« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

煮干の風味と炙りチャーシューがたまりません!神田『ほうきぼし』

Img_2807

ほうきぼし

最近、脱メタボを目指してラーメンを避けてきましたが、基本ガマンをしないのがオイラの生き方。

食べたくなったら食べるんです。

そんな訳で会社帰りに寄った神田駅前のほうきぼし

いつの間に出来てたんでしょうかね?

Img_2803_2

濃厚鶏煮干つけ麺

オーダーしたのは濃厚鶏煮干つけ麺

魚臭いスープが好きなもので。

やや太い麺がプリプリしてていいですね。

Img_2806

濃厚鶏煮干つけ麺のつけ汁

スープはどうですかね?

鶏白湯スープ煮干の旨みがたっぷり溶け込んでます。

この魚臭さ、好きですねえ。

そしてこの炙りチャーシュー

表面がカリカリしていい食感。

いやいや、美味しかったです。

ちなみにこのお店のウリは汁なし担担麺だそうです。

今度食べてみますかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

デミグラにクラクラっ!上野『黒船亭』

Img_2509

上野 黒船亭

たまにはちゃんとしたものを食べようと思いまして。

いや、最近食べてたものがちゃんとしてないって訳じゃないんですがね。

既に何度か訪問している上野の黒船亭

老舗洋食屋さんとして有名ですね。

ラストオーダー間際に行きました。

Img_8001

ハンバーグ①

基本メニューのハンバーグを。

目玉焼きが乗ってます。

付け合せ達がいかにもって感じでグッド。

デミグラスソースに肉汁が混ぜ合わさって旨いんですわあ。

Img_8005

ハンバーグ②

そこにさらに黄身が混ざって、一層まろやか~。

Img_8008

ハヤシライス①

Img_8007_2

ハヤシライス②

もういっちょデミグラを。

ド定番のハヤシライス

ミニサイズがあるらしいです。

これもまろやかでトロけてて。

洋食の中でも、ここはちょっとフレンチテイストな感じ。

複雑クリーミーな美味しさですな。

ワインを飲みながら・・・ってのがいいかも知れません。

Img_8004

食い散らかしたテーブル

余裕の完食。

さすがの老舗、美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

浅草でひと息つくなら・・・浅草『ローヤル珈琲店』

Img_1148

ローヤル珈琲店

浅草の伝法院通りをちょっと横に入ったところで見つけたローヤル珈琲店

ロイヤルじゃなくローヤル。

いかにも昭和な雰囲気の喫茶店。

店内はキラキラとゴージャスな雰囲気。

休日ってこともあって観光客が多かったですね。

ちょっと煙たいのがなんとも昭和っぽい

Img_1146

アイスコーヒー

アイスコーヒーらしくない陶器がいいですね。

美味しいです。

ここのお店の売りはホットサンドらしいんですが、ちょっとお腹いっぱいだったんでまた次回。

やっぱりいいですね、昭和レトロ

若干無理矢理昭和の括りに持っていこうとしちゃってますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

大盛カツカレーを食べたい時は・・・加須『山崎屋食堂』

Img_2926

山崎屋食堂

埼玉県加須市の名門関歯科医院美人歯科衛生士さんから教えてもらいました。

外観からしてベタな定食屋さんって雰囲気の山崎屋食堂

広い駐車場には大型トラックもチラホラ。

ちなみに写真のブルーのミニがオイラの愛車。

Img_2927

山崎屋食堂店内①

いかにも大衆食堂って感じですね。

Img_2928

アサヒ芸能

こういう定食屋さんには必ず雑誌が置いてありますよね。

ここにはおカタい雑誌は一切置いておらず、アサヒ芸能やらフラッシュやら、ちょっと品の無い(?)ものばかり。

ちゃんと消費者のニーズを捉えてますな。

Img_2932

山崎屋食堂店内②

そしてここのウリは数えきれないくらいのバラエティ豊かなメニュー

壁に貼られたメニューはごく一部。

まる1か月、毎食食べても制覇出来ないかも。

初訪問なので、ここは看板メニューをいただきますかね。

Img_2929

カツカレー①

そう、カツカレー

どうですかこのボリューム

スプーンを入れた瞬間、カレーが溢れちゃいますね。

しかもこれSサイズなんです。

ご飯は300gあります。

並サイズで1kg、大盛で2kgっていう。

もうバカでしょ?・・・って話です。

肝心の味も最高でして。

ザッツ・ジャパニーズカレー

もう、お母さんを超えてお婆ちゃんの味

この安心感は素晴らしいとしか言いようがありませんな。

Img_2930

カツカレー②

これはなんでしょうかね?

カレーのルウが入ってる容器のフタの切れ端っぽいですね。

もちろん腹が立つなんてことはありません。

このちょっといい加減なとこも魅力のひとつ。

さて、いつの間にか外に行列が出来てきたんで、そろそろ撤収しましょう。

つーかお腹いっぱいで運転出来ません。

ちょっと昼寝でもしましょうかね。

ああ、ユル~い土曜の午後。

最高の気分♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 『ハート・オブ・ロックン・ロール』

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 『ハート・オブ・ロックン・ロール』

サンフランシスコから出てきた、ちょっと昔っぽい雰囲気のバンド。

1983年発売のモンスターアルバム『スポーツ』から大ヒット連発でね。

ヒューイ・ルイスの野太いヴォーカルがカッコ良くてさ。

『ウィ・アー・ザ・ワールド』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』での活躍も良かったね。

そんな彼らが来月公演でやって来る!

もちろん駆け付けるゼぃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

記憶に残らない(?)普通の名店!上野『マーブル』

Img_3108

マーブル

とある土曜日、休日出勤前のランチを上野で。

アメ横にあるマーブルとかいう喫茶店へ。

ついつい通り過ぎてしまいそうな佇まい。

地下へ降りていきます。

Img_3110 Img_3109 

マーブル看板とメニュー

いろいろ地味ですね。

メニューの中身より西洋風な置物を重視してる感じがいいですな。

Img_3112 Img_3113

マーブル店内

店内も地味です。

籐製の椅子とあちこち破れたソファ

アンティークな帆船の置物があるかと思えば、時計は量販店で売ってそうな安っぽい壁掛けだったり。

誰の目にも止まらなそうなコーラのキャンペーンとか微妙に今風なメニューのキャラメル・オレとか。

Img_3115

サラダ

見た目ショボいサラダ。

味は超普通。

Img_3117

ドライカレー

喫茶店にありそうで無かったメニュー、ドライカレーをオーダー。

しっとりとした食感とちょい辛な味。

まあまあですかね。

Img_3114

レモンスカッシュ

食後はレモンスカッシュを。

敢えて『レスカ下さい!』って言ってみました。

女性店員さんが、ちゃんと厨房でレスカって言ってました。

ちょっと嬉しかったです。

酸っぱくて美味しいですね。

それにしても色々中途半端な喫茶店ですね。

昔ながらの・・・という割にコテコテでもなく。

雰囲気も味も全てがフツー

記憶に残る要素が全く無いっていう。

いや、そんなところが素晴らしいです。

過度な主張をせず、味も特徴を出さず、客の感じるまま思うままに任せる感じ。

店は主役ではなく、お客さんが主役だよと。

そんな奥ゆかしいメッセージを感じるお店です。

・・・ってなことを思いましたが、お店にそんな事言ったら怒るでしょうね。

『バカにしてんのかっ!!』って言われそうです。

さ、会社に行って仕事しますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

ブルース・スプリングスティーン 『ダンシング・イン・ザ・ダーク』

 

ブルース・スプリングスティーン 『ダンシング・イン・ザ・ダーク』

メッチャ若いなあ。

ブルース、ノリッノリ。

硬派なロックンローラーなのに、この曲はついつい踊り出したくなる。

ちなみに最後の方で女の子をステージに上げて一緒に踊るんだけど、その女の子が後の『フレンズ』モニカ

そう、コートニー・コックス

これがまた可愛いんだな。

いいMVだね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

スカっと爽やか!スパークリング日本酒でプハァ~っと!

Img_3220

奥の松 純米大吟醸スパークリング ①

久々にスパークリング日本酒を飲み比べ。

最近増えてきましたね。

まずは福島県奥の松純米大吟醸スパークリング

奥の松酒造さんは、海外進出にも熱心な新しい発想を持った酒蔵。

写真の純米大吟醸スパークリングよりもワンランク上の商品がフォーミュラ・ニッポンのシャンパンファイトにも使われました。

Img_3226

奥の松 純米大吟醸スパークリング ②

さすがに泡立ちが良いですね。

日本酒度-25の甘口

大吟醸らしく、香りが華やかで。

米の旨みも出てますよ。

これは旨いです。

Img_3229

発泡純米酒 スズらん ①

続いて新潟県高千代酒造が作った発泡純米酒スズらん

上品なボトルですね。

Img_3233

発泡純米酒 スズらん ②

泡立ちは弱め。

アルコールも弱いですね。

これもやはり甘口。

のど越しはグッド

Img_3234

出羽桜 蝉しぐれ ①

山形県出羽桜さんは咲(サク)という発泡清酒があったと思いましたが。

良く見ると、販売者が宇都宮の横倉本店さんっていう酒問屋さん。

いわゆるPBなんですかね?

これは炭酸ガスを後から入れるタイプ

Img_3237

出羽桜 蝉しぐれ ②

辛口の味わいで、強い泡立ちがあります。

キレはあるんですが、香りが弱く、ちょっと物足りないですかね。

今回飲んだ中では奥の松が美味しかったですね。

他にも冷蔵庫に眠ってるのがあるんで、近いうち飲まなきゃですね~。

 ※関連記事:シュワシュワっ!スパークリング日本酒を飲もう!

         暑い夏はスパークリング日本酒を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

いにしえを感じる会津へドライブの旅 4 『会津若松市街編』

P1030410

七日町通りの風景①

会津若松付近に駐車して七日町通りへ。

ここはレトロな建物が並ぶ通り。

P1030411

七日町通りの風景②

P1030412

七日町通りの風景③

いいなあ。

さて、そろそろなんか食べよう。

P1030414

田事(たごと)

ガイドブックに載ってた田事っていう料理屋でランチを。

P1030417

めっぱ飯

ここのウリはめっぱ飯

わっぱ飯って言わないんだね。

しらすが旨い。

P1030421

満田屋

ふと満田屋っていう味噌屋さんに立ち寄る。

Img_2964

ねぎかつおみそ

ねぎかつおみそ購入。

旨そー。

しばらく街をブラつく。

レトロなお店が多いね。

敢えてレトロにしてる店もあれば自然にレトロなお店も。

P1030422

とんかつ越路①

ここは自然にレトロな方かな。

とんかつ越路っていうお店。

P1030432

とんかつ越路②

店頭のメニューもいい感じに古ぼけてる。

P1030424

とんかつ越路③

不思議な置物が多い店内。

P1030426

ソースカツ丼①

会津若松のB級グルメの筆頭はソースカツ丼

これを食べずには帰れないよね。

P1030427

ソースカツ丼②

う~ん・・・

まあ、どうってことないかな。

トンカツをご飯に乗せただけじゃんね。

いや、旨いけどさ。

喜多方まで走ってラーメン食べるべきだったかな?

ま、いいか。

さて、そろそろ帰らなきゃ。

会津磐梯山猪苗代湖も見らんなかったなあ。

もっと早く来れば良かったね。

また今度来よう。

会津若松インターから高速に乗る。

睡魔と戦いながら夕方帰宅。

疲れたけど楽しかったドライブ旅行だったな・・・っと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

いにしえを感じる会津へドライブの旅 3 『鶴ヶ城編』

P1030354_2

大川荘の部屋からの眺め

7時前に起きる。

昨日は暗くて分かんなかったけど、いい景色。

P1030359

朝食

食堂へ行き、ブッフェ式の朝食を楽しむ。

こういう旅館だし、勿論和系で。

特別旨い訳でもないけど楽しくてグッド。

P1030377

鶴ヶ城①

会津若松まで走り、会津藩主の居城だった鶴ヶ城へ。

太陽の光がまぶしい。

P1030384

鶴ヶ城②

美しい。

それにしても会津は八重の桜で盛り上がってるね。

P1030372

お城ボくん

ゆるキャラのお城ボくん

可愛くもなんともない。

なんでもキャラクターにすりゃいいっていう風潮はいかがなもんかね?

ま、どうでもいいか。

P1030389

飯盛山からの景色

途中、地元のスーパー、リオン・ドールに立ち寄りつつ飯盛山へ。

暑いので動く歩道で山道を登る。

P1030391

白虎隊自刃の地

P1030392

白虎隊十九士の墓

ここ飯盛山は白虎隊の若者達が自刃したっていう悲劇の山

ここに来て初めて知ったんだけど、学校で習った悲劇とはちょっと違うんだね。

当時は、鶴ヶ城が燃えていると勘違いした白虎隊が絶望を感じて自害したって習ったんだけどさ。

実は、彼らは鶴ヶ城が燃えていないって分かってたんだってね。

城下が燃えてる中、城に戻るべきか否かを全員で話し合った結果、途中で捕えられて辱めを受けるくらいなら、武士らしく潔く自害してやろうっていう気概を見せたんだって話らしい。

十代の若者がそんな熱い思いを見せたっていうのに、オイラときたら一人でストリップを観に行ってるっつーさ。

はぁ、情けない。

P1030400_2

宇賀神堂

P1030396_2

さざえ堂

P1030407

厳島神社

P1030405

戸ノ口堰洞穴

飯盛山を下り、会津若松駅方面へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

いにしえを感じる会津へドライブの旅 2 『芦ノ牧温泉編』

P1030365

大川荘

大内宿から再び北へドライブ。

途中に芦ノ牧温泉とかいう温泉を発見。

ちょっとサビれた温泉街って雰囲気で味がある。

とりあえず会津若松まで行ってみて、泊まるとこが無かったら今夜はここに泊まろうかな。

そんな訳で19時過ぎに会津若松に着いたものの、すっかり日も暮れて何も見らんない。

しゃーない、やっぱ芦ノ牧温泉に戻ろう。

泊まる宿は、数軒電話してみて、対応が一番丁寧だった大川荘に決定。

P1030352

大川荘の部屋

20時半、大川荘に到着。

女中さんに案内され部屋へ。

広いなあ。

さ、まず温泉を味わおう。

Img_2942

露天風呂①

露天風呂へ。

貸切状態じゃん。

軽く泳いでみる。

Img_2947_2

露天風呂②

もうひとつの露天風呂へ。

ここでも貸切状態。

男1人、全裸で大の字になってみる。

目の前に山が見えて、真っ暗で若干不気味だけど静かでいい。

さあ、お腹が空いた。

チェックインが遅かったせいで夕飯が出ないってんで外出してみる。

・・・が、何も無---い。

人も全然歩いてないし。

ようやく見つけたお店が居酒屋とストリップの2軒のみ

Img_2951

芦ノ牧温泉劇場①

悲しい男のサガというか、お腹空いてんのにストリップを選択しちゃったりなんかして。

芦ノ牧温泉劇場っていう看板とイラストが渋いわあ。

受付のおじさんが、『おひとりですかぁ?』って、やや不機嫌そうに言う。

靴を脱いで中に入ると誰もいない。

Img_2953

芦ノ牧温泉劇場②

ショーが始まったら勿論撮影出来ないので今のうちにパチリ。

しばらくしてショーのスタート。

結局オイラ一人っていう。

年は60歳位かなあ。

昔は綺麗でした・・・ってな感じのおば様がセクシー衣装で登場。

ショーを観るっていうよりは、場末のスナックで飲んでる感じ。

世間話をしながら踊りを観る。

若干気まずい空気感もありながら、素晴らしい技の数々を見せてくれる。

いやあ、なんか貴重な体験をさせていただいたよ。

20年近く前に鬼怒川へ社員旅行に行った時に先輩と観たストリップを思い出した。

温泉街の、ちょっと場末感漂うストリップ

確かその時は、玄関で掃除をしてるおばさんが、ホウキをラジカセに持ち替え、そのままステージに上がって踊り始めたっていう。

『お前かい!』って心の中で突っ込み入れたのが懐かしいね。

さ、旅館に戻ろう。

Img_2957

一夜草

大川荘の中にある居酒屋の一夜草へ。

こういう温泉街の旅館は、その中で全てをまかなうんだね。

居酒屋の他にもスナックやらカラオケ屋とか娯楽が揃ってる。

Img_2954

レモンサワー

まずはレモンサワーを。

Img_2955

ソーセージ

ソーセージをつまんでると、カラオケスナックから下っ手クソな歌声が聞こえる。

社員旅行で盛り上がってるっぽい。

またまた20年前の社員旅行を思い出した。

なんかここだけ時間が止まってしまったんじゃないかっていう錯覚におちいる。

バブルは崩壊してたけど平和だったあの頃。

ノスタルジックな気分とレモンサワーで酔っ払っちゃうね。

Img_2956

ラーメン

シメはラーメン

昔ながらの中華そばだね。

ちぢれ麺とナルトが郷愁にかられさせてくれる。

ああ、なんかいい気分♪

※関連記事:まさに昭和遺産!鬼怒川温泉秘宝殿


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

ネコ駅長ばすPHOTO BOOK 会津鉄道芦ノ牧温泉駅 / 坪内政美 【単行本】

価格:1,296円
(2015/7/21 20:59時点)
感想(1件)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

いにしえを感じる会津へドライブの旅 1 『大内宿編』

Img_2934

小野岳

とある夏の土曜の午後。

暇だったんで一人ドライブをしてみることに。

なんとなく東北道を北に向かってたら会津に行きたくなってきて。

白河インターで降りて西へ。

小野岳の麓にあるセブンイレブンで休憩。

綺麗だなー。

ガイドブックを買って読んでみると、会津へ行く途中に江戸時代に宿場町として栄えた大内宿があることが判明。

江戸好きなオイラとしては是非見たいなと。

P1030324

大内宿入口

おお。

茅葺屋根の民家が並ぶ。

P1030327

P1030347

P1030349

P1030325

P1030330

P1030331

P1030334

P1030340

P1030345

P1030346

P1030348

大内宿いろいろ

いいわあ、この雰囲気。

ただの展示じゃなくて、お店は実際に営業してるし、とにかく広い。

看板やら照明、冷蔵庫なんかは現代風だけど、江戸時代の雰囲気は伝わってくるね。

P1030344

食料品屋

さて、なんか食おう。

いろんなものがあって迷う。

名物は高遠そばっていう、ぶっといネギ1本を箸代わりに食べる蕎麦。

でも時間が遅かったせいか、どこも終わってた。

P1030342

玉コンニャク

たっぷり味噌の玉コンニャクを食べてみる。

お店の前に置かれた台に座って食べる。

なんか江戸時代の旅人になった気分。

Img_2965

会津牛にんにく肉みそ

会津牛にんにく肉みそとかいう瓶詰めを購入。

こういう地方の瓶詰めって面白いよね。

家に帰ったらご飯のお供にしよう。

さ、そろそろ出発しようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

後世に残したい昭和の財産!御徒町 燕湯

Img_3027

燕湯

とある夏の日曜日。

上野から御徒町を散歩してて発見したのがこの燕湯

風情のある外観。

いかにも昔ながらの銭湯

汗もかいたし、こりゃ行くっきゃない。

Img_3029

男湯のれん

って書かれたのれんをくぐる。

思わず女湯の方に入って、『おっと!ゴメンよ!』・・・かなんか言いたくなる。

Img_3038

燕湯脱衣所

昔ながらの番台があってさ。

座ってるおばあちゃん越しに女湯がちょっとだけ見えたりして。

貸タオルとミニシャンプーなんかを手に入れる。

着替えはロッカーに押し込んで鍵を腕にはめて中へ。

Img_3030

壁のペンキ絵

中には数名の客が。

壁のペンキ絵が素晴らしいね。

富士山じゃなくてアルプス山脈・・・らしい。

この色合いがたまらん。

こりゃ思わず歌いたくなる。

いっい湯ぅだっなっ♪アハハぁン♪・・・ってかぁ?

Img_3037

冷蔵庫

いやぁ、ホントいい湯だったわ。

さてなんか飲も。

選ぶはもちろん・・・

Img_3035

フルーツ牛乳

そう、必殺フルーツ牛乳

やっぱコレじゃなくっちゃ。

さすがにハリで開けるタイプじゃなかったけどね。

まあ、とにもかくにも癒されたねえ。

でもこういう銭湯って減ってるんだろうなあ。

この味、この風情。

是非とも後世まで残しておきたいもんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

これはもうフルーツでしょ!北海道とうもろこし

Img_3169

北海道とうもろこし

自分が食料品のネット通販の仕事をしてるもんで役得です。

北海道の農家さんからとうもろこしを産直で送ってもらいました。

採れたてをクール便で。

Img_3184

北海道とうもろこし3種

3種類のセットが届きました。

写真の左からピュアホワイトゴールドラッシュゆめのコーン

ゆめのコーンは初めてでしたが、白と黄色が混じってて面白いですね。

どれもで食べられます。

つーか個人的には生でこそ美味しいと思ってます。

Img_3186

ピュアホワイト

特にこのピュアホワイト。

真珠のように白く輝いてます。

関東じゃあまり売ってない希少な品種ですね。

んで肝心の味はというと・・・

あ、あ、甘ーーーーーい!

これは凄いですよ。

シャッキシャキで、ミルクみたいな優しい甘さ

これはもうフルーツですね。

3種類3本ずつ、あっさり完食。

もう1回送ってもらおうと思いましたが今季完売だそうで。

来年まで我慢ですぅ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

まるで昔のデパートの食堂みたい!?新宿『はやしや』

Img_2908

はやしや

新宿でディナーでも・・・ってんで、立ち寄ったのがはやしや

新宿駅から歌舞伎町へ行く途中の三平ストアビルの5階にあります。

Img_2907

メニューたち

ボロっちいエレベーターで5階に行くと、メニューたちがお出迎え。

子供の頃、連れてってもらったデパートの食堂を思い出しますねえ。

ナポリタンもありますね。

Img_2911

はやしや店内

この昭和っぽい雰囲気の店内がいいですね。

窓際に座りたかったです。

Img_2912

ハンバーグ&魚フライ①

やっぱここはハンバーグでしょ。

・・・ってな訳で白身魚のフライも付いたセットをいただきます。

それにしても、このスープ、いいですねえ。

安っぽい高級感をイメージさせるカップが最高ですな。

いや、決して馬鹿にしてるんじゃなく。

でも子供の頃は、これを心から高級料理って思ってて、使い慣れないナイフとフォークを一生懸命使ったもんです。

ご飯をフォークの背に乗せたりなんかして。

今見たら笑っちゃいそうですね。

Img_2913

ハンバーグ&魚フライ②

肝心のお味は・・・

申し上げる必要無いかも知れません。

旨いに決まってるじゃないですか?

もちろんグルメ的な観点じゃなく。

旨い=懐かしい・・・です。

もうテンション上がりまくり。

さてメニュー見た時から食後に飲もうと決めてたものをオーダーしましょうかね。

Img_2915

メロンソーダ

・・・ってガビ~ン!

クリームソーダを飲もうと思ったら、まさかのアイス品切れ。

苦渋の決断でメロンソーダを。

薄っ。

う~ん残念。

ま、この若干いい加減な感じがまた良しとしましょう。

そういえば昔話を思い出しました。

小学校低学年の頃でしょうか。

家族で東大宮の西友(確か3階建て)で食事をした時のこと。

オイラはどうしてもお子様ランチが食べたかったんですが、何故か家族に反対されましてね。

まあ、そろそろ卒業しなさいって意味だったと思われるのですが、子供は言い出したら聞かないもので・・・。

『食べらんないなら帰る!』って言って、その場を飛び出し、泣きながら歩いて1時間かけて家に帰ったっていう。

なんかあの日のことは良く覚えてますねえ。

多分、その日をきっかけにしてお子様ランチを頼まなくなったような。

思えば、あれが大人への階段だったのかも知れません。

そんな想い出を蘇らせてくれた素敵なお店でした~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »