば

知り合いに薦められて行ってきました。

埼玉県は南栗橋にあるつけ麺屋さん麺屋みつば

他にはファミマしかない微妙な場所。

思わず通り過ぎちゃった程目立たないお店(つーかプレハブ)。

でも午後2時近くだってのに数人並んでました(元々狭いからかも知れませんが・・・)。

店内に入るとテーブル席ひとつとカウンターが数席あり、奥のカウンターに通されました。

店内には微妙なフィギュア(仮面ライダーとかRⅡDⅡとか)やらポスターがありましてね。

その中で全く意味不明なのがカウンターにさりげなく置かれた、若かりし頃の柳沢慎吾ちゃんのブロマイド。

店の人はいたって普通なのに何なの?・・・って感じで不思議な気分にさせられます。

Img_0542

特製つけ麺

で肝心の味は・・・

う、旨っ!!

魚介と豚骨が効いたドロドロのコクありスープがたまりません。

玉ねぎのみじん切りがたっぷり入っているのが旨さの秘訣ですかね。

極太麺に高粘度スープが絡みついて、麺が無くなる頃にはスープも無くなってしまいます。

んでトロっとしたチャーシューとドンっと乗った卵がボリューム感たっぷり。

いやいや素晴らしいです。

家からは遠いけどホントに美味しいつけ麺屋さんですね。

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

歯ーミネーター!?

Img_05412

工事中・・・

けっこう怖い・・・

Termi

ターミネーター

ダダン・ダン・ダダン! ダダン・ダン・ダダン!

・・・っつー訳で今前歯を治しててさ。

今日も美人女医が揃う加須市関歯科医院に行ってきた。

とりあえず今日は土台を入れてもらったよ。

まるでサイボーグかターミネーターだね。

ん!?

良く見ると逆ターミネーターか。

ターミネーターって顔がロボットで歯が人間っぽいんだね。

人間のオイラよりよっぽど健康そうな歯をしてるよ。

それにしても歯の治療ってのは、どうなってるか見えないから怖いよね。

前回入れた仮歯を外してる時、カンカンカンカン!っていう音とその衝撃しか分かんないから、なんかノミと金づちで叩いてるようにしか思えなくてさ。

ま、似たようなことをされてるんだろうけど、目を閉じてるから白装束を着て頭にロウソク立てた女が藁人形に釘を打ち込んでる絵が頭に浮かんできたりして・・・。

白装束と白衣も似てるっちゃ似てるし。

硬い歯だけ全部抜いて、釜茹でにして食べられちゃうんじゃないかとか。

目を開けたら美人女医達が鬼やら悪魔になってたりとか。

色んな恐ろしいことを想像しながら今日も無事完了~。

いい歯医者さんです。

Img_05562

仮歯Ⅱ(K-Ⅱ)

次で完成かな♪

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

華麗南蛮 リスボン編 6

P1000795

シーフードレストラン SORMAR(ソルマル)

リベルダーデ大通りの1本裏に入った通りを歩いてるとシーフードレストランのソルマルを発見。

ここは約40年前にオイラの両親が仕事上のお客さんと通ったっていう店。

ママに借りた40年前のガイドブックにも載ってる名店。

まだちょっと早い時間だったけど迷わず客が一人もいない店内に入る。

P1000796

店頭に並んでる魚介たち(ご、豪快だね・・・)

不思議そうにオイラを見るおじさんウェイターに案内されて店の真ん中のテーブルにつく。

とりあえずビール。

パンと大量のエビがお通しらしい。

P1000793

白ワインと食い散らかした料理

バカリャウ・アサード(タラを焼いたの)とサラダをオーダー。

サルディーニャス(いわし)は置いてないって。

夏だけなのかな?

写真は食い散らかした後なんで分かりにくいけど、バカリャウ・アサードは、焼いたタラの上にカリカリのニンニクとタマネギを乗せて周りをポテトでかためた料理。

塩こしょうとオリーブオイルっていうシンプルな味付けが素材の旨さを引き出してるね。

日本人に合うんじゃないかね。

ビールを飲み終えると、オイラよりちょっと年上(?)の綺麗かつキュートなウェイトレスが来たんで、ホワイトワインをオーダーしたけど、言葉が通じず結局メニューを持ってきてもらう。

水みたいにスイスイ飲める白ワインのハーフボトルを楽しむ。

ふとトイレに行きたくなって、お姉様ウェイトレスにオイラのインチキ英語でメンズ・ルームの場所を訊くも、全く理解してもらえず。

さっきからオイラの発音が悪いのか彼女が英語を全く知らんのか・・・。

ガイドブックのひと言ポルトガル語会話的なページを開くと、そのまんまの言い方が載ってたんで言ってみる。

軽く吹き出すお姉様がキュートに色っぽい

2階のトイレで用を足し、店内をうろついてテーブルに戻ってチェックプリーズ。

『コーヒー?』とお姉様が訊いてくるので思わずエスプレッソをオーダー。

時間が無かったんで軽く飲み干す。

オブリガードぉ~

お姉様がニコニコしてて可愛いね。

楽しい食事が出来て、いいお店だったよ。

さてもう19時。

ファドを聴きに行くか。

| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

CHUCK

Chuck

CHUCK

このドラマは今日本でも流行ってるしメチャ面白いよね。

2007年からアメリカで放映が始まって、4シーズン目を迎えたスパイコメディ

スカパーではシーズン2が終わったとこ。

内容としては、家電量販店で働くオタク青年チャックがふとしたことから国家機密を脳にダウンロードしてしまい、CIAやらNSA(国家安全保障局)、フルクラム(敵のスパイ)と絡んでいくって話。

写真のサラっていうCIAエージェント役のイヴォンヌ・ストラホフスキーがビックリするほど可愛くてセクシーでさ。

このドラマを観る目的は彼女だって言っても過言じゃないかも。

チャックとは仲間で、周囲にスパイってバレないよう恋人同士を演じてるんだけど、お互い惹かれ合いつつ擦れ違うってのがコテコテだけどいいんだよ。

あとこの2人と一緒にに行動してるケイシーっていうNSAエージェントも最高でさ。

冗談の通じない堅物のタフガイって役柄なのに実は一番笑わせてくれる。

声優さんの吹き替えが上手いってのもあるけどね。

チャックのミスにはいつも『うぬぬぬぬぅ・・・このドアホぉ・・・』って歯ぎしりしながら呟いてね。

家電量販店バイ・モア(もっと買えって店名がいいよね)のメンバーもいいよ。

店長のビック・マイクやオタク軍団、親友のモーガン、それから義理の兄になるお見事キャプテンなどなど。

チャックの昔の恋人で敵のスパイになったジルも綺麗だよなー。

アクションは結構ちゃんとやってるし、出てくる女性は綺麗だし、時々ハートウォーミングな話もあるしで観てて全然飽きない面白いドラマだーね。

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

はははは歯っ!

Img_05362

歯が欠ける・・・

な、な、なんてこった!?

GWのある朝、キッチンでつまみ食いしてると・・・

なにやら口の中でコロっとしたんで手に出してみると・・・

歯ぁ!?

そう前歯が折れやがった。

一気に眼が覚めた。

マジかいな?

口の中を触ってみると確かにあるはずのものが無い。

鏡を見て愕然。

数年前にもう片っぽの前歯の虫歯から広がって、真ん中に大穴開けて半分偽物にしてたんだけど、ついにイカれちまったよ。

ショックで固まりつつも面白くなって写メ撮りまくり。

もう笑うしかないでしょ。

Img_05342

破壊された歯塊・・・

早速行きつけの歯医者さんへ。

埼玉県加須市の関歯科医院っていう、オイラが数年前から通ってる、カリスマ院長と美人歯科衛生士がいる最高の歯医者さん。

Img_05372

治療中・・・

Img_05382

仮歯

約1時間後、ひとまず仮歯にて前歯復活

あくまで仮なんで色も違うし若干微妙。

ちゃんとしたのが出来るまではこれで我慢我慢。

でも約9万円かかるとさ。

歯ぁ~。

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

スペイン料理!銀座『セニョール マサ』

Img_0502

セニョール・マサ

『世界の料理研究会』・・・とは別枠・・・かな?

そもそも『世界の料理研究会』自体がメンバーの結婚離脱(?)等で自然消滅状態なんで、まあ気にせず世界の美味しい料理を堪能しようじゃありませんか。

ってな訳で今回オイラの大好きなスペイン料理を食べて来ました。

場所は晴海通りの、岡本太郎の太陽の塔みたいなのがある公園前の細い道沿いにあるセニョール・マサってお店。

店内は全体的にオレンジ色であったかい雰囲気。

Img_0496

魚介系パエリア

カヴァで乾杯して、塩味の効いたハモン・セラーノをつまみつつ、サングリアを堪能。

このお店、なんといっても魚介系パエリアがメチャ美味しいです。

絶妙な水加減でご飯の食感がたまりません。

Img_0500

デザートたち

デザートはどれも洒落てました。

もちろん美味しいです。

そんな訳であっという間のディナーでしたが、このお店は店員さんの愛想がいいですねえ。

食べてる方も気分が良くて楽しくなってきますよ。

たまたまオイラたちのテーブル担当の女の子が良かっただけかも知れませんが、いい店は店員さんの質が高いです。

もちろん味も良かったですよ。

是非また行きたいお店です。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »