« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月25日 (月)

厚岸の牡蠣を食らうのだ!札幌すすきの『あんぽん』

Img_04852

あんぽん

知人に教えていただき1人で行ってきました。

厚岸の牡蠣をたっぷり食べられるってんで、ミスター牡蠣っ子と呼ばれた牡蠣LOVEなオイラとしては行かん訳にはいかん訳で。

ちなみに厚岸は北海道の釧路から車で1時間弱ほど東へ行ったところ。

牡蠣の漁獲量では道内一なのです。

Img_04662

サッポロクラシック

まずはサッポロクラシックで喉を潤します。

生じゃなく瓶ってのがむしろたまらんです。

Img_04672

生牡蠣

Img_04702

焼き牡蠣

ミルキープリップリ

トゥルトゥルっとひと口で。

いやー、旨いです。

Img_04732

時知不(トキシラズ)

時知不(トキシラズ)は春先に獲れる鮭。

本来鮭は秋に獲れるので時知らずって呼ばれてます。

時鮭ともいいますね。

季節外れだから美味しくないって思ったら大間違い。

成長途上で獲れるので、若く栄養をタップリ蓄えて脂ノリが良く身がしまってるんですね。

Img_04752

カキフライ

わざわざ殻に乗せて出てきたカキフライ

こんないい牡蠣をフライにしちゃうなんて・・・と思ったら旨い旨い。

Img_04842

牡蠣ご飯

シメは牡蠣ご飯

ご飯にも牡蠣エキスが染みてて美味しいですね。

ちょっとした空き時間のわずか30分でガッツリ牡蠣メニュー制覇(多分)。

平成の牡蠣男としては行かない訳にいかない訳です。

ホントいいお店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

甘~いふらのメロンで夏先取り!富良野『工藤農園』

P10004252

ふらの工藤農園さん

一応仕事で富良野メロン農家工藤農園さんにお邪魔しました。

1985年から顔の見えるお付き合いをモットーにメロン栽培をされている工藤さん。

穏やかな顔して熱い方でしたね。

P10003762_2

ハウス内

こんなハウスが40棟近くあります。

大変な作業ですね。

P10003772

収穫待ちのふらのメロン

夕張メロンに続きブレイク中のふらのメロンが間もなく採れ頃です。

Img_04632_2

ふらのメロン

その場でいただきました。

食べ頃には少し早いみたいですが甘ーーーいです。

P10004142

ケーキショップ トアルージュ

工藤さんの奥さまが運営されている畑脇のショップトアルージュ

P10004292_2 P10004312_2

P10004322_2 P10004332

トアルージュ店内

やけに可愛いです。

P10004362

メロンショートケーキ

もちろん注文したのはメロンショートケーキ

ふらのメロンの香りと北海道の生クリームの贅沢なコラボレーション。

旨いに決まってます。

P10004442

ふらのメロン

数日後、いただいたふらのメロンを食べる時が・・・

P10004482

ふらのメロン真っ二つ

み、蜜が・・・蜜がーーーーっ。

P10004612

ふらのメロン切り!

ジュルジュルジュル・・・

P10005032

ふらのメロン食い!

う、旨い、旨すぎます!

さすが糖度15度

甘っ甘。

P10004892

凍らせふらのメロン

凍らせてみました。

P10004932

ふらのメロンシャーベット

ひゃ~っ。

シャクッシャクッシャクッ・・・

これが幸せっていうものなんですね?

こんな世の中にも幸せって存在するんですね?

夢じゃないんですね?

おお、神よ・・・

もうオイラ、メロンメロン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

ミッドナイト・イン・パリ

Img_0395

珍しく大規模公開されたウディ・アレン映画のミッドナイト・イン・パリ

いかにもウディ・アレンらしい、ちょいファンタジー

映画脚本家で処女小説を執筆中のギルが、パリ旅行中に婚約者と喧嘩をして酔っ払って歩いてると、深夜0時に目の前でクラシックカーが停まる。

そのクラシックカーに乗り込むと、いつの間にか1920年代にタイムスリップしてしまい、スコット・フィッツジェラルドヘミングウェイと出会う。

次の日からも深夜0時になると、クラッシクカーでタイムスリップし、ピカソダリらと交流をしていく。

そしていつしかそこで出会ったアドリアナと恋に落ちる・・・

アレン映画らしい、ちょっと不思議で笑える上品なロマンティックコメディだね。

主演のオーウェン・ウィルソンの仕草とかしゃべり方がアレンそっくりで面白い。

あとエイドリアン・ブロディ演じるダリは笑えたね。

ピカソも変態っぽくていい。

レイチェル・マクアダムスも嫌な女なんだけど可愛くてさ。

それからなんといってもパリの街並みが美しいのが眼を奪われる。

やっぱパリはいいなあ。

ここ数作のウディ・アレン映画同様、素晴らしい映画だーね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

デメルのザッハトルテ

P1020674

デメルのザッハトルテ

日本橋三越デメルが入ってることを初めて知りました。

調べたら国内に20店舗近くあるんですね。

な訳で早速ザッハトルテ(ミニ)を購入。

2010年のウィーン旅行の際に買い物したホテル・ザッハとどっちが元祖かで争ったデメル。

 ※参考:http://junistoosexy.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-dbdc.html

いろいろ読んでみたんですが、オイラ的にはホテル・ザッハが元祖っていう認識です。

でもデメルのザッハトルテも旨いですよ。

P1020676

ザッハトルテ

三角形の紋章みたいなのが目印。

表面はガッチガチに硬いです。

肝心の味は・・・

甘っっっ・・・

日本で作ってる(と思う)んですが、ホテル・ザッハと似てますね。

こちらもやはりあんずジャムがポイントですかね。

まあ、いかにも西洋系ケーキって感じの甘々感フルスロットル

一生懸命下げてる血糖値が急上昇しちゃいます。

P1020671

ザッハトルテ外箱

箱もお洒落で贈り物にもいいですね。

そうそう、ネットで見てたら魅惑のザッハトルテなるものが売られてるらしいですね。

近いうち食べてレポートさせていただきま~す♪


グルメ ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

キレイになってゆくのだ

Img_02322_2 Img_02332_2

キレイグッズたち①

なんてゆーか最近自分がどんどんキレイになっていく気がしまして・・・。

いや、ビジュアルの話じゃなく。

単に神経質だって話なんでしょうけどね。

顔にちょっと吹き出物が出たと思ったら洗顔用スクラブを買い、寝起きに目ヤニを見つけたらアイボンを買い・・・。

なんかのキッカケで気になり出すと止まらないっていう・・・。

そんな訳で口がニンニク臭い日があったんで、その日のうちにマウスウォッシュを買い、歯医者さんに行くのにカッコつける為に奥歯用歯ブラシを買い・・・。

Img_02352_2 Img_02342

キレイグッズたち②

その他、フェイシャルペーパー、メンズ8×4、デオドラントスプレー、リセッシュ、ファブリーズ、花粉ガードスプレーなど。

写真には無いものでいうと、デンタルフロス、舌ブラシ、携帯用ウォシュレット、空気清浄機、いろんな種類の綿棒などなど

一度気になると、すぐに対策グッズを買い、それを止めることができなくなるんです。

今気になり始めてるのが、鼻毛処理耳のアブラ鼻のアブラ

とにかく気になって気になって、いつの間にやらどんどんキレイになってゆく・・・

次はどこ?何?

襟足?腋の下?足の小指の爪?

ああ、ホント誰か止めてください!

このままじゃオイラますますキレイになっちゃいます

つーかお金無くなっちゃいますって。

お願いだからCMとかテレビショッピングとかホント止めてください!

買っちゃうじゃん。

自分、人間小さいっスから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかんだワンダーなオランダなんだー 3

P1010285

マリリン・モンロー?(S○Xミュージアム)

ローキン通りを歩いてるとS○Xミュージアムなるものを発見。

さすが世界で最も性に開放的な街アムステルダム。

P1010291

S○Xミュージアム入口

ま、要するに熱海なんかで見かける秘宝館だね。

P10102882

謎の女(S○Xミュージアム)

笑いのセンスは熱海の方が上だね。

P1010280_2

Frites

P1010283_5

Manneken Pis

ふと行列を見つけた。

どうやらManneken Pisとかいう店のFritesが目的らしい。

小便小僧っていう店のフライドポテトだね。

割と人気のあるファーストフード。

マヨネーズたっぷりで旨かったりする。

P1010300

飾り窓

さて有名な飾り窓でも見学しに行くか。

IPhoneで調べながら川沿いの通りに出ると・・・

キターーーっ!

もうピンクピンクピンクピンク

ネオンだらけの人だらけ。

写真の建物1階のピンクの窓の奥に下着姿のお姉さんがいて、オイデオイデしてる。

P1010299

飾り窓②

ブリュッセルで見たのと同じような感じだけど、こっちは観光名所になってるんで人が多い。

中国系のおばちゃん団体客が指さして大笑いしてるのが萎えるね。

このエリアだけで数百人のお姉さんが働いているとのこと。

凄い規模だよ。

P1010308

EXCALIBUR

歩き疲れたんでEXCALIBURとかいうバーのカウンターでハイネケンを楽しむ。

その後ストリップというか覗き部屋的なとこを視察(?)。

女性観光客も入ってて割と健全な雰囲気。

半径2メートルくらいの小さなステージを取り囲む電話ボックスみたいな小部屋に入り、2ユーロ入れると曇りガラスがクリアになり、ステージで男女が魅せてくれる。

うーむ・・・

ちょっと微妙ってゆーか、あんまり見たくない光景。

もうグッタリ。

トラムに乗ってホテルに帰る。

まだ0時過ぎたとこだけど、今夜は寝よう。

いやー、おおらかな街だなー。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »