« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

カリっとフワっと!メロンちゃんのメロンパン

Img_08072

メロンちゃんのメロンパン

お気に入りの新宿南口もぐもぐパーク北海道に行ってきました。

実は今、めざましテレビとかはなまるマーケットで取り上げられた焼きたてメロンパンを期間限定で販売してましてね。

メロンちゃんともぐもぐパークのスペシャルコラボってとこですかね。

焼きたての甘~い香りが漂ってきてたまりません。

な訳で早速1個購入し店内のイートインコーナーでいただきました。

ん~、やっぱ旨い!

外はカリっとしてまるでクッキーみたい。

んでもって中はフワフワっと軽~い食感。

ほのかな甘みも絶妙ですね。

帰りにお土産で買ってこうと思ったら既に売り切れ。

12/4(日)まで売ってるんで走って買いに行きましょう!

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

ミルクポテト(札幌『魚作』のじゃがいものバター煮を目指せ!)

P1020448

ミルクポテト

つい1週間ほど前に札幌すすきの魚作っていう料理屋さんで食べた『じゃがいものバター煮』があまりにも美味し過ぎて、自分で作ってみようって思ったわけです。

ま、完全に想像で作っただけですけどね。

材料

じゃがいも(北海道産の北あかり)3~5個

P1020435

牛乳(北海道土産)300mlくらい
はちみつバター(北海道土産)20gちょい

P1020436

砂糖少々

砂糖以外は北海道産っていうなんとも贅沢な材料です。

作り方(あくまで自己流です)

はちみつバターを小さい鍋で溶かす。

P1020437

②牛乳を入れて軽く煮立てる。

P1020438

③じゃがいも(北あかり)を入れて弱火で煮込む。

P1020440

④砂糖を加えたり牛乳を加えたりはちみつバターを加えたり。

⑤じゃがいもがなんとなく柔らかくなってきたらザックリ完成。

P1020449

特製ミルクポテト

肝心のお味は・・・

う、旨い・・・けど・・・

う~ん、なんか違うんですよねえ。

甘さが違うっていうか、味に深さが足りない感じですね。

北あかりにしたのも違うかも知れないですね。

インカのめざめが良かったんでしょうか?

ちなみに本家はこちら 

Img_07532

じゃがいものバター煮(札幌すすきの魚作)

本当はカボチャとニンジンも入ってます。

もうマジ旨なんですよこれ。

魚作では毛ガニやキンキ、鮭児なんかも食べたんですが、インパクトとしてはこれが一番でしたね。

見た目じゃ分かんないと思いますけど完全にデザートなんですよ。

甘くて優しくて

もちろんスープは完飲しちゃいました。

もっと修業を積んで美味しく作りたい最高のスイーツですねえ。

ホント素晴らしい。

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

ベルギー is ベリグー! 2

P1010039

ノートルダム大聖堂(外観)①

フラフラ歩いてると、いつの間にかノートルダム大聖堂へ。

P1010048

ノートルダム大聖堂(外観)②

内部に入ってみると・・・

P1010055

ノートルダム大聖堂(内部)①

奥の祭壇上に聖母被昇天が飾られてる。

P1010054

ノートルダム大聖堂(内部)② 

P1010063_2

キリスト昇架(ルーベンス作)

P1010072

キリスト降架(ルーベンス作)

ついにこの絵を目にすることが出来たね。

ネロが飢えと疲労、寒さのなかでたどり着いたノートルダム大聖堂で見たのがこのキリスト昇架キリスト降架

尊敬するルーベンスが描いたこれらを見るのがネロの最後の願いだったんだ。

追いかけてきたパトラッシュに最後の願いが叶った喜びを語り、『もう疲れたよ。なんだか眠いんだ。』っていう言葉を残してパトラッシュと一緒に天使たちに召されていく。

 

ああもう、涙が・・・涙が・・・

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

シュワシュワっ!スパークリング日本酒を飲もう!

Img_07012

一ノ蔵 すず音

最近発泡性の、いわゆるスパークリング日本酒にハマってます。

それほど酒が強くないもんで、ベタっとした重たい日本酒よりも、サラっとスッキリ淡麗で軽快な日本酒が好きでして。

そんな中でも流行りのパークリングはオイラにピッタリ。

まずは超王道の一ノ蔵すず音

これはやっぱり絶品です。

一ノ蔵さんは3・11の東北大震災で被災しながらも少しずつ復興された宮城県の蔵元です。

その一ノ蔵さんの大ヒット商品がすず音。

瓶内発酵で自然発生する炭酸ガスがシュワシュワと音を立てて上がります。

日本酒度がー70以上ある爽やかな甘さがたまりません。

まるでドイツのシュヴァルツカッツ・ゼクトを飲んでるみたいです。

生ハムとチーズも良く合いますね。

Img_07032

人気一 スパークリング純米吟醸

福島県の人気酒造さんの人気一スパークリング純米吟醸

米の風味もしっかり残る爽やかな味わいですね。

Img_07192

出羽桜 咲

山形県の出羽桜酒造さんのスパークリング清酒は出羽桜咲(SAKU)

こちらは炭酸ガスを後から入れるタイプ。

透明感とキレがあり、なおかつコクもあるって感じですかね。

泡切れはちょっと早いです。

と、まあ最近多くのスパークリング日本酒が出回ってきましたが、ほとんどが要冷蔵商品なんで、スーパーあたりじゃあんまり売ってないんですよね。

でも日本酒をシャンパングラスで飲みチーズをかじるって楽しいですよ~。

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

こんなとこにスペイン・バル!上尾『アデランテ』

Img_06792

スペインバル アデランテ

意外なとこにあるもんです。

ふと休日出勤のランチにネットで見て行って来ました。

上尾にある事務所から歩いて15分くらいの洒落た外観のスペインバルアデランテ

上尾くんだりで店をかまえるだなんて、頑張ってるんじゃないかって期待しちゃいますね。

店内はなかなか可愛くて、男3人じゃ申し訳ない感じ。

Img_06772

生ハムのサラダ

早速ランチコースのパエリアコースをオーダー。

Img_06782

魚介系パエリア(3人分)

ちょっと具が多過ぎですが、パエリアはなかなか旨いです。

これにドリンク、デザートが付いて1000円を切る価格が素晴らしいですね。

これが上尾価格なんでしょうかね。

コストパフォーマンスはかなり高いです。

今度は是非夜行ってみたいですねえ。

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

ベルギー is ベリグー! 1

P1010020

本場ベルギーのワッフル

2009年9月16日、朝4時からベルギー&オランダへの旅行準備をして、6時半過ぎに家を出る。

会社にて内勤業務 ⇒ メーカーさんで会議 ⇒ 得意先と商談 ⇒ 東京駅からNEX乗車 ⇒ 成田空港にてチェックイン ⇒ ざるそば食べる ⇒ 軽く仕事(まだやるか!) ⇒ 18時過ぎキャセイパシフィックの便に搭乗。

やっと落ち着いた~。

機内でトム・ハンクスの『天使と悪魔』を観て、マズいパスタをちょっとだけ食べているうちに乗り継ぎの香港到着。

かろうじて香港っぽい飲茶系のファーストフードで旨くない水餃子麺を食べ、0:40アムステルダムへ向かいテイクオフ。

CAさん、綺麗だなー。

さてベルギーといえば・・・ってことで準備してきたフランダースの犬のDVDを観たら・・・な、涙が止まらない~。

よし、まずはアントワープに行って、フランダースの犬の世界に浸かろうじゃないの。

そんなこんなで朝6時過ぎにオランダのアムステルダム・スキポール空港に到着。

どこに行きゃいいのか迷いつつ、両替に悩みつつ、7時過ぎの列車でアムステルダム中央駅へ向かう。

急行に乗り換え、知らぬ間にオランダとベルギーの国境を越えてブリュッセル到着。

駅のホームで地図とにらめっこしてるうちに降りた駅をひとつ間違えたことに気付き、今度は路線図とにらめっこしてメトロに乗る。

ブリュッセル北駅に着く直前、白人の兄ちゃんが声をかけてきた。

背中に何か付いてるって言うんでメトロを降りて見てみる。

その兄ちゃんも降りてきてジャケット脱いだ方がいいと言ってくる。

なんて親切な・・・・・・・・ってアレ?

お前、もしかしてスリか!?

ジャケットのポケットの中身を全てバッグに入れてガッチリ閉める。

フッ、オイラにスキなんてねーぜ!

それでもティッシュ持ってるか?とか訊いてきたりとしつこいんで、満面の笑みで『サンキュー』って言ってスリ兄ちゃんの眼をじーっと見つめてみる。

ついに諦めて立ち去る男。

か、勝った・・・

ブリュッセル北駅に着いて、CHAO CHOW PALACEとかいう、なんて読むか分かんないチャイナ系ホテルにチェックインしたのがちょうど昼。

乗り継ぎがあったとはいえ、東京からまるまる24時間かかったってことかぁ。

軽くくつろいで、再びブリュッセル北駅へ行き、アントワープ行きの切符を購入。

それはそうとワッフル食べたいな。

駅ナカのパン屋さんで写真のワッフル購入。

さすがベルギー、いつでもワッフルを買うことが出来るんだね。

13時過ぎの列車に乗り込み、早速ワッフルをかじる。

中にジャムが入っててナカナカ旨い。

しばし車窓を楽しむ。

P1010022

アントワープ中央駅(内部)

13時半過ぎ、アントワープ中央駅到着。

なんか荘厳だね。

P1010023

アントワープ中央駅(外観)

駅を出ると、名物ダイアモンドの店が立ち並ぶ。

健全な繁華街だね。

P1010025

ルーベンス邸(外観)

まずはルーベンスの家でも行ってみるか。

ちなみにルーベンスは『フランダースの犬』でネロが尊敬してる画家で、死ぬ直前に教会で見た絵の作者。

17世紀のバロック時代を代表する、ムッチムチな女性を描くのが特徴的。

とにかくルーベンスを知らなきゃフランダースの犬の世界観には触れられないって訳さ。

P1010028

ルーベンス邸(中庭)①

綺麗な中庭だなあ。

P1010030

ルーベンス邸(中庭)②

ルーベンスってのは裕福だったんだろうね。

ネロが画家になれなかったのは貧乏がひとつの原因ともいえるね。

ま、お話の世界だけどさ。

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

ひとり飲みが楽しい!大宮『元祖みそたれやきとり かしら屋』

Img_07142

かしら屋

もうかれこれ20年近く通っている大宮の焼鳥屋かしら屋

以前は若松屋って名前だった気がします。

Img_07112

カシラ with みそたれ

このお店に通う理由は写真のカシラ

ふと無性に食べたくなるんですよね。

生ビールかホッピーを飲みながら、壺に入ったみそたれをハケでタップリ塗っていただきます。

煮込みなんかも美味しいんですが、とにかくこのカシラが最高。

みそたれがまた癖になるんですよ。

それからこのお店の特徴は、客の食べるペースに合わせてカシラを出してくれるとこ。

1本食べ終わるかなってタイミングで、何も言わなくても黙ってカシラを置いてくれます

それはこちらがストップをかけない限り永遠に続きます。

おかげでカシラ10本超えなんて日も多々あったりしますね。

座る席はカウンターがおすすめ。

焼きあがりすぐの状態のカシラをベストタイミングで置いてくれますから。

1人カウンターで生ビールとカシラを楽しみながら読書する時間はまさに至福の時ですな。

小1時間楽しんで1500円前後っていうのも財布に優しくてGOOD。

大宮界隈の焼鳥好きに知らない人はいないってくらいの名焼鳥屋です。

そういや『ミッドナイト・ラン』の時のロバート・デ・ニーロ似のマスターってまだいるんかな?

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »