« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

地味ぃ~に美味しい!新潟東三条『わいわい肴屋 海老勢』

Img_09202

わいわい肴屋 海老勢

師走の慌ただしいなか、新潟日帰り出張で酒の肴を堪能してきました。

Img_09192

刺身盛り合わせ

今は寒ブリが美味しいです。

この一皿だけでもクォリティ高し。

Img_09152

ノド黒焼き

新潟といえばやっぱノド黒でしょ。

脂がタップリ乗っててたまりませんな。

こないだは新潟駅ナカで握りを食べましたが、個人的には焼いた方が脂の美味しさが際立ってて好きですねえ。

Img_09162

白子の天ぷら①

Img_09172

白子の天ぷら②

あと美味しかったのは白子の天ぷら

外はカリっと、中はニュルっと

年末は尿酸値と体重とエンゲル係数が上がってヤバいっす。

Img_09182

油揚げ

新潟のB級グルメ・・・だそうです。

ぶ厚い油揚げに鰹節と生姜をタップリ乗せていただきます。

新潟ってホント不思議です。

米と地酒、地魚っていう王道グルメがあるのに、こないだのイタリアンとか今回の油揚げみたいなB級グルメも充実してるっていう。

他にもブラック焼きそばとかカレーラーメンとかあるらしいですね。

Img_09222

雪の東三条駅

18時に長岡に着いて、22時には離れるっていう強行スケジュール。

大事な打ち合わせも無事終わり、寒さに震えながら新潟を去るのでした。

来年は日本が良い年になりますように・・・

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

ベルギー is ベリグー! 3

P1010088

フルン広場

よし、次はネロが暮らしていたホーボーケン村へ行こう。

でもなんでフィクションのフランダースの犬にそこまでリアルなものを求めてしまうんだろ?

なんか不思議だけど、まあいいか。

P1010107

街中を走るトラム

フルン広場前からトラムで20分走るとホーボーケン村に着く。

何もない村。

ここからノートルダム大聖堂あたりまでネロとおじいさんとパトラッシュは毎日リヤカーで牛乳を運んでたんだね。

作り話だけど。

P1010089

聖母教会

まず見たのは、ネロが眠っている(と設定されている)聖母教会。

静かな教会だね。

観光客なんて誰もいないよ。

P1010092

ネロとパトラッシュの像

小さな通りにポツンとあるネロとパトラッシュの像

ショボぉ~。

写真を撮るのが恥ずかしくなるくらい注目されてないね。

そもそもフランダースの犬は現地ではあまりメジャーじゃなかったらしい。

イギリスの女流作家がアントワープに訪れた時のイメージを物語にしたものが日本でアニメとして大ブレイクした後に、それが現地に伝わって像が作られたって話だね。

今でも日本人観光客が来るのを不思議に思ってる人が多いそうな。

何も特徴の無い村を歩いて、再びトラムに乗る。

フルン広場に行こうと思ってたら、どうやら乗るべきトラムを間違え、しかもうたた寝をしてしまい、車庫で車掌さんにおこされた。

その車掌さんの言うとおりの場所でトラムに乗ると・・・あれ?さっきの車掌のおじさん!?

これに乗れって言ってるの?

よく理解出来ぬまま乗り込むと20分でフルン広場到着。

おじさん自身も乗り換えだったってことかな。

それよりお腹空いたな。

ベルギービールも飲みたいね。

P1010104

レストラン De Kleine Post

フルン広場にはオープンカフェがたくさんある。

とにかくビールを飲もうじゃないの。

P1010102

ムール貝とベルギービール

ベルギーといえばやっぱビール!

ってな訳でDE KONINCKとかいう地元アントワープのブランドのビールをオーダー。

ベルギービールの特徴のひとつはブランドごとに異なるグラス。

それぞれのビールに合うグラスってのがあるんだってね。

基本的にはホップの苦みが効いてるピルスナータイプが多いんだけど、このブランドはエールタイプ。

明るい茶色でフルーティーな味わいだね。

そしてベルギー名物ムール貝場。 

なんて豪快な・・・

でも旨いんだなコレが。 

スープの味がしみ込んでてサワークリームもマヨネーズもいらないよ。 

いやー、すっかりゴッキゲン♪ 

そろそろ行くか。

P1010046

アントワープ市庁舎

フランダースの犬では、ここで絵のコンクール発表が行われたんだよね。

もちろんネロはあっさり落選。

後日審査員がネロの才能を感じて教育を受けさせようってことになったんだけど時すでに遅し。

ネロはルーベンスの絵の前で・・・

ああ、また涙が・・・

しつこいけど全部作り話の世界。

すっかり日も暮れてきたんで、アントワープ中央駅から急行でブリュッセル北駅へ。

ホテルの近所を散歩してるとアダルトショップを発見・・・と思ったら通りの建物の窓からピンクの光が漏れている。

しかもそんな光景が通り全部にズラララーーーっと。

ま、まさか!?

窓を見てみると下着姿のお姉さんが妖しい視線を投げかけてくる。

『カモ~ン!』って言ってるようだ。

や、やっぱり!

これが飾り窓か!

オランダだけかと思ってたらベルギーにもあるんだ!

こりゃあ気になるなあ。

・・・と、今夜はここまで。

眠いし足が痛いんでホテルへ帰って寝よっと。

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

東西対決!日清どん兵衛

Img_09092

日清どん兵衛(左:関西、右:関東)

いや、なに、大した話じゃないんです。

うどんって関東と関西とじゃスープの味が違うって話があるでしょ?

よく関西の人が『東京のうどんのスープは真っ黒でしょっぱい』って言ってるやつ。

実際どーなのよ?って思ったんで、大阪行った時に日清どん衛を買って食べ比べることにした訳です。

Img_08942

NISSINのロゴ(左:関西、右:関東)

よく見ると、関西版はNISSINNのロゴの左に小さく(W)って入ってます。

WESTのWですかね。

Img_09072_2 Img_09082_3

容器裏(左:関西、右:関東)

製造工場は、関西が滋賀県、関東が静岡県

味の違いというよりは物流コストの問題で違うんでしょうけどね。

Img_08922 Img_08932

栄養成分表示(左:関西、右:関東)

カロリー関西の方が24kcal程低いですね。

つーかそもそも量そのものが関西の方が19g軽いみたいです。

Img_08892 Img_08902

原材料表示(左:関西、右:関東)

原材料もけっこう違います。

関東のスープは醤油と糖類の配分が多いですね。

しょっぱいってのはこの醤油がポイントなのでしょうか?

Img_08912_3

中身(左:関西、右:関東)

蓋を開けると・・・なんと!ここで大きな違いが!?

関西の粉末スープに対して関東は液体スープに七味唐辛子が入ってます。

麺と油揚げは同じに見えます。

Img_08992

出来上がり(左:関西、右:関東)

早速お湯を注いで5分待ち。

これだけだとあんまり違いが分かりませんね。

Img_09012 Img_09002

スープの色①(左:関西、右:関東)

注目のスープ

明らかに違いますね。

イメージどおり関東の方が濃いです。

Img_08972

スープの色②(左:関西、右:関東)

スープをグラスに入れて比べても色の違いがハッキリ分かります。

Img_09032 Img_09042

スープの色③(左:関西、右:関東)

麺と油揚げを食べていき、スープが見えるようになってくると、色の違いが分かり易くなりますね。

で、肝心の味は・・・

通説どおり関東の方がしょっぱいです。

油揚げは元は同じなんでしょうけど、スープが染み込んでいる分違いますね。

麺は同じですね。

Img_09052 Img_09062

ほぼ完食(左:関西、右:関東)

バリバリ関東人なオイラの個人的な好みとしては・・・う~ん、関西の方が旨いです。

年齢的な理由かも知れませんが薄味がいいですね。

ランチに丸亀製麺に行くことが多くて薄いダシの味に慣れたせいかも知れませんが。

まあ、どっちがいいかはともかく、東と西の味覚文化の違いを実体験できて良かったです。

次は何を調べてみましょうかね?


グルメ ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

ズズズっと辛い!札幌『らっきょ大サーカス』

Img_07972_2

らっきょ大サーカス

北海道名物のひとつ、スープカレー

東京にも系列店があるらっきょ大サーカスで食べてきました。

Img_07952

チキンスープカレー

ナカナカ旨かったです。

ガッツリとチキンが入っててボリュームもグー。

辛さレベル2は子供舌なオイラ的にはちょっと辛かったですが。

でも札幌の寒さを和らげてくれたんで結果オーライ。

いやあ、ご飯をスープカレーに浸けて食べるってのは、なんか悪いことしてるみたいで面白いです。

今度東京の店にも行ってみたいですね~。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

マネーボール

Photo_2

久々に観た映画がこのマネーボール

なかなか良かった。

ブラピ主演の映画では一番いいかも。

貧乏球団のGMが独自の理論で強豪チームを作り上げるって話。

限られた資金の範囲で統計とかデータに基づいて選手を入れ替えしていくっていう、野球そのものじゃなくて経営的な見方をするのがいいのかな。

新たなものを作るためには、強い意志決断の早さが必要だってのが良く分かるね。

でも最終的にはとかみたいな熱い心が必要なんだよなー。

原作はもっと細かい背景とか設定とかが表現されてて面白いんだろうなあ。

ブラピが車の中で聴いた娘の歌が切ないっていうか叙情的でジーンときた。

全体的に抑えめな演出も良かったね。

そういやチームの監督役がフィリップ・シーモア・ホフマン(だっけ?)だったことに最後まで気付かなかった。

地味だけどなんか心にグっとくる良質な映画だーね。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

芸術的旨さ!札幌すすきの『魚作』

Img_07592

魚作 

先月小樽行った時の続き。

先日アップしたミルクポテトのお手本にしたお店が札幌すすきのの魚作

何を食べても美味しい超名店です。

Img_07382

お通し

お通しからして上品ですね

Img_07412

秋限定のひやおろし

生ビールの後は、日本酒。

秋限定のひやおろしを楽しみました。

岐阜の醴泉(レイセン)と高知の酔鯨

Img_07402

シャコ&ウニ

ひと口でペロリ。

贅沢ですねえ。 初体験の鮭児1万尾に1尾しか取れないっていう幻のヴァージン鮭。

Img_07422_2

鮭児のルイベ

初体験の鮭児

鮮やかなピンク色で、豊富なのに滑らかな脂の旨みがたまりません。

ドラキュラが処女の生き血を飲む感じですかね?

Img_07442

シシャモ

北海道では常識らしいんですが今回初めて知りました。

そう、シシャモってオスが美味しいってことを。

居酒屋で良く食べる、卵たっぷりの子持ちシシャモ。

メチャ旨いと思ってましたが、栄養分が卵にいってしまって身は美味しくないんだとか。

今回食べ比べた訳じゃないですが美味しいオスを楽しみました

Img_07452

毛ガニ

みそたっぷり、身もたっぷり。

Img_07482

キンキ

超ホックホクのキンキ

Img_07522

カニクリームコロッケ

カニの身がたっぷり入ったトロトロクリームのコロッケです。

Img_07532

じゃがいものバター煮

とにかくこれは旨いです。

じゃがいも料理の常識を変える逸品ですよ。

甘ーくて優しーいスイーツですね。

Img_07602

魚作

この看板が目印。

いや、ホント札幌(すすきの)の名店といえる素晴らしいお店ですな。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

内臓が旨い串焼き屋さん!新宿『鳥茂』

Img_08232

鳥茂

新宿南口の人気串焼き店の鳥茂

仕事の忘年会で行って来ました。

なんといっても内臓が旨い。

Img_08172

レバーのレア焼き

いきなりこれは旨いです。

コリっとしたと思った瞬間トロトロっと舌の上でトロけてしまいます。

もう、また尿酸値上がっちゃうじゃないですかーっ!

Img_08192

シロ焼き

これまた柔らかくてたまりません。

今までオイラが食べてきたシロ焼きはゴムだったんですね・・・って思うくらいクニュクニュ。

Img_08202

つくね

軟骨のコリコリ感が最高です。

チリの赤ワインの深みにピッタリ。

Img_08212

ピーマンの肉詰め

肉の旨みでピーマンの苦みが消されてていいんじゃないですかあ~。

Img_08222

鳥スープ

こ、これは・・・

い、イケます。

鳥のダシが良く出てて。

このスープでラーメン食べたいですねえ。

普通に忘年会的な気分で行ったお店でしたがホント美味しかったです。

デートにも使えるいいお店でしたっと。

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

海の幸てんこ盛り!小樽『民宿 青塚食堂』

Img_07282

民宿 青塚食堂

とある事情で先月小樽へ行きました。

普通は小樽運河周辺で寿司を食べるんでしょうが、知り合いのオススメでちょっと離れた青塚食堂に行ってきました。

昭和な外観がたまりませんね。

ここはホントにいい店ですよ。

Img_07212

ホタテ焼き

Img_07222

シャコ

若干グロいですね。

今まで握りでしか食べたことなく、初めて全身姿を見ました。

Img_07232

イカ焼き

 Img_07242_2

刺身盛り合わせ

Img_07262

にしん焼き

Img_07272

つぶ貝

Img_07252

ウニ盛り

ごはんに乗せてウニ丼に。

Img_07302

鰊御殿

場所は鰊御殿のそば。

何も言うことはありません。

とにかく旨い

しかも値段もお手頃。

北海道って凄いですね。

北海道に住んでる人は『素材が美味しいから料理が下手』っていうのが通説ですが、思わず納得してしまうほど美味しい海の幸たっぷりのお店でした。

もちろん調理(焼いてるだけですが・・・)も見事です。

ああ、また尿酸値が上がっちゃいます~。

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

WWE RAW in 横浜アリーナ

Wwe_046

CMパンク vs アルベルト・デルリオ

2011年11月30日&12月1日、横浜アリーナにて1年3か月ぶりのWWE日本公演。

今回も2日間駆けつけたよ。

今回は写真でベルト持ってアピールしてるCMパンクが現地で大ブレイクして初の来日。

もう圧倒的な人気だね。

個人的には対戦相手のデルリ~オ~の方が好きだけどね。

Wwe_087_3

ジョン・シナ

シナも良かったね。

いつもの『You Can’t See Me!』は盛り上がったなあ。

あと『Let’s Go Sena!』『Sena Suck!』のチャント合戦。

Wwe_006

サンティーノ・マレラ

サンティーノも最高だね。

準備運動の『イチ、ニ、サンティーノ』はウケた。

関節決められて『イタイ!』って言ってたのも笑えたね。

コブラを見られたのも嬉しい限り。

Wwe_015

ドルフ・ジグラー

オイラの好きなジグラーのヘタレヒールっぷりはやっぱ最高だよ。

あのやられっぷりと客をいじるテクニックは素晴らしい。

もちろんミズの客煽りも良かったけどね。

あとスワガーもブーイングのし甲斐があっていいね。

Wwe_022

ザック・ライダー&ビッグショー

『Woo Woo Woo! You Know It!』

Wwe_069

ケリーケリー vs ベス 特別レフェリーFUNAKI

もちろんDIVAも忘れちゃいけない。

FUNAKIのドサクサにまぎれたセクハラとDIVA合戦は見応え(?)あった。

あと個人的にはローリネイテス人事部長のサプライズ登場を期待してたのにちょっと残念。

Wwe_004

愛すべき偽スーパースターズ

そして今回も会場を温めてくれた彼ら。

偽ロック様を中心に毎回ありがたい存在だよ。

まあ、とにもかくにも今回も盛り上がった公演だったね。

いつか現地のTVショーを観たいところだね。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »