« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

お忍びにも使えるお洒落蕎麦屋!両国『ほそ川』

Img_2291

両国 ほそ川(写真暗っ)

江戸東京博物館を観た後に、当たり前の様に蕎麦屋さんを探しました。

IPhoneで見つけたほそ川へ。

ちょっと分かりにくいところにある、隠れ家的なお店。

Img_2306

外庭

Img_2292

テーブル上の花

やけに品がありますね。

女性を連れてきたくなる雰囲気です。

Img_2296

磯自慢本醸造

まずは静岡県の名酒、『磯自慢 本醸造』を。

本醸造にしてはフルーティーな香りで美味しいですね。

も美しくてグッドです。

Img_2298

煮穴子

煮穴子がふんわりと柔らかくて美味しいです。

Img_2301

かけそば

かけそば、美しいです。

つゆはバランスが良くスッキリとしてます。

蕎麦はコシもあって。

上品な味ですね。

味、雰囲気とも、とにかく品のあるお店です。

ただ値段はちょっと高いですかねえ。

1人でフラっと・・・っていうより、美人なお姉さんとしっぽり・・・っていう時に来たいお店ですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネーナ 『ロックバルーンは99』

ネーナ 『ロックバルーンは99』

一発屋。

本国ドイツではそうじゃないんだろうけど、世界的には一発屋って言っていいんじゃないかな。

でも英語版が作られるくらい大ヒットした曲。

綺麗な顔してるんだけど腋毛ボーボーらしい。

当時中学生だったオイラに、ある意味、文化の違いを感じさせてくれたことに感謝したいね。

いや、いい曲だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

プラハでプラプラーっと 5

P1020041

マラー・ストラナへ行く道からの眺め①

プラハ城界隈から山道を歩いてマラー・ストラナの丘へ向かう。

遠くにプラハ城が見える。

いいとこだなあ。

P1020044

マラー・ストラナへ行く道からの眺め②

朝の冷たい空気が気持ちいいね。

P1020046

マラー・ストラナへの坂道

でもまたも坂道でゼイゼイ。

P1020048_2

落ち葉

落ち葉に雪がうっすらとかかってる。

P1020049

飢えの壁

やっと登りきったものの、展望台がやってない。

人もいない。

朝早いから?

飢えの壁をくぐる。

14世紀にカレル4世が飢えた人々を救う為、彼らに壁造りの仕事を与え、自ら賃金を与えたんだとか。

P1020050

ケーブルカー①

P1020051

ケーブルカー②

ケーブルカーで丘を下る。

見事に客がいない。

P1020055

謎のオブジェ

丘を下りるとそこはペトシーン公園

不気味なオブジェが・・・。

このセンス、全く理解できん。

P1020054

マラー・ストラナ市街

石畳の道路に路面電車。

風情あるなあ。

P1020063

カレル橋(昼間)①

昨夜以来のカレル橋

P1020065

後ろ姿美人 on カレル橋

プラハは綺麗な娘が多い。

ついつい見とれちゃう。

盗撮(?)で捕まる前に止めとこう。

P1020084_2

ストリートミュージシャン on カレル橋

なんか外人だとカッコ良く見える。

ただのオッサンだろうに。

P1020089

カレル橋(昼間)②

P1020094

カレル橋(昼間)③

橋なんだけど、まるで公園みたいな。

いやー、ホント気持ちいいわ。

P1020096

カレル橋橋塔

いいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

江戸の桜を愛でる 六義園&上野恩賜公園

P1020356

桜探訪の後半。

おおおおっ。

こりゃ美しい。

P1020324

写真の技術が無いのが残念だけど、とにかく素晴らしい。

P1020330

ここは、駒込駅から歩いて数分の六義園

小石川後楽園と並んで江戸二大庭園のひとつ。

P1020332_2

もの凄い行列で中に入るまで30以上。

昔、ドラクエの新作買うのに行列してるのをニュースで見たけど、ホントそんな感じ。

P1020335

P1020336_3

P1020338

P1020342_2

P1020344

う~ん、ちゃんとしたカメラ買いたいなあ。

P1020345_2

P1020352

P1020349

P1020353

P1020356_2

P1020358_2

P1020359

P1020362_2

P1020374

P1020403_4

六義園、素晴らしい。

次は上野へ。

Img_2353 Img_2450_2

上野藪そばのせいろう

まずは腹ごしらえ。

上野藪そばせいろうを堪能。

並木藪のつゆに比べると辛さはマイルド。

コシがあっていいね。

P1020408

さあ、上野恩賜公園へ。

20時になると、ライトアップが終わり、綺麗に観られるのは一部だけ。

P1020409_2

P1020410

P1020431_2

これは綺麗だね。

P1020420

ライトアップされてれば美しいんだろうに。

もっと早く来れば良かった。

それにしても花見客が凄いことになってるね。

江戸時代は、上野は酒盛り禁止だったから花見客は少なかったんだってね。

隅田川方面に行く人が多かったとか。

P1020430_2

華やかな花見の陰でこんな光景が。

あちこちでゴミが山になってる。

でもそれなりにまとまってて、意外に行儀いいんだなーとか思ったり。

つっても悪酔いしてる若者も多い訳で。

今日廻ってきた他のとこと比べると、明らかに品が無いけど、なんか人間味はあるよね。

それはそれでいいかなって。

P1020432

でも西郷さんはちょっと冷ややか(?)

P1020434

こういうのも品が無いけど・・・

ま、上野だからいいか。

P1020436_2

そんな訳で、小石川後楽園→新宿御苑→六義園→上野恩賜公園、という江戸桜見物散歩が終了。

改めて日本の美を体感。

なんか心が綺麗になった気が・・・しないか。

なにはともあれ、ジャパン万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

江戸の桜を愛でる 小石川後楽園&新宿御苑

P1020159

ついに東京の桜が満開に。

早速観に行こうじゃないの。

まずは江戸二大庭園のひとつ、小石川後楽園へ。

早速美しい。

今まで桜を観ようなんて思ったことも無かったんだけど、江戸文化を勉強してるうちに、日本人の心にとって、いかに桜が重要かってことに気付いたもんでさ。

P1020188_3

おおっ。

P1020198

P1020165

右に見える橋は、京都嵐山の渡月橋を表現してるらしい。

てことは、この川は大堰川かな。

P1020160_2

P1020196

P1020174_2

P1020181

強いピンク。

P1020179_2

これはまだ満開には遠いかな。

P1020206

小石川後楽園、癒されたわあ。

さ、次。

P1020229

つづいて新宿御苑

さすが規模が違う。

桜だらけの人だらけ。

白とピンクのコントラストが美しい。

P1020207

P1020208_2

P1020211

P1020216_2

新宿の偽エンパイアステートビルと桜のコラボ。

P1020222

P1020223_2

P1020224

P1020227

超ピンク。

P1020233

P1020244_2

P1020251

P1020258_2

そろそろ夕方。

夕陽が当たってこれまた美しい。

P1020269

しだれとるなー。

P1020277_2

P1020281

もはや赤。

P1020283

めでたい紅白。

P1020287_2

P1020289

P1020295_2

P1020298

綺麗だったなー。

桜、いいかも。

Img_2423_2 Img_2424

カフェ・テラス ドムのナポリタン

新宿御苑を出て、とりあえずメシじゃ。

せっかくの江戸を見直す日にもかかわらずナポリタン

ふと見つけたカフェ・テラス ドムが気になって気になって。

予感的中。

こってり旨くて。

ピーマン、たまねぎ、マッシュルーム、ハムのスタンダードなトッピングも最高。

さ、次は六義園で夜桜だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

江戸の桜と老舗を楽しもう!浅草~向島を歩く 2

Img_2397

隅田川沿いの桜

隅田公園を出て隅田川沿いを北へ。

ところで隅田川東岸の向島の桜は、徳川吉宗が景観に寂しさを感じ、また民衆に憩いの場を提供しようっていう意味で植えさせたのが最初だそうな。

Img_2395

長命寺桜もち

長命寺桜もち300年近く前に生まれた超老舗。

桜もちは吉宗が植えさせた桜の落ち葉を塩漬けにして餅に巻いて出したのが最初。

19世紀初めには、1年で38万個売り上げたって伝説もある大ヒット商品。

Img_2406

桜もち

葉っぱ3枚に巻かれてる。

桜の葉の塩味と餡の甘味が絶妙なハーモニーを奏でる。

う~ん、旨い。

300年近くも、この味で勝負してきたっていう重みを感じるよ。

Img_2394

言問団子

長命寺桜もちのすぐ近所にある言問団子

江戸末期に創業し、多くの文人に愛されたお店。

Img_2391_2

言問団子

お店に入り、テーブルにつくと、何も言わずに出てくる言問団子。

他にメニューは無いってことか。

綺麗なまんまる

中は白餡と小豆餡、白味噌餡の3種類。

これがまた旨いのよ。

餡が絹のように滑らかで。

ホント素晴らしいよ。

P1020151_3

隅田川沿いの桜

綺麗だ。

P1020148

隅田川にかかる吾妻橋

すっかり癒されたね。

浅草の繁華街も楽しいけど、ちょっと外れた向島もノンビリしてていいよ。

いいな~、江戸散歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

江戸の桜と老舗を楽しもう!浅草~向島を歩く 1

P1020139

吾妻橋から見たスカイツリー

桜満開間近の浅草へ。

今日は繁華街ではなく、隅田川周辺を歩いてみよう。

橋から、隅田川の先にスカイツリーが見える。

やっぱデカい。

ウ○チビル・・・じゃなくアサヒビール本社ビルとのコラボがイカすじゃん。

Img_2382_2

並木藪蕎麦

と、その前に行列の並木藪蕎麦で腹ごしらえ。

Img_2384_5

ざる蕎麦

ざる蕎麦2枚を食べる。

藪ならではの辛いツユがたまらん。

よく蕎麦通はツユをちょっとしかつけない・・・っていうけど、通とかじゃなくて、単純につけたら辛いだけじゃん!

なーんて心の中でツッコミを入れてみる。

兎にも角にも、さすがの老舗。

旨いです。

さて吾妻橋を渡ろう。

P1020149_3

隅田川

吾妻橋を渡るとそこは墨田区。

隅田川沿いを北へ向かう。

そういや墨田区と隅田川のスミの字が違うのってなんでなんだ?

調べてみると、昭和22年に当時の向島区と本所区が合併する時、両区で話し合って決めたんだそうな。

堤の名称の墨提のと、隅田川のを合わせて墨田区にしたんだとか。

どっちもスミダだし。

別に隅田区でいいじゃん!

と、ここでも心の中でツッコミを入れてみる。

P1020141_2

隅田公園①

桜は5~6分咲き。

仕事上のトラブル電話がかかってきてしばし対応。

興ざめだね。

P1020145

隅田公園②

P1020144

隅田公園③

いや、綺麗だ。

さ、次行こ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また食べたい超美味蕎麦!御徒町『吉仙』

Img_1782

御徒町 吉仙

ふと思い立って御徒町へ。

アメ横を見て、多慶屋をのぞき、フラフラ歩いてると、昭和通り沿いに吉仙という、なかなか良さげな蕎麦屋さんを発見。

Img_1789 Img_1790

看板いろいろ

やたらとあちこちで高評価を得ているらしいですね。

Img_1787

鴨せいろ

鴨せいろをオーダー。

北海道斜里産のそばを使っているらしいです。

蕎麦はツルツルと喉越しグッドです。

香りはおとなしめですかね。

ちょっと量が少ないですけどね。

つゆは辛め

鴨は肉が柔らかくて美味しいです。

脂もいい感じ。

いや、かなり美味しい鴨せいろでしたよ。

でもこのお店は夜に来た方がいいのかなーと思いました。

お酒とつまみのメニューがやたらと豊富で。

また来なきゃですね。

Img_1788

看板

いいお店でした。

そんな訳で後日再訪しました。

またも昼間ですが。

Img_2319

玉子焼き

ひとまず玉子焼きを。

これが旨いんですって。

出汁も効いてて甘みが心地良いんです。

Img_2320_2

かけそば

今回はかけそばを。

・・・旨過ぎます。

麺はコシがあって、つゆは上品そのもの。

やや辛口ながらまろやかなつゆ

いやホント旨いです。

最近やたらそば屋さんに行ってますが、オイラ的には今一番のオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

まろやか~な欧風カレー!神田神保町『ガヴィアル』

Img_2029

ガヴィアル

数年前、神田駅のそばにもあったんでチョイチョイ行っていた欧風カレーガヴィアル

そこがいつの間にか無くなってしまい、ふと食べたくなったんで調べてみたら神保町にあるんだとか。

早速行ってみました。

Img_2030

チキンカレー

当時よく食べていたチキンカレーをオーダー。

迷わず甘口

一応言っておきますと、子供舌なのではなく、まろやかさを求めているので、辛さは弱めがいいかな・・・と思っているのであります。

Img_2031_3

ライス

写真では分かりにくいけど、ライスにはチーズが乗ってます。

こういうところがいいですな。

Img_2032

ルー&じゃがいも

このじゃがいもがいいんですよ。

付け合わせ的に出てきます。

じゃがいもオンリーで食べるもよし、カレーにまぜるのもよし。

Img_2035_2

チキンカレー on ライス with じゃがいも

ルーは迷わず全部かけてやります。

じゃがいもは潰してバターオン。

う~ん、まろやか~♪

超美味、激美味、鬼美味です。

チキンは炭火で焼いた香りがしてて。

時間をかけて煮込んだであろうルーがまったりしてて。

もうオイラ好みでたまりません。

Img_2036 Img_2037

ガヴィアル看板

お値段は1400円とチョイ高め。

でも流行りのチェーン系カレー屋さんとは違う深みのある味わいは最高です。

インドカレーもいいですが、やっぱオイラは欧風カレー好き。

また通うようになっちゃうこと確定ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

日本橋ランチで魚が食いたかったらココ!日本橋『日本橋鮮魚卸売市場』

Img_03072

日本橋鮮魚卸売市場

三越前のスタバから昭和通りに向かうと左側にある日本橋鮮魚卸売市場

魚屋さんが定食屋始めちゃいました的なお店。

とにかく豪快。

店の作りも店員さんも調理の仕方もボリュームも全てワイルド

Img_03112_2

店内の鮮魚売り場

お店に入ると、いきなり魚屋さん。

豪快に、しかもかなり安く売ってます。

 ※今はちょっと縮小されてます。

たくさんの小鉢を取りつつメインの定食をレジで注文。

威勢のいい若い店員さんにタメ語で座るとこを指示されます。

なんかこの感じがむしろ良いんですよ。

待つこと数分、豪快に盛り付けた定食が運ばれてきます。

Img_03082_2

Img_03152_3

Img_03132_5

Img_1563_3

Img_1595_2

Img_1007

Img_0314

Img_1660_3

今まで食べたランチ

とにかくボリューム満点

食べ切らない日もしばしば。

肝心の味も、さすが魚屋さんって感じです。

ナカナカの鮮度。

獲れた魚によって日々メニューが変わるとこも楽しみですね。

価格も500~1000円とリーズナブル

日本橋でここまでやられちゃったら、他のお店は困っちゃいますね。

Img_03332

Img_03362_3

Img_03382_2

Img_03342

夜メニューたち

夜も繁盛してますね。

真ガキ5個で780円とか。

Img_03402_3

抹茶コーラ

こんな微妙なドリンクも置いてます。

いや面白い店だこと。

オススメです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カルチャー・クラブ 『カーマは気まぐれ』

カルチャー・クラブ 『カーマは気まぐれ』

中学生の頃大流行した曲。

ヴォーカルのボーイ・ジョージオカマっぽいビジュアルとキャッチーな曲調で大ブレイクしたよね。

『カ~マ、カマ、カマ、カマ、カマ、カメ~リ~ア~ン♪』っていうフレーズは最高だったね。

その後も『イッツ・ア・ミラクル』とか『戦争のうた』とかヒットを飛ばしてたっけ。

近年はボーイ・ジョージのスキャンダルが目立ってたけど、是非もう一度見てみたいグループだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

新進気鋭の今風な蕎麦屋さん!神田『周』

Img_2328

神田 周(アマネ)

最近会社帰りに日本橋から神田まで歩くようにしてまして。

その途中で夕飯を食べることが多くなりました。

そんななか見つけたお店が

綺麗な店内にはジャズが流れてます。

お洒落な雰囲気。

Img_2322

飛露喜 特別純米 無濾過生原酒

日本酒の品揃えがマニアックで凄いです。

希少な『飛露喜 特別純米 無濾過生原酒』を飲みました。

これ旨いです。

アルコールは高めだと思うんですが、それを感じさせないくらいフレッシュ感があって甘みもあって。

それでいて濃厚な。

Img_2324

玉子焼き

つまみは定番の玉子焼き

シンプルな見ための割に濃い味わい。

Img_2326_2

かけそば

かけそばをオーダー。

綺麗なつゆは少し辛めですがメチャ上品です。

そばは弾力があって心地よい歯ごたえ。

旨いです。

なんか新しさを感じさせる、上品な蕎麦屋さんでしたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

プラハでプラプラーっと 4

P1010975

プラハ旧市街(早朝バージョン)①

6時半に起き、シャワーを浴びて出発。

今日はダウンをやめて黒いホカホカコート。

バスと地下鉄を乗り継いでマロストランスカー駅へ。

P1010971

プラハ城への坂道①

軽く迷ってプラハ城への坂をゼイゼイしながら上る。

プラハ城は14世紀頃にほぼ今の姿になったそうな。

P1010972_2

プラハ旧市街(早朝バージョン)②

プラハの旧市街が朝の陽に照らされて美しいじゃないの。

寒さも心地いいね。

P1010980

プラハ旧市街(早朝バージョン)③

きれいだなー。

P1010982_3

プラハ城への坂道②

石畳がまたいいのよ。

でもこれ造るの大変だよなー。

P1010995

聖ヴィート大聖堂①

デカっ。

迫力あるね。

P1010998_2

聖ヴィート大聖堂②

朝陽が当たって美しさ倍増。

P1020020

旧王宮

後ろに見える聖ヴィート大聖堂がグッド。

でもプラハ城っていう城の割にちょっと地味だね。

P1020023_2

石畳の道

いいっ、いいよ。

P1020029

ロレッタ

ロレッタは17世紀に造られた教会。

P1020031

黄金小路近辺

黄金小路は可愛い建物が並ぶ小路。

オレンジジュースを飲みながら歩く。

P1020033_2

ストラホフ修道院

よく分からんがストラホフ修道院だそうな。

いやあ~、癒されるう~。

さ、次行こ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

魚介の香りプンプン!日本橋『九州じゃんがら』

Img_19652

日本橋 九州じゃんがら

今さらここで紹介するまでもない程メジャーな日本橋の九州じゃんがら

以前はそんなに好きじゃなかったんですが、とあるメニューが出来てから、ちょいちょい利用するようになりました。

Img_19642

ほっとつけちゃん

そのメニューとは写真のほっとつけちゃん

最初は夏のつけめんとして始まったと思われるのですが、冬場は普通にラーメンとして出されてます。

何が好きかと言いますと、和風だしの魚介臭プンプンのスープ。

これがクセになるんですね。

細かく刻んだ肉とキャベツがたまりません。

最後にご飯を入れたら最高なんでしょうが、炭水化物摂り過ぎですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

肉の旨みたっぷりハンバーガー!人形町『ブラザーズ』

Img_2331

ブラザーズ

こないだマックのテキサスバーガーを食べたら、なんか本格的なハンバーガーを食べたくなりましてね。

ネットで調べたら日本橋人形町にあるブラザーズってお店が高評価だったんで行ってきました。

一度行った時は、なにやら貸し切りだったみたいで入れず。

お店の人が丁寧に謝ってくれたのが好印象でした。

いや、そこまで言わんでも、こっちは気にしてないんですが。

そんな訳で再びチャレンジ。

赤を基調にしたアメリカンテイストたっぷりな店内。

店名がブラザーズだからってレジ前のスーパーマリオグッズはちょっと微妙ですかね。

Img_2332

ハイネケン

金曜の夜ということもあり、ほぼ満席。

ハンバーガーだけでいいのに、ついついハイネケンをオーダー。

苦旨です。

Img_2333_2

チーズバーガー①

メニューもトッピングも豊富なんですが、スタンダードなチーズバーガーを。

付け合わせはポテトとオニオンリング、ピクルス。

Img_2334

チーズバーガー②

トマト、レタス、タマネギが入ってます。

ボリュームありです。

Img_2335

チーズバーガー③

紙の袋に入れて食べるんですね。

ハードロックカフェとかTGIフライデーなんかも好きなんですが、どうもナイフとフォークで食べるのに違和感がありましてね。

この方がハンバーガーらしくてグッドです。

Img_2336

チーズバーガー④

よーし、ガブっ!

旨っっっ!

バンズは外がカリっと、中はフンワリ。

ペッパーの効いた荒挽きハンバーグから肉汁がジュワジュワっと

トマト&レタス&タマネギも食感がシャキシャキっと

BBQソースも甘みがあって美味しいです。

いい歳した親父が口のまわりベッタベタにしながら、一心不乱にバーガーと格闘しつつ、ニヤニヤしてる姿はいかがなものか?

・・・なんてことは気にしちゃいけません。

そう、それがハンバーガーなんです。

そしてさらにこのお店の素晴らしいところは店員さんの対応

とにかく親切丁寧でいろんな気配りをしてくれますね。

気持ち良く食べさせてくれるってのは重要ですね。

あとはもうちょい安いといいんですがね。

ま、クォリティが高いですからね。

いいお店です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロバート・パーマー 『恋におぼれて』

ロバート・パーマー 『恋におぼれて』

カッコ良かったなあ~。

ネクタイしたダンディ親父が美女をはべらせてキメキメでさ。

当時15歳(だったと思う)のオイラ的には世界一ダンディな男

最高のヴォーカリストだったよ。

ピーク過ぎてからパワーステーションとして渋谷公会堂に来たのを観に行ったっけ。

確か10年位前にどっかのホテルで急死したって話を聞いたけど残念でしょうがない。

ビルボードあたりで見たかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

東京三大煮込み! 森下『山利喜』

Img_2203

Img_2202

山利喜

前から一度行ってみたかったお店。

東京三大煮込みのお店として有名な山利喜

立派なビル。

Img_2204

サッポロ 白穂乃香

まずは、小売店では売っていないサッポロ白穂乃香で喉を潤します。

これ知りませんでした。

無濾過なんで白く濁ってますね。

地ビールっぽい感じ。

マイルドで旨いです。

Img_2207

煮込み(卵入り)

おおっ。

見るからに普通の煮込みとは違いますね。

長年継ぎ足されてきた出汁は八丁味噌とワインが隠し味。

牛のモツが柔らかくて旨過ぎます。

深いというか複雑というか、煮込みって面白いですね。

Img_2208

ガーリックトースト

ガーリックトーストと煮込みがこんなに合うなんて。

Img_2209

燻製盛り合わせ

燻製がまた旨いです。

こないだ買った燻製鍋いぶす君もビックリ。

 ※参考記事 http://junistoosexy.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-b918.html

Img_2211

白ワイン(グラス)

白ワインは品のある辛口。

黄金色に輝いてます。

Img_2212

パルマ産生ハム

パルマ産生ハムとクレソンを一緒に楽しみます。

ただの煮込み屋だろ?・・・って軽く見ててごめんなさい。

なんとなくフレンチなテイストがあって、嬉しい驚きがありますな。

Img_2210

ふぐの塩麹唐揚げ

ふぐの塩麹唐揚げなるものをオーダー。

身がたっぷりプリプリで。

Img_2213

やきとん①

Img_2214_2

やきとん②

やきとんも旨いです。

Img_2215

ポテトフライ

ポテトフライもひねりが効いてていいですね。

煮込みオンリーのお店かと思ってましたが、他の料理も美味しいです。

そりゃビルも建つってもんです。

別に嫌味でなく。

噂に違わずいいお店でしたっと。

山利喜 本館
東京都江東区森下2-18-8
03-3633-1638

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »