« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

渋ーいそば屋さん発見!日本橋『吉田』

Img_1801

日本橋 吉田

何度も目の前を通ったはずなのに今まで気が付きませんでした。

渋めで地味な蕎麦屋さんの吉田

店内は老舗の割に大衆的で地味な感じです。

店員さんは皆ご年配で地味です。

2012年最後の蕎麦屋さん。

年越しの意味も込めて食しました。

Img_1803

鴨せいろ

お店のオススメと思しき鴨せいろをオーダー。

そばは綺麗な白。

更科系・・・ですかね。

香りは少なめでコシはまあまあ。

なかなか美味しいですよ。

つゆは濃いめで、鴨肉の脂がいい具合に溶けてます

美味しい鴨せいろでしたが、量が少ないのと値段がちょっと高いですかね。

でもこの地味~な雰囲気は嫌いじゃないです

いいお店でした。

来年も美味しい蕎麦屋さんに出会えますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

美術検定合格!

Img_1791

美術検定グッズ

やった!

美術検定合格!

つっても一番簡単な4級。

写真の本を1冊読めばなんとかなるレベル。

早い話、この絵誰の絵?的な問題ばっかり。

江戸文化歴史検定に落ちた怒りをぶつけるべく気合充分。

数年前から西洋画、特にイタリアのルネサンスからバロックあたりの絵が好きになってね。

ダヴィンチ・コードでルーブルの名画たちにハマり、ラファエロやらミケランジェロ、ティッツィアーノに出会い、さらに色々調べていくうちにフランダースの犬のルーベンスやベラスケス、レンブラント、カラヴァッジオ、フェルメールへと進んで行き、トレドで見たエル・グレコが好きになり・・・

と、まあ、節操無しで。

んで、せっかく好きになったんだし、検定でも・・・的な話で。

試験は4級は受験者の9割近くが合格するようなレベル。

でもやっぱり受かると嬉しかったりして。

ま、なんにも役に立たないとは思うけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

江戸文化歴史検定不合格!

Img_1754

江戸文化歴史検定不合格通知

最近、江戸文化に興味があって、いろんな本を読み漁ってる。

江戸時代の食べ物やファッション、商売、風俗などなど楽しくてしょうがない。

江戸時代って、チョンマゲで着物姿なもんだから完全に別世界って思うけど、その頃から今の時代ってせいぜい150年程度しか経ってないんだよね。

科学やら技術やらが進んで生活は大きく変わったけど、人間の本質はそんなに変わってないんじゃないかと思ってさ。

そんな彼らが何を考え、何を感じ、どんな生活をしてたのかを知りたくなったって訳。

そんでたまたまネットで調べ物してたら、江戸文化歴史検定なるものがあるってんで、今回一番簡単な3級を受験してみた。

ま、余裕で受かるだろ・・・って思ってたんだけど、結果は写真のとおり。

3級合格まで、あと1点です・・・だとさ。

見事に不合格

ショボ~ン。

いろいろ勉強していくうちに、残念ながらというかやっぱりというか、江戸時代の下半身事情に興味が移ってきてさ。

春画とか吉原とかに関する本を読み始めちゃったのが敗因。

しょうがないから来年再チャレンジしよう。

江戸文化じゃなくてエロ文化なら自信あるんだがどうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mr.ウィーン 1

P1010670

ホテル・ハーモニー

2010年11月23日、朝4時半、なんとか起床し、大雨の中自宅を出る。

おニューの黒ダウンジャケットにエドウィンで宇都宮線の始発に乗り込み、8時成田空港到着。

ビール飲んでカレー食べて買い物して仕事の電話して寛いでテイクオフ。

3人がけの真ん中席で白ワイン飲みながらDVDでアマデウス観る。

14時、経由地のヒースロー空港に到着し、バーでビールとフィッシュ&チップスを楽しむ。

乗り継ぎまで4時間、あまりに暇で、女の子ウォッチングをして過ごす。

22時、ウィーンに到着し、CATとかいう電車と地下鉄を乗り継いでショッテントール・ユニバーシティ駅へ。

P1010663_2

ヴォティーフ教会(ブレブレだけど)

ヴォティーフ教会の横を通りがライトアップされてて美しい。

ネオ・ゴシック様式だね。

なんか荘厳な感じ。

軽く飲みたいけど、もう0時過ぎてて店がやってない。

ホットドッグの屋台でファンタオレンジ購入。

なんかヨーロッパ旅行した時ってファンタオレンジばっか飲んでる気がするなー。

道に迷いながらホテル・ハーモニー到着。

チェックインして古びたエレベーターで4階へ。

ん?ドアが開かん。

しばし格闘し、諦めてフロントのお兄ちゃんを呼ぶ。

鍵をさして右に2回まわして・・・とか良く分からん。

P1010666

ホテル・ハーモニーの部屋

普っ通の部屋。

かれこれ出発してから21時間かかった。

いやー疲れた。

顔洗って鼻ほじって1時就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

江戸伝統のお遊びメニュー“おかめ蕎麦”を味わう!浅草『満留賀』

Img_1745

浅草雷門 満留賀

浅草をフラフラ歩いてて、ふとお腹が空いたんで、目の前にあった満留賀へ。

明治28年創業の老舗。

満留賀は、関東に200軒以上のれん分けされていて、そのうちのひとつがここ。

元は愛知県から出てきた加藤豊造氏が創業したんだそうです。

ちなみに読み方はマルカ

Img_1748

おかめ蕎麦とは?

最近、江戸文化に凝ってて、たまたま読んだ本におかめ蕎麦の解説が載ってました。

考案者は、幕末頃に根津にあった太田庵というお蕎麦屋さん。

当時根津は遊郭が栄えたエリアで、遊び心のあるメニューが流行ったとか。

おかめの鼻に使われた松茸が出回る時期に売られた季節限定メニューだったのが、いつしか定番メニューになったということらしいですね。

写真の説明以外の具材も利用されていたみたいです。

Img_1742

浅草雷門満留賀のおかめ蕎麦

見た目はイラストに近いですが、内容は多少異ってますね。

鼻が椎茸で、口はタケノコ、ほっぺのひとつにはお麩が使われてます。

口が曲がってます。

肝心の味は、いたってシンプル。

程良い辛さのつゆ、程良い喉越しの蕎麦。

これといった主張はありませんが、まあ、美味しいです。

通いたくなる・・・ってほどじゃありませんが、静かで雰囲気もいいし、無難なお店という印象ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

007 スカイフォール

Skyfall

公開2日目に観てきた007シリーズのスカイフォール

いやー素晴らしい!

ダニエル・クレイグは男のオイラから見てもカッチョいいわ。

タイトめのスーツ姿は惚れてまうやろ。

あとアストン・マーチン

オープニングからアクション満載で眼が釘付け。

アデルの主題歌もいいね。

とにかくスカっとするしボンドがカッコ良過ぎる。

Mが死んじゃうのは意外だったけどね。

今回の007は見逃しちゃいけない傑作だーね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月 4日 (火)

笹倉鉄平 Xmasを描いた原画展 in 銀座

Img_1719

ふと銀座線内のポスターで見かけたんで行ってみた。

笹倉鉄平さんの展示を観るのは今回で2回目。

クリスマスがテーマだったんで、オイラに似合う綺麗でロマンチックな作品が多いかなーと期待しながら。

場所は銀座2丁目、ブランドショップが立ち並ぶ東京セントラル美術館

いやー、いいね。

そもそもロマンチックな絵の多い笹倉鉄平さん。

ヨーロッパのクリスマスの街並みクリスマスの飾り付けをした部屋とか、見てるだけでワクワクするよ。

1353659147943562_2

注目は新作のブルー・スノー

美しいね。

癒される。

でも展示会の主目的はやはり商売

係の人が巧みに声をかけてきては買わそうとする

当たり前なんだけど、やっぱり鬱陶しい訳で。

この人、声かけてきそうだな・・・って思ったら他の絵の前へ。

そんなことを繰り返しながら隙をついて堪能させてもらったよ。

いつか買いたいもんだなあ。

そしてカワイコちゃんとワインでも飲みながらその絵を眺めたいもんだね。

Img_1721

カルティエ

銀座はすっかりクリスマスモード。

カルティエにもリボンがかけられて。

新婚さんが写真撮影してるのも微笑ましくていいね。

やっぱクリスマスはいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

恋のロンドン狂騒曲

Img_1723_2

ウディ・アレン最新作・・・ではないらしい恋のロンドン狂騒曲

ミッドナイト・イン・パリが売れたから急遽上映したのかな?

2010年の作品なんだと。

なんで今頃公開なの?って思うくらい面白かった。

アレン映画に多いファンタジックな設定は一切無し。

そしていつもにも増してマシンガンなセリフの応酬。

笑わせてもらったよ。

老いた元夫婦とその娘夫婦、そして彼らと恋に落ちていく男女の物語。

設定は全然違うけど名作ハンナとその姉妹を思い出した。

人生に意味なんて何も無い・・・っていうアレンのシニカルだけど、なんか楽~にしてくれる考え方がいいね。

薬より幻想が効くことがあるってセリフもなんかいい。

難しいこと考えたり悩んだりしなくていいじゃん・・・って思えてきてさ。

ところでアレン映画を観ると、出演してる俳優の新しい一面を見られるね。

今回はアンソニー・ホプキンス

レクター博士のイメージが強いせいか重た~い雰囲気があるんだけど、今回は若い女に入れあげてるバカ親父でさ。

女が誘ってるのに、バイアグラの効き目が出るのを待って『あと3分』とか言ったり。

それから名前は知らないけどインド人の女の子が可愛かったな。

とにかく笑いどころ満載の面白い映画だーね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »