« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

今なお頑張る昭和な商店街!京島『キラキラ橘商店街』

Img_3428_2

スカイツリー

とある休日、押上駅で下車。

スカイツリーは目の前を通るだけ。

Img_3429_2

キラキラ橘商店街①

目指すはキラキラ橘商店街

Img_3451_2

キラキラ橘商店街②

色んなお店があるね。

Img_3434_2

ハト屋

渋い外観のハト屋

Img_3435_2

コッペパン

ここの名物はコッペパン

看板にはカステラって書いてあるものの、コッペパンしか売ってないんだね。

ふんわりやわらか。

特別旨過ぎるって訳じゃないけど、どこか懐かしいホッとする味

惣菜のお店がいっぱいあるんで、焼きそばを挟んでみてもいいかな。

Img_3439_2

デリカショップ くるみ

デリカショップくるみ

Img_3440_2

メンコロ①

メンコロ150円を購入。

メンコロ?

メンチ?コロッケ?

良く分からんがとにかくいただきまーす!

Img_3442_2

メンコロ②

熱っっっ!!

でも旨~い!

クリーミーで。

これコッペパンに挟めば良かったかね?

さ、次。

Img_3447_2

こんこん

こんこんたい焼きを食べよう。

威勢のいいお姉さんがハチマキ巻いて作ってくれる。

Img_3448

たい焼き①

旨そ~。

Img_3449

たい焼き②

あちゃちゃちゃちゃっ。

オイラのキャットタンにはキツいわけで。

でもこれは美味しい。

外はカリっと、中はモチっと。

くどくない餡子もいい。

Img_3443

オー・デリス・ドゥ・ ケンジ

昭和感バリバリの商店街には不釣り合いな洋菓子店オー・デリス・ドゥ・ ケンジへ。

小さなお店。

Img_3455_2

ケーキたち

さすがに食べ過ぎたんでテイクアウトで。

写真右のシューアラクレームが美味しくて。

サクサクのシュー皮に生クリーム&カスタードクリーム。

うん、美味しい。

ティラミスは普通かな。

いやあ、楽しかった。

つーか食ってばっか。

それにしてもこういう昭和な商店街はどこも厳しいって話があるけど、ここはまだまだ元気いっぱい。

いつまでも頑張って欲しいもんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

ファルコ 『ロック・ミー・アマデウス』

 

ファルコ 『ロック・ミー・アマデウス』

まさに80’s一発屋の代表格。

モーツァルトをバカにしてんじゃねーかっていうディスコっぽい曲。

サビのアンマデゥ、アンマデゥ・・・アンマデゥ・・・ってとこが斬新だったなあ。

なんかちょっと笑えちゃうとこがいいね。

おっおっお、アマデゥ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

地元の人気ラーメン店に行ってみました!喜多方『坂内食堂』

Img_3625

坂内食堂

週末福島旅行で喜多方へ。

喜多方といったらラーメンでしょ。

郡山在住の友人のオススメはここ坂内食堂

地元では有名なお店だそうです。

夕方の中途半端な時間ながら店内は満席。

外からは分かりませんが。

やっぱ知ってる人の案内はいいですな。

Img_3623

支那そば

スタンダードな支那そばを。

透明なスープに、平打ち中太麺

喜多方ラーメンって醤油がベースって認識でしたが、どうやら色々あるらしいですね。

あっさりですがコクもある美味しい塩味

麺はモチプリで。

チャーシューは厚みがあって、程良いジューシーな脂が旨いです。

さすがの人気店、美味しかったです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

福島地酒&比内地鶏尽くし!福島県郡山『比内やサスケ』

Img_3588

比内やサスケ

週末福島旅行で友人に連れてきてもらいました。

郡山は名物料理が少ないみたいで比内やサスケっていう比内地鶏のお店へ。

Img_3574

田村特別純米酒

郡山の地酒、田村の特別純米酒にチャレンジ。

やや辛なんでしょうが、ちょっと甘みすら感じます。

香りは控えめで旨みのあるお酒。

Img_3575

比内地鶏ユッケ

比内地鶏ユッケを食べてみます。

濃厚タマゴとあっさりだけどコクのある比内地鶏をまぜまぜ。

こいつは日本酒に合いますな。

Img_3577_2

比内地鶏刺し3種盛

続いて比内地鶏刺し3種盛

わさび醤油や塩でいただきます。

こりゃ旨ぇっす。

Img_3579

比内地鶏焼き

比内地鶏焼きがまたジュースィ~で。

お酒も会津娘とか飛露喜花泉などなど福島の地酒を堪能しました。

Img_3580

極上の親子丼ハーフ

シメは極上の親子丼

こ、これは!

う、旨いです。

炭火で焼いた比内地鶏の香りがいいですねえ。

そして濃い~タマゴがトロトロで。

お米も美味しいし、なんて贅沢な1品。

いや素晴らしいです。

まさに比内地鶏尽くし

もう何回比内地鶏って言えば気が済むんだってくらい比内地鶏って繰り返しましたが、それくらい美味しい比内地鶏でした。

郡山、いい店あるじゃないですかぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

フルーツレストランって何よ???福島県郡山『フルーツレストランAika』

Img_3600

フルーツレストラン Aika①

とある金曜の夜、福島県の郡山へ乗り込みました。

友人のエスコートでフルーツレストランAikaへ。

Img_3598

フルーツレストラン Aika②

フルーツレストランって何なのよ?・・・って話。

Img_3597

フルーツレストラン Aika③

お、果物屋さん?

Img_3590

フルーツレストラン Aika④

いや、これはレストラン・・・ですね。

Img_3591

スイカカクテル

ジャジャーン!

ここの名物は写真のスイカカクテル

確かにどこのテーブルにも赤く染まったグラスがありますね。

グラスのふちにはソルティドッグかマルガリータかってな具合にがまぶしてあります。

これがまた旨いのなんのって大変ですよ。

もうそのまんまスイカ

塩のおかげで甘みが増して。

いや、ビックリです。

フルーツレストランの正体が見えてきましたね。

Img_3595

マンゴーカクテル

続いてマンゴーカクテル

氷が綺麗に丸くなってるとこなんかBARっぽいですね。

ドロロロ~っていう濃厚な味。

まさにマンゴーですよ、マンゴー。

濃過ぎてストローで吸えやしないです。

ンまぁ~美味しいですね。

Img_3589

メニュー

メニューを一見するとただの果物・・・なんですが、良ぉ~く見ると全部カクテル。

面白いですなあ。

要はフルーツ押しのレストラン&BARって感じなんですかね。

Img_3592

ソーセージ

おつまみのソーセージが美味しいです。

Img_3593

軽井沢シングルカスク21年

軽井沢シングルカスクの21年なんてのも置いてます。

この香りがたまんないです。

ここ、とにかく洋酒の品揃えが凄いです。

レストランよりはBAR寄りですかね。

メッチャいいお店でした。

こんなお店、都内にあったら絶対流行ると思うんですけどねえ。

恐るべし郡山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

ポール・マッカートニー in 東京ドーム

Img_3692

2013年11月18日(月)、東京ドーム

ついにやって来たポール・マッカートニー

なんと11年ぶりだそうで。

90年、93年、02年に続き4回目の参戦なんだけど、今回はなかなかチケット取れなくて。

まあ、なにはともあれソロ公演に全部参加出来てるってのは幸せな話だね。

仕事を18時で切り上げて音の悪い東京ドームへ。

もんの凄い人の数。

男子トイレまで大行列。

Img_3682

会場①

うわ~遠いなあ。

でもかろうじて遮るものが無いんで見易いかも。

始まる前にかかってたリミックス曲がカッコよくてさ。

あれCD化してくんないかね?

Img_3683

会場②

フラフラっとポールが登場すると大歓声。

ちょっとタキシードっぽい黒ジャケットがカッコいい。

オープニングからビートルズナンバーの『エイト・デイズ・ア・ウィーク』

いいねえ。

2曲目の『セイヴ・アス』を含む新曲もイカしてる。

71歳でバリバリ現役ってやっぱ凄ぇな。

注目はもちろんビートルズナンバー。

オイラ的には『ブラックバード』、『アンド・アイ・ラヴ・ハー』、『エリナー・リグビー』が良かったなあ。

Img_3687

会場③

写真は『リヴ・アンド・レット・ダイ』の爆発。

レット・イット・ビーからの流れで始まり、これがまた凄い爆音で。

ポールが耳を押さえて笑いを誘う。

そしてそのまま『ヘイ・ジュード』の大合唱。

あと『バンド・オン・ザ・ラン』とか『ハイ・ハイ・ハイ』なんかのウィングス時代の曲も良かったなあ。

それにしてもポールの声が良く出てた。

キーは原曲と同じだし、裏声もちゃんと出てたし、激しくシャウトもするし。

まあ素晴らしい。

亡くなったリンダに捧げた『メイビー・アイム・アメイズド』とかジョンへの『ヒア・トゥデイ』、ジョージへの『サムシング』なんかもホロっときたね。

そうそう、『イエスタデイ』を福島に捧げてくれたね。

『アナザー・デイ』も『デイ・トリッパー』もラストの『アビー・ロード』の再現も最高だったよ。

もう書き出したらキリが無いや。

ポールはサービス精神が旺盛というかファンの気持ちをよく理解してるね。

日本語もカンペ見ながら一生懸命しゃべるし、トークは字幕が出るし、バックのビデオは秀逸だし、パンフも日本語だし。

とにもかくにも最高のライヴだった。

同じ時を過ごすだけで幸せなのに内容が完璧で何も言うこと無いよ。

ホント、ありがとうポール!

一生付いて行くよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

マラヴィータ

Img_3669

マラヴィータ

ロバート・デ・ニーロマーティン・スコセッシが久々にタッグを組んだっつーマラヴィータ

しかもマフィア映画となったら面白いに違いない!

しかも今回監督はスコセッシじゃなくリュック・ベッソン

重厚な映画を作ってきた二人にベッソンのテイストが加わったらどーなんのよ?

もう観に行かない訳にはいかないでしょ。

内容は、証人保護プログラムの元、偽名を使いつつFBIに守られて生活する元大物マフィアのデ・ニーロ家族とそのデ・ニーロの命を狙うマフィア軍団との死闘。

これだけ聞くとゴリゴリのマフィア映画なんだけど、今回はベッソン流のコミカル要素満載で。

潜伏先のノルマンディの田舎スーパーの店員と客が自分の悪口を言ってるのを聞いた妻(ミシェル・ファイファー)が、そのスーパーを爆破しちゃったり。

自分を誘おうとした男達をボコボコにしちゃう女子高生の娘とか。

デ・ニーロ&スコッセシの名作『グッドフェローズ』について雄弁に語り喝采を浴びるデ・ニーロには笑ったね。

一見普通のファミリーがその裏では暴力的な家族っていうのを面白おかしく表現したリュック・ベッソンは素晴らしいよ。

極悪人は最後には悲劇を迎えるはず・・・なのにラストはハッピーエンドっていうね。

マフィア軍団に勝っちゃう家族っておかしいだろ!・・・ってツッコミを入れたいんだけど、それがむしろ心地よくて。

シリアスとコミカルがうまく融合した、今イチオシの面白い映画。

そうそう、女子高生の娘役のディアナ・アグロンがビックリするほど可愛いね。

Img_3681

デ・ニーロ&スコセッシ作品たち

『レイジングブル』とか『タクシードライバー』、『グッドフェローズ』、『ケープ・フィアー』とシリアスな映画の多いデ・ニーロ&スコセッシだけど、ここであえてオススメしたいのが写真右の『キング・オブ・コメディ』

デ・ニーロ演じるおバカなコメディアンぶりが最高で。

自宅にスタジオ作ってテレビに出る練習したり、大物コメディアンを誘拐して自分をテレビに出させたり。

クライマックスのデ・ニーロの漫談は必見だね。

ギャング役なんかの重たい役を見続けた後に見たんで、そのギャップに衝撃を受けたっけ。

今回のマラヴィータも、元マフィアをコミカルに演じてて、改めて凄いなーと思ったよ。

やっぱロバート・デ・ニーロは素晴らしい俳優だーね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

幸福の緑色のあんみつ!上野『みはし本店』

Img_3366

みはし

とある雨の土曜日、上野池之端藪そばでそばを食べた後のデザートに立ち寄りました。

中央通りのヨドバシカメラ2号店隣りのみはし本店

上野では有名な老舗のあんみつやさんですな。

カップルや女子が多い中、内心ドギマギしつつ、ナイスミドル(?)を演じながら入店。

Img_3370

抹茶あんみつ

何を隠そう、オイラは抹茶アイスが大好き。

ハーゲンダッツ抹茶味をハゲマチャと呼び、こよなく愛しています。

当然、抹茶あんみつをオーダーする訳です。

う~ん、見るからに美味しそう。

つーか甘そう。

こんな時はとことん甘さを楽しむのがオイラ流。

まずはみかんを全部食べ尽くし、甘~いのばっか残してみます。

抹茶アイスと蜜のかかった餡子をタップリすくって口の中にイン。

うぉぉぉっ!

う、うまー

そしてあまー

もうたまりません。

素晴らし過ぎますな。

しかし周りは女子ばっか。

甘味で甘美な表情になったフニャ顔を晒す訳にはいかず、あくまでクールを装いパクつきます。

ああ、なんて旨いんでしょ。

誰かにこの旨さ、この甘さを伝えたい~っ!

・・・と思いながらあくまで渋い中年を演じます。

Img_3371

完食

もちろん余裕の完食。

もう超満足。

こういうのを幸せって言うのでしょう。

ああ、抹茶あんみつ万歳!

・・・とゴッキゲンで叫びたい衝動をグッとこらえて何事も無かったようなクール顔でお店を後にするのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

さすがの老舗!上野『池之端藪そば』

Img_3358

池之端藪そば

なかなか行けなかった藪御三家池之端藪そば

平日はナカナカ営業時間内にたどり着けないもんで、土曜の昼間に潜入しました。

ほぼ満席。

Img_3359

そば茶

そば茶の香りがいいですな。

Img_3360

七味唐辛子

七味唐辛子の容器がなんかハクション大魔王の壺っぽいです。

Img_3361

ざるそば①

シンプルにざるそばを。

まずはつゆを味見。

思ったほど辛くないですかね。

むしろ甘みさえ感じるような。

コクがあるというか奥深い感じですね。

でも個人的には、アメ横にある上野藪か浅草の並木藪の方が好みですかね。

Img_3362

ざるそば②

綺麗なそば。

藪らしく、つゆをチョロっとだけつけて。

うん、旨いです。

コシもあるし、なんつってものど越しがいいですね。

堪能しました。

さて、行列が出来始めてるんで出ましょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

グレン・フライ 『ヒート・イズ・オン』

グレン・フライ 『ヒート・イズ・オン』

エディ・マーフィーの大ヒット映画『ビバリーヒルズ・コップ』の曲だね。

イントロからしてノリノリの雰囲気がたまんない。

MVでも映画のシーンが入ってるのが嬉しいね。

ヒーティーズ・・・ドンドンドンドン・・・オぉン!

ってとこが最高。

テンション上がるわあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

自ら高級喫茶と名乗る喫茶店!上野『古城』

Img_3123

古城

とある金曜日の会社帰り。

健康のために日本橋から上野まで歩きました。

さすがに疲れたんで喫茶店にでも・・・。

東上野のコリアンタウンを越えると、古城というお店が目に入りました。

アメ横にある王城とは関係無いんでしょうかね?

看板に高級喫茶って書いてあるのが気になりますね。

迷わず入店すると、女主人さんに、『アイスコーヒーとか冷たいものしかできませんけど・・・?』と言われました。

時間が遅かったせいでしょうか。

客はオイラ含め二人だけ。

Img_3130

古城店内①

奥の方の席に陣取ります。

ステンドグラスシャンデリアがきらめき、自動演奏の電子オルガンクラシックを奏でます。

う~ん、確かに高級喫茶。

内装に金かかってます。

Img_3129

アイスコーヒー

クリームソーダでも飲もうかと思っていたら、店員さんがお冷やと一緒にアイスコーヒーを持って来ました。

選択の余地無しかいっ!・・・と思わず心の中でツッコミを入れます。

でも静かな中で流れるクラシックが心地いいです。

Img_3131

古城店内②

そうれはそうと、目の前の座席はペアシートが電車みたいに同じ向きで並んでます。

さすがにカップル専用でしょうね。

ちょっと不思議。

でもさすが高級喫茶。

なんか落ち着きます~。

 ※関連記事:渋すぎる昔ながらの喫茶店!上野『王城』

後日、前を通ってみました。

Img_3355

古城

こんな外観でした。

渋っ。

古城 (コジョウ)
東京都台東区東上野3-39-10 光和ビル B1F
03-3832-5675


カフェ・喫茶店 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

上野・御徒町Walker

価格:950円
(2015/7/21 21:20時点)
感想(0件)

濃い上野

価格:905円
(2015/7/21 21:22時点)
感想(0件)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

プリンス 『ビートに抱かれて』

プリンス 『ビートに抱かれて』

1984年にヒットして以来、日本じゃ変態扱いされるようになったプリンスの代表曲のひとつ。

妖しげなバスタブから全裸のプリンスが這い出てくるっつーシーンで日本中を気持ち悪がらせたという。

オイラ的にも最初は受け付けらんなかったっけな。

でも聴いてるうちにハマってきて、今じゃすっかりプリンス・フリークになっちゃったよ。

もちろんCDは全部持ってる。

そういや最近来日してくんないけど、久々にライヴを観たいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

じゅらくよぉ~んで有名な老舗!上野『じゅらく』

Img_3219

じゅらく

今更ながら行ってきました。

上野じゅらく

子供の頃に見た、マリリン・モンローのソックリさんのCM、『じゅらくよぉ~ん♪』で有名なとこ。

このCMは系列のホテルのものでしたけどね。

ちなみに株式会社聚楽は、文京区を本社とするレストランやホテルを運営してる会社です。

土間土間なんかも聚楽の経営だそうです。

けっこう手広くやってるんですね。

Img_3215

ハンバーグ

洋食のド定番ハンバーグをオーダー。

いかにもな雰囲気。

肝心のお味は・・・

ふ、ふ、フツー。

懐かしさはあるものの、特に美味しい訳でもなく。

まさにファミリーレストランの味ですな。

Img_3216

付け合せのナポリタン

付け合せのナポリタンが長さ5cm位しかなくフォークで巻けません

すくって食べるしかないですね。

なんでこんなに短いんでしょ?

ちょっと謎です。

いや~、じゅらく堪能しました。

なんか敷居の高いとこかと思ってましたが、全然違うんですね。

ザッツ・ファミレスです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

貴婦人のように美しいオムライス!大宮『紅亭』

Img_32822

紅亭

もう15、6年通ってる大宮紅亭

今回は久々の訪問ですけどね。

大宮ではかなり有名な洋食屋さん。

Img_3276

ドレス・ド・オムライス①

ここの名物は・・・

もうお分かりですね?

そう、ドレス・ド・オムライス

まるで絹をまとった貴婦人のような佇まい。

美しいじゃありませんか?

ちなみに上に乗ってるのはトマト。

Img_3278

ドレス・ド・オムライス②

それにしてもどうやって作ってるんでしょう?

ジックリとベテランコックさんのフライパンさばきを見てみました。

フライパンに溶き卵を入れ、2cm位間隔を開けた菜箸を刺すように縦に置き、丁寧にフライパンを回してました。

でも、なんでこうなるのかは良く分かりません。

Img_3279

ドレス・ド・オムライス③

もうフワッフワ

ふんわりたまごとデミグラソースが交わってトロットロ

これはホントに美味しいですな。

一見の価値アリです。

ちなみに、特選ロース豚の香味焼もメチャ旨いです。

大宮、侮れません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »