« 江戸を見る!墨田区両国を歩く 1 | トップページ | プラハでプラプラーっと 6 »

2013年4月14日 (日)

江戸を見る!墨田区両国を歩く 2

Img_2265

東あられ本舗

北斎通りにある東あられ本舗に立ち寄る。

Img_2263

葛飾北斎生誕地

実は東あられ本舗があるとこは葛飾北斎が生まれたとこだそうな。

品のあるお姉さん店員がいいね。

Img_2313_3

北斎揚げ

名物は北斎揚げ

軽~いサクサク感がイケる。

Img_2266

江戸東京博物館

両国に来たなら江戸東京博物館は行っとかないと。

Img_2277 Img_2280

日本橋を同じサイズで半分だけ再現してる。

Img_2273 Img_2275

Img_2278_2 Img_2279

江戸のいろんな姿を模型で再現してる。

こりゃ楽しいね。

Img_2286_2

江戸時代だけじゃなく、明治から昭和の東京も表現されてる。

Img_2289

郵便箱

明治時代は、ガス燈や牛鍋、鉄道、ザンギリ頭など文明が開化した時代

市民生活は便利になる一方で、様々な混乱もあったとか。

そのひとつがこの郵便箱

郵便の体制が出来たものの、市民はナカナカ慣れない。

郵便なんて言葉も無かったもんだから、写真の郵便箱を『垂便箱(タレベンバコ)』と読み違え、便器と勘違いし、郵便物を入れる穴からオシッコをしてしまうこともあったんだとか。

どう見ても的小さ過ぎるんじゃ・・・

まったくアホか!・・・って思っちゃうけど、当時の人からすれば、手紙を入れるって方が不自然だったんじゃないかと。

面白い時代だったんだろうなあ。

Img_2281 Img_2283

Img_2284 Img_2282

白い車はスバル360

カッチョいい。

オイラが子供の頃もかろうじて見かけることがあった名車だね。

テレビもこれに近い形だったよ。

チャンネルがいいよね。

当時は『チャンネル回して!』って言ってたけど、今の人は回すって意味が分かんないだろうね。

いいね、江戸東京博物館。

Img_2291 Img_2292

ほそ川

裏路地にあるほそ川という蕎麦屋さんへ。

メチャ綺麗なお店。

Img_2297_2

磯自慢本醸造&煮穴子

初めて飲む磯自慢本醸造

本醸造なのにフルーティーだね。

ふんわり柔らかい煮穴子もたまらん。

Img_2303

かけそば

かけそば蕎麦はコシがあって、つゆはバランスの良い上品な味。

値段がちょっと高いので、普段通いには向いてないけど、綺麗な女の子を連れて来るにはいいかも。

いやー、江戸情緒たっぷりの両国。

楽しいわあ~。

|

« 江戸を見る!墨田区両国を歩く 1 | トップページ | プラハでプラプラーっと 6 »

江戸はええど~」カテゴリの記事

旅人、ジャパンをゆく」カテゴリの記事

コメント

また出た!!
Junさんの怪しい発言。。。。

一見、「グルメな江戸巡り」風なブログ取材に見えますよね。
私もホント、ずっと騙されてました。
実は、若い女性との隠れ場所的なお店を・・・

投稿: NyaasT | 2013年4月16日 (火) 03時03分

NyaasTさ~ん、はっきり申し上げておきますが、いたって真面目な「グルメな江戸巡り」なのです。
騙すだなんてとんでもない話です。
そんな訳で、世の中の綺麗なお姉様方、是非ご一緒しましょう♪

投稿: junistoosexy | 2013年4月16日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸を見る!墨田区両国を歩く 2:

« 江戸を見る!墨田区両国を歩く 1 | トップページ | プラハでプラプラーっと 6 »