« 落語にも登場する老舗の玉子焼きを!王子『扇屋』 | トップページ | ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ 『ダンシング・イン・ザ・ストリート』 »

2013年8月14日 (水)

プラハでプラプラーっと 10

Img_2817

ドン・ジョバンニのマリオネット

19時半過ぎ、夜の買い物を楽しむ。

酔っぱらって気持ちいい。

ボヘミアングラスやらTシャツを買い、マリオネットのショップへ。

キュートな女店員さんが英語で応対してくれる。

なんでオイラのインチキ英語は可愛い娘だと伝わるようになるんだろ?

エロ魂が刺激されると集中力が高まっていいんだろうか?

約5000円でドン・ジョバンニの人形(高さ50cmくらいかな)を購入。

中古で買ったターミネーター人形と並んで飾ろっと。

Img_1764

雪道

雪降ってきやがった。

ムーステック駅からヴルタフスカ駅へ。

さらに路面電車に乗る。

Img_5059_2

SHOW PARK①

プラハは歴史ある美しい街・・・というイメージだけど、実は裏の顔があったりする。

ヨーロッパの男たちは、プラハ=エロティックシティってイメージなんだそうな。

日本で、『今度、男同志でススキノに行ってくるゼ』って言うと、『ま~たエロ目的かあ?』なんて笑われることがあるけど、ヨーロッパだと、それがプラハなんだとか。

ホントかどうか確かめたいと思うのが男心ってもんで。

マック以外何も無い通りを歩いていると、暗がりの中、写真のネオンが。

SHOW PARK・・・これか。

そう、事前にIPhoneで調べたとこ。

なんかボーリング場みたいなデカい建物。

Img_1759

SHOW PARK①

割と健全な雰囲気。

階段を上り、150コルナを払うと、駅の改札みたいなゲートが開く。

美女がいるバーカウンターでハイネケンを買ってしばし様子見。

若い奴もいればオッサンもいるし、中国人グループや日本人バックパッカーらしき若者もいる。

テーブルのあちこちに綺麗なお姉さんたちがいて、慣れてる奴は声をかけていく。

オイラにゃ無理だ。

このダイニングエリアの両脇にある通路に入ると・・・

おおおっ。

暗い迷路みたいな曲がりくねった通路沿いに小部屋がたくさんあり、その前にお姉さま達が下着姿で立ってる。

アムステルダムで見た飾り窓の室内版って感じかな。

ここからは聞いた話。

あくまで聞いた話。

そう、聞いた話。

気に入った娘に声をかけ、OKなら小部屋に入り、1000コルナを払う。

そしてシャワーを浴びて女の子と楽しむ・・・っていう感じ・・・だそうな。

いやあ、エキサイティングなスポットだわ。

来た道を戻り、0時ちょうど頃ホテル到着。

Img_1766

チーズ、ハム、サラミなど

テスコで買った生ハムとチーズ、サラミ、アイスティーを堪能。

安い割にかなり旨い。

そんなこんなで1時就寝。

翌日、5時に起きて荷物整理してチェックアウト。

2cmくらい積もった雪の中、送迎のワゴン車でプラハ空港へ。

搭乗手続きしてのんびり。

8時半頃テイクオフ。

あばよプラハ!

まずいサンドウィッチ食べてるうちにヒースロー到着。

アイスティー買って乗り換え。

窓際席で寝たりDVD観たり、本読んだり。

もちろん食事はALL拒否。

日本時間9時半成田到着。

上野のすしざんまいで寿司食べて帰る。

やっぱ日本のご飯はいいよね。

14時帰宅して、普段の休日に戻る。

ウィーン~プラハと、夢の6日間だったなー。

|

« 落語にも登場する老舗の玉子焼きを!王子『扇屋』 | トップページ | ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ 『ダンシング・イン・ザ・ストリート』 »

旅人、世界をゆく」カテゴリの記事

コメント

プラハ行くしかないでしょうね…(笑)

投稿: TAKA | 2013年8月15日 (木) 18時27分

TAKAさん、アムステルダムとブリュッセルもおすすめです。そういう意味では。

投稿: junistoosexy | 2013年8月16日 (金) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラハでプラプラーっと 10:

« 落語にも登場する老舗の玉子焼きを!王子『扇屋』 | トップページ | ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ 『ダンシング・イン・ザ・ストリート』 »