« 後世に残したい昭和の財産!御徒町 燕湯 | トップページ | いにしえを感じる会津へドライブの旅 2 『芦ノ牧温泉編』 »

2013年9月 8日 (日)

いにしえを感じる会津へドライブの旅 1 『大内宿編』

Img_2934

小野岳

とある夏の土曜の午後。

暇だったんで一人ドライブをしてみることに。

なんとなく東北道を北に向かってたら会津に行きたくなってきて。

白河インターで降りて西へ。

小野岳の麓にあるセブンイレブンで休憩。

綺麗だなー。

ガイドブックを買って読んでみると、会津へ行く途中に江戸時代に宿場町として栄えた大内宿があることが判明。

江戸好きなオイラとしては是非見たいなと。

P1030324

大内宿入口

おお。

茅葺屋根の民家が並ぶ。

P1030327

P1030347

P1030349

P1030325

P1030330

P1030331

P1030334

P1030340

P1030345

P1030346

P1030348

大内宿いろいろ

いいわあ、この雰囲気。

ただの展示じゃなくて、お店は実際に営業してるし、とにかく広い。

看板やら照明、冷蔵庫なんかは現代風だけど、江戸時代の雰囲気は伝わってくるね。

P1030344

食料品屋

さて、なんか食おう。

いろんなものがあって迷う。

名物は高遠そばっていう、ぶっといネギ1本を箸代わりに食べる蕎麦。

でも時間が遅かったせいか、どこも終わってた。

P1030342

玉コンニャク

たっぷり味噌の玉コンニャクを食べてみる。

お店の前に置かれた台に座って食べる。

なんか江戸時代の旅人になった気分。

Img_2965

会津牛にんにく肉みそ

会津牛にんにく肉みそとかいう瓶詰めを購入。

こういう地方の瓶詰めって面白いよね。

家に帰ったらご飯のお供にしよう。

さ、そろそろ出発しようか。

|

« 後世に残したい昭和の財産!御徒町 燕湯 | トップページ | いにしえを感じる会津へドライブの旅 2 『芦ノ牧温泉編』 »

旅人、ジャパンをゆく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いにしえを感じる会津へドライブの旅 1 『大内宿編』:

« 後世に残したい昭和の財産!御徒町 燕湯 | トップページ | いにしえを感じる会津へドライブの旅 2 『芦ノ牧温泉編』 »