« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ゴージャス系純喫茶を埼玉で見っけ!蕨『喫茶クラウン』

Img_0056

クラウン

埼玉県が誇る人気の純喫茶がにあるクラウン

外観からして昭和臭ぷんぷん

Img_0054

メニュー

店頭のメニューがいいですね。

Img_0068

クラウン店内①

2階建てなんですね。

螺旋階段が素晴らしいですな。

ソファも高級感ありで。

BGMはクラシックが控えめな音量で流れてます。

Img_0067

クラウン店内②

照明もゴージャス。

上野純喫茶丘 古城 を思い出しますね。

お店のおばさんが優しそうです。

Img_0070

特製オムライス①

特製オムライス750円をいただきます。

オイラ好みのたっぷりケチャップ。

Img_0071

特製オムライス②

意外に玉子がフンワリしてます。

中のケチャップライスは薄味ですね。

オイラ好みのネチャネチャ系ではなく、ちょっと上品な感じです。

ま、美味しいですが。

Img_0064

コーヒー

食後のコーヒーは、まあ普通ですね。

ちょっと酸味があります。

外観や内装はゴリゴリの昭和でしたが、料理はそんなにベッタベタではありませんでしたね。

個人的にはもうちょっと場末感が欲しいところですが、ナカナカいいお店でした。

喫茶クラウン
埼玉県川口市芝新町3-19
048-266-1207

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

ふわふわオムレツの有名店!有楽町『ラ・メール・プラール』

Img_4407

ラ・メール・プラール①

フランスのモンサンミッシェルに本店があるラ・メール・プラールが海外に初出店したっていうお店。

有楽町の東京国際フォーラムにあります。

人気のあるお店です。

前の会社で一緒に仕事をしてたメンバーで行きました。

赤を基調にした可愛い外観。

Img_4438

ラ・メール・プラール②

入口は重厚な雰囲気で。

Img_4437

ラ・メール・プラール店内

品がありつつ、どこか可愛げのある店内。

厨房まわりには銅のフライパンがたくさん飾られてました。

Img_4416

テーブル

ナプキンがリボン付き。

お店の人が愛想良いですね。

Img_4414

シードル甘口

まずはシードルの甘口で喉を潤します。

ほぼジュースですな。

Img_4417

フレッシュハーブ風味のサーモンマリネ

コース料理が2940円

なかなかリーズナブルですね。

前菜はフレッシュハーブ風味のサーモンマリネを選びました。

当たり前ですが、サーモンが生々しくて・・・

もうちょっと薄切りにして欲しかったですね。

Img_4421_2Img_4419_2Img_4420_2

パン&ポテト

パンポテトを選べますが、団体なので半分ずつ選択。

塩こしょうの容器がグッド。

Img_4422

白ワイン

白ワインはブルゴーニュのシャルドネを。

すっきり辛口。

Img_4425

伝統のオムレツ①

ついに来ました伝統のオムレツ

デカっ。

これはインパクトありますね。

Img_4427

伝統のオムレツ②

この大きさ、たまご何個使ってんでしょ?

コレステロール値が上がっちゃいますな。

ひと口食べてみると・・・

超~フワフワ

初めての食感ですね。

このフワフワの秘密は、たまごのかき混ぜっぷり。

ず~っと店内にかき混ぜる音が響き渡ってました。

さて問題はその味。

薄味で美味しいです・・・が、飽きちゃいますね

こんなに大きくなくていいんですが、この大きさが名物たる所以なんでしょうね。

塩かけたり、色々工夫して完食。

Img_4428

トマトとオリーブオイルとバジリコ風味のパスタ

トマトとオリーブオイルとバジリコ風味のパスタを。

これは普通に美味しいですね。

Img_4430

フォアグラのポワレ

フォアグラのポワレを。

これが一番美味しかったりして。

Img_4434

クレームブリュレ

デザートはオイラの大好きなクレームブリュレ

表面のカリカリをこよなく愛してます。

う~ん、旨いです。

Img_4436

コーヒー

食後のコーヒーをいただきます。

ん~、ホッとしますね。

いや、お腹いっぱいです。

まあ、美味しかったし楽しかったんですが、このオムレツは一回食べればいいですかね。

いい経験になりました~。

ラ・メール・プラール
東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム
03-5252-7171

| | コメント (12) | トラックバック (0)

キラキラ光るチョコケーキ!大宮『バズサーチecute店』

Img_3956

バズ・サーチ

最近お気に入りの大宮駅ecute

ここはスイーツが充実してます。

上野駅のecuteもチョイチョイ行くんですが、圧倒的に大宮の方がいいですね。

そしてこのバズ・サーチはいつも混んでます。

この日も行列してました。

確かに他のお店よりちょっとお洒落な雰囲気で、ケーキもゴージャスっぽい気がしますね。

Img_3957

チョコケーキ(名前忘れました)①

今回買ったのはチョコ系

表面のチョコがテカテカ光ってます。

このチョコの光沢はたまりませんな。

上に乗ってる豆みたいなのはナッツです。

小さい粒は仁丹ですかね。

P1030774_2

チョコケーキ(名前忘れました)②

うん、メチャ旨です。

チョコ系のケーキはトコトン甘いのがオイラ好み。

コイツはオイラの期待を裏切らない甘さ。

素晴らしいですよ。

行列は伊達じゃなかったですね~。

バズ サーチ ecute大宮店
埼玉県さいたま市大宮区錦町630 エキュート大宮
048-648-3861

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

デヴィッド・ボウイ『ブルー・ジーン』

デヴィッド・ボウイ『ブルー・ジーン』

ゴールドを基調としたメイクが印象的だったMV。

カッコいい曲なんだけど、ちょっとゲイっぽいんだよなあ。

実際ゲイだったとかバイセクシャルだったとかって話もあるけど実際はどうだったんかね?

ミック・ジャガーと寝たって噂もあったっけ。

ま、カッコいいけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

三社祭の熱さをクールダウンしてくれる生フルーツジュース!浅草『珈琲アロマ』

Img_0627

三社祭①

先週の土曜日の話。

浅草三社祭見物&純喫茶巡りを敢行。

メッチャ盛り上がってますな。

この日は天気も良く、暑くて熱かったです。

Img_0632

アロマ

クールダウンさせるには純喫茶が一番。

そんな訳でたまたま見つけた珈琲アロマってお店へ。

外観がいかにも昭和的ですな。

Img_0621

アロマ店内

カウンターだけの小さなお店。

初老のご夫婦がやってます。

Img_0622

生いちごジュース

このお店のウリは生フルーツジュースらしいです。

そんじゃあ、いちごをチョイス。

これメッチャ旨いです。

冷たくて、甘さ控えめで、酸味が効いてます。

ゴックゴクいけちゃいますね。

さ、クールダウンしたところで祭りの続きを楽しもうじゃないですか。

Img_0703

三社祭②

再び熱くなりました~。

珈琲アロマ
東京都台東区浅草1-24-5
03-3841-9002

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

素朴だけど美味しい和菓子を食べてみますや!白岡『三枡屋』

Img_4460

三枡屋

3月に行ったお店を今更ながらご紹介。

オイラんちから歩いて3分。

地味ぃな通りに地味ぃにある白岡三枡屋

創業100年を超えてる老舗。

数年前にぶらり途中下車太川陽介さんが来てた・・・らしいです。

子供の頃は、『三枡屋に行ってみますや~』なんてダジャレ言ってました。

Img_4464

桜餅①

桜餅、いーい香り。

Img_4465

桜餅②

上品な甘さで旨いです。

抑えめな塩気とのバランスがいいですな。

Img_4470

苺大福

実は苺大福って初めてです。

四十数年生きてきて、なぜか出会う機会が無くて。

まあ、元々、スイーツはとことん甘いのが好きなので、フルーツの酸味は必要としてないもんですから。

でも今回はその酸味が良かったです。

餡子の甘さとバターのコクとの絶妙なハーモニーがたまりませんでした。

いや、旨いもんですな。

Img_4473

シベリヤ

昭和の和菓子シベリヤ

これって関東と中部にしかないって話ですね。

要は羊羹をカステラで挟んだようなものです。

名前の由来を調べたんですが、結局分からず。

時々食べたくなるんですよね。

いやあ幸せです。

いいお店でした~。

三桝屋
埼玉県白岡市白岡1186
0480-92-0070

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

街の小さな純喫茶!浅草『喫茶ニューライト』

Img_4556

喫茶ニューライト

浅草昭和臭がプンプンする喫茶店がたくさんありましてね。

ホント、いい街です。

この喫茶ニューライトもそのひとつ。

Img_4557

喫茶ニューライト店内

アンティークな椅子、ステンドグラスの電気シェード、はく製の置物。

なんか、はく製っていかにも昭和的だなあ~って思うんですが強引ですかね?

まあ、いろいろイカしてます。

Img_4561

テーブル上

昔は綺麗だっただろうなーっていう細身の女性店員さんのポニーテールがいいですね。

ジーンズに黒エプロンってのも悪くないですよ。

おしぼりは顔を拭けるタオル地でなく、フォークはナプキンに巻かれてませんね。

ここで少しガッカリするのって変ですか?

それが普通っちゃ普通なのに。

Img_4563

ナポリタン①

基本メニューのナポリタンをオーダー。

おお、素晴らしい。

いかにもコテコテなナポリタンですね。

中太麺で、具材はハム、ピーマン、タマネギ、マッシュルーム。

炒めは軽めで酸味があります。

見ためと違って割とアッサリしてますな。

Img_4564

ナポリタン②

途中から、いつもどおり粉チーズを。

うん、酸味のあるケチャップとまろやかなチーズが合いますな。

美味しいんですが、ひとつ要望があります。

味噌汁を付けてくれるのは嬉しいんですが、を付けて欲しいですね。

フォークだけだと味噌汁にケチャップが混じっちゃうもんで。

今更そんなこと言うんじゃないですって?

ごもっとも。

ま、こういうのもと捉え、ヨシとします・・・かね?

ニューライト
東京都台東区浅草1-33-4
03-3841-5524

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気の王道たい焼きを!人形町『柳屋』

Img_0007

柳屋①

3月に明治座で欽ちゃん公演を観た時に行ってみました。

 ※関連記事:欽ちゃん奮闘公演 THE LAST 『ほめんな ほれんな とめんな』 in 明治座

人形町甘酒横丁にあるたい焼き柳屋

Img_0006

柳屋②

行列です。

30分強待ちました。

職人さんが手際よく焼いている姿を眺めるのに飽きたころ順番が回ってきました。

Img_0010

たい焼き①

おお。

スタンダードな見ため。

熱々です。

Img_0009

たい焼き②

う~ん、こりゃ旨いですね。

皮は薄過ぎず厚過ぎずで、パリパリ過ぎずモチモチ過ぎず

焦げめが香ばしいですね。

餡子は甘さ控えめの大人味。

ザ・たい焼き、王道的な美味しさでした。

さすがの人気店ですな。

柳屋
東京都中央区日本橋人形町2-11-3
03-3666-9901

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ティアーズ・フォー・フィアーズ『ルール・ザ・ワールド』

ティアーズ・フォー・フィアーズ『ルール・ザ・ワールド』

UKの二人組。

もう爽やかな曲でさ。

思わずドライブに出かけたくなる。

確か、後にどっちかが脱退して、片方だけでやってた覚えがあるけど。

今どうしてんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

手打風・・・ふ、風???湯島『湯島らーめん』

Img_3741

湯島らーめん

仕事帰り、日本橋から上野まで歩くことがしばしばあります。

ダイエットの基本は歩くことかなーと思いまして。

歩くとお腹が空く訳でして。

ダメと分かっておりながらついついラーメンを食べたりなんかして。

暗がりに輝く湯島らーめん

昭和っぽい外観。

手打ち風・・・って書いてありますが。

・・・ふ、風?

手打ちではないけど、それっぽい・・・ってことですよね?

そこアピールポイントなんですか?

むしろマイナスなのでは?

他にもっとセールスポイントは無いもんですかね?

Img_3743

店内

ちょっと古ぼけてて薄汚れてる店内。

常連のオジ様オバ様が多かったです。

よく分かりませんがメニューが豊富。

天神らーめんとか白梅らーめん、妻恋らーめんなど、ちょっと意味が分からないとこがまたなんともかんとも。

Img_3742

湯島らーめん

スタンダードな湯島らーめんを。

古風な醤油ラーメンですね。

ワカメと細かく刻んだネギがいいですね。

コシのある中太麺に脂が張ってあって、いつまでも熱々なスープ

それはそうと、手打ち風っていいますが、いったいどのへんが???

全く手打ち感の無いストレート麺ですね。

まあ、なんとなく懐かしい味で、これはこれでありかも!・・・っていう味。

悪くないですよ。

ちょっと不思議なお店ではありますが。

湯島らーめん
東京都文京区湯島3-10-10 吉澤川辺ビル 1F
03-3831-5664

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

たまには昭和的ではない本格的なコーヒー専門店へ!青物横丁『ムジカ』

Img_4102

ムジカ

仕事で青物横丁へ。

馴染みの無い土地で行く喫茶店はワクワクしますね。

駅前で見つけたムジカというお店に入ってみました。

Img_4103

店内

昭和っぽい・・・というより、シックで落ち着いた雰囲気。

Img_4104

トースト

厚切りのトーストにはバターとイチゴジャムが。

フワフワで美味しいじゃないですか。

Img_4105

ホットコーヒー

コーヒーにこだわったお店のようで。

メニューが豊富で、それぞれに味の説明が書いてあります。

酸味のあるコーヒーは苦手なので嬉しいですね。

品のあるカップで出てきたのはマンデリン

酸味が少なく、しっかりとした苦味があります。

Img_4106

砂糖入れ

砂糖をたっぷり入れて味わいます。

うん、美味しいです。

たまには豆にこだわってコーヒーを飲んでみるのもいいかも知れませんね。

それはそうと、お店のおばあちゃんのコシが見事に90度に曲がってました。

頑張ってらっしゃいます。

カフェ ムジカ
東京都品川区南品川2-4-1
03-3474-7213

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

レトロ・・・なのか?秋葉原『須田町食堂』

Img_3889

クロスフィールド

去年のクリスマス前に行ったお店を今更ながらレポートしましょう。

秋葉原クロスフィールドとかいうビルの中へ。

Img_3887

須田町食堂

ちょっとレトロを気取った須田町食堂へ。

昭和っぽいお店は大好きでしてね。

でもここのお店、ロゴの感じは大正ロマン・・・ですかね?

ちょっと怪しいとは思いつつ入ってみました。

女の店員さんがメイド風な服装で対応。

レトロなのかアキバ的なのか良く分からんですね。

なんか予想どおり作られたレトロ感バリバリ。

Img_3881

コークハイボール

コークハイボールを。

甘くて美味しいですね。

Img_3882_2

須田町バーガー①

お店の押しメニュー、須田町バーガーをいただきます。

見た目はいいんじゃないですか?

Img_3885

須田町バーガー②

早速ガブリ。

う~ん、ハンバーグそのものは肉々しくて美味しいんですがソースが微妙ですね。

いっそのことケチャップ付けた方がいいかも知れません。

それにしてもいかにもな作られたレトロ感が若干痛々しい気がしますね。

レトロな食堂を作ったら流行るんじゃないか・・・ってずっと思ってましたが、やっぱナチュラルにレトロじゃないとダメな気がしてきました。

Img_3888

イルミネーション

ま、イルミネーションが綺麗だったんでヨシとしますか。

そんな寒い日の思い出でしたっと。

須田町食堂 秋葉原UDX店
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 3F
03-5297-0622

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

アイリーン・キャラ『フラッシュダンス』

アイリーン・キャラ『フラッシュダンス』

これはオイラが中学生の時の曲。

サントラのヒットはここから始まったと言っても過言じゃないてくらいヒットしたっけ。

確かうちの中学校の運動会で使われて、改めて洋楽ブームに気付いた覚えがあるなあ。

女の子はみんな聴いてた・・・と思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

昭和遺産に認定だ!浅草『大木洋食店』

Img_4141

大木洋食店①

仕事帰りに浅草で夕飯でも。

浅草駅からは10分程歩く大木洋食店へ。

Img_4140

大木洋食店②

渋過ぎる外観ですね。

なにやら、このお店、立川談志さんが通ってたそうです。

Img_4148

店内

店内はメッチャ散らかってます

おじいちゃんマスターが一人でやってるみたいですね。

椅子の上のが元気に飛び回ってます。

写真じゃ分かりにくいですが、細顔で眼の大きいグッドルッキンフェイスな猫ちゃんですな。

Img_4156

お茶

湯呑みが茶しぶだらけ。

味がありますなあ。

Img_4151

雑誌たち

庶民雑誌の最高峰、週刊大衆置いてます。

メニューが多いのも大衆食堂の基本です。

カレー、ハンバーグ、焼肉、とんかつ、ラーメン、エビフライ、スパゲッティなどなど。

Img_4157

オムライス①

そんな中チョイスしたのはオムライス

玉子はノット・フワフワでケチャップたっぷり。

まさに昭和版オムライス。

つーか王道ですな。

Img_4160

ナプキンにくるまれたスプーン

お店はちょっと汚いけど、スプーンは清潔にされてますね。

そんなとこもイカしてます。

Img_4161

オムライス②

ワァオ!

もう見ただけで旨いのが分かりますね。

Img_4162

オムライス③

ネチャネチャネチャネチャ・・・

いや、旨い、旨いです。

もう、このケチャップ感、超オイラ好み。

こりゃ素晴らしいですよ。

それはそうと、時間が遅いせいもあって客はオイラ一人

昭和11年生まれのマスターも暇を持て余したのかオシャベリを始めます。

世界情勢から国内政治、田舎での生活、昔話などなど盛り上がります。

面白い話がいっぱい聞けました。

Img_4163

完食

余裕の完食です。

あれやこれやで2時間以上居座っちゃいました。

なんかこう、味があるというか、心がある感じ。

こういう昭和の香りは遺していきたいですなあ。

大木洋食店
東京都台東区浅草5-45-13
03-3872-0610

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

木曽路の昔町を歩く!馬籠~妻籠 5 『妻籠夕方編』

P1040014

妻籠宿①

まだまだ妻籠を堪能しよう。

P1040018

妻籠宿②

いいよ、いいっ。

P1040008

妻籠宿③

屋根の上に石が乗っかった家、なんか見覚えがある・・・

Img_1

丹下拳闘クラブ

そうだ、これこれ。

あしたのジョーのジム。

せっかくの風情が台無しだけど。

P1040067

やまぎり

やまぎりっていう、これまた渋い食堂へ。

P1040068

やまぎり店内

田舎の食堂って雰囲気。

P1040069

抹茶セット

抹茶をいただく。

くずもち・・・かな?

プルプルと美味しい。

P1040119

妻籠宿④

夕方になったら少し肌寒くなってきた。

P1040112

妻籠宿⑤

お店の行灯がうっすらと光を放ち始めてきた。

Img_4699

妻籠宿⑥

暗くなるとますます風情が。

でももう帰りのバスに乗る時間。

もうちょっといたいけど。

つーか泊まりたいなあ。

P1040122_2

妻籠宿⑦

バス乗り場。

山が夕陽に染まり始めて。

寒い。

Img_4702

木曽路帰路

後ろ髪引かれつつ長野駅へ向かい、蕎麦を食べて帰る。

いやあ~、木曽路、いいわ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

木曽路の昔町を歩く!馬籠~妻籠 4 『妻籠グルメ編』

P1030921

妻籠宿①

こんないいとこなのに人が少ないね。

P1030933

妻籠宿②

石畳がグッド。

P1030951

妻籠宿③

まあ、ほとんどはアスファルト

明治以降、道路が整備されてったからね。

昔の面影を残そうって動きは道路が整備された後。

しかも観光地にしようと思ってた訳じゃないから、そこはイカにもな雰囲気でなく、リアルな現実生活と融合した形になってるんだね。

P1030956

満寿庵

和菓子の満寿庵ってお店に入ってみる。

P1030959_2

栗まんじゅう①

栗まんじゅうをいただく。

P1030960

栗まんじゅう②

うん、上品なお味。

でも喉が渇く~。

P1030968

妻籠宿④

やっぱ水車は付き物らしい。

P1030973

妻籠宿⑤

鯉ヶ岩

良く分からんがデカい。

P1030982

妻籠宿⑥

約500mの長さを何度も往復しちゃう。

まったく飽きないや。

P1040001

妻籠宿⑦

郵便局、カッケぇ~。

P1030983

俵屋里久

俵屋里久っていうお食事処へ。

P1030986

ざるそばセット

木曽に来たんだし、やっぱ蕎麦は食べときたいね。

旨い・・・かどうかは微妙だけど、そこは問うべきとこじゃないさ。

P1030988

御幣餅

御幣餅を。

馬籠では五平餅って書いてあった気がしたけど・・・

ま、旨いからどっちでもいいや。

香ばしくていいんだなコレが。

P1040016

妻籠宿⑧

さあ、まだまだ見るぞー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

木曽路の昔町を歩く!馬籠~妻籠 3 『妻籠到着編』

P1030885

妻籠宿①

妻籠宿に到着。

P1030886

妻籠宿②

この先にあるのね。

P1030888

妻籠宿③

近くに川が流れてる。

P1030898

妻籠宿④

おおっ。

まさに昔町

いいなあ。

P1030904

妻籠宿⑤

そういや電柱や電線が無いんだね。

P1030911

妻籠宿⑥

街灯も無いし。

P1030900

妻籠宿⑦

普通にお店が営業してるし、普通に人が住んでる。

夜はどうなっちゃうんだろ?

P1030912

妻籠宿⑧

ちなみに妻籠宿は中山道、別名木曽街道の、江戸から数えて42番目の宿場町だったそうな。

明治になって鉄道や道路が整備され、宿場としての機能が失われ衰退してったんだと。

んで昭和40年代になってから、住民達が集落保存に立ち上がり、ここで生活しながら江戸時代の街並を後世に伝えてるらしい。

P1030914

澤田屋

和菓子澤田屋へ。

木曽伝承の栗きんとんを購入。

Img_4729_2 Img_4735_2

栗きんとん

原料は栗と砂糖のみ

甘さは控えめで、栗の自然の味そのまんま。

優しい味。

さ、次行こ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

木曽路の昔町を歩く!馬籠~妻籠 2 『大妻籠編』

P1030841

大妻籠①

馬籠からバスで妻籠へ向かう。

田舎道を揺られ、20分程で大妻籠で下車。

妻籠はもうちょっと先なんだけど、せっかくなんで大妻籠も観たいなと。

P1030843

大妻籠②

水車が普通にあるってのが凄いね。

P1030844

大妻籠③

ここは馬籠や妻籠と比べるとかなり規模が小さく、観光客もほとんどいない。

ひっそりとしてるとこがナカナカいいじゃないの。

P1030865

大妻籠④

静かでいいなあ。

P1030866

大妻籠⑤

渋っ。

これ使ってるわけじゃないよな。

P1030864

お前、幸せそうだな。

P1030848

大妻籠⑥

歩いてるうちにちょっとした山道へ迷い込み。

坂がつらい。

P1030860

大妻籠⑦

山道を抜けると・・・

いいとこだなあ。

P1030859

藤原家住宅①

長野県宝藤原家住宅ってのがあった。

17世紀後期の農家なんだと。

P1030857

藤原家住宅内部①

P1030854

藤原家住宅内部②

渋い。

P1030858

藤原家住宅②

ナカナカなものを見させてもらったよ。

P1030884

大妻籠⑧

空気が美味いよ。

P1030878

大妻籠⑨

中山道へ戻る。

P1030877

大妻籠⑩

妻籠まで中山道を歩いて行ってみよっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

木曽路で昔町を歩く!馬籠~妻籠 1 『馬籠編』

P1030778

馬籠宿①

2014年3月15日から木曽路へ。

前泊した名古屋から中央本線で中津川駅に行き、そこからバスで馬籠(マゴメ)へ向かう。

ここは中山道43番目の宿場町として栄えたとこ。

以前福島の大内宿へ行った時に宿場町の魅力にハマってね。

 ※関連記事:いにしえを感じる会津へドライブの旅 1

P1030776

馬籠宿②

ん~、まさにタイムスリップしたみたい。

外人さんもチョイチョイ歩いてるね。

P1030782

馬籠宿③

緩やかな坂道が続く。

P1030787

馬籠宿④

ノンビリできていいなあ。

P1030795

馬籠宿⑤

P1030797

馬籠宿⑥

いわゆる高札場

町の掲示板的なもんかな。

P1030804

馬籠宿⑦

約600m歩くとこんな景色が待ってる。

天気もいいし空気も旨い。

P1030811

馬籠宿⑧

酒屋さんも渋いわあ。

普通に営業してるとこが凄いね。

P1030814

馬籠宿⑨

今度は下り坂。

P1030816

うさぎや

うさぎやっていうイカした煎餅屋さん発見。

そういや、ここに来てから何も食ってないじゃん。

P1030815

串ぬれおかき

一番人気だっていう串ぬれおかきを。

うん、香ばしくてフニャ~っとしてて旨いじゃないの。

ヤバい、食欲に火が付いた。

P1030823

白木屋

次はここの名物をいただこうか。

白木屋ってお店で。

P1030822

五平もち

そう、五平もち

丸く握ったご飯を串に刺して、胡桃醤油に漬けて焼いたものだそうな。

こりゃ旨いや。

焼いた醤油の香りが最高だよ。

さて次のバスまで時間があるね。

馬籠から妻籠へ行くバスは1~2時間に1本しかなくてさ。

うまく回る為にはバスの時間をしっかり把握しとかないといけないのよ。

P1030832

坂の家

バスが来るまで一服するか。

坂の家ってお店へ。

P1030830

坂の家店内

おお、いいねえ。

P1030831

アイス緑茶

アイス緑茶を。

ほんのり甘くて美味しいね。

P1030833

馬籠宿⑩

さ、そろそろバスが来る。

妻籠(ツマゴ)へゴーっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

麺屋武蔵系の肉たらしい魚介系つけ麺!上野『無骨相傳』

Img_2758

無骨相傳

会社帰りに上野を歩いてて見つけました。

麺屋武蔵が作った無骨相傳

いつの間に出来てたんでしょうね。

早速入りました。

食券を買って席が空くのを待ちます。

Img_2757_2

つけ麺 白

つけ麺の白をオーダー。

他にも赤と黒があるそうです。

何が違うのかは分かりませんが。

Img_2756

スープ

これが白。

魚介&トンコツなんですかね。

ちょっと甘みがあって。

最近、強い魚介スープを食べることが多かったんで、マイルドに感じますね。

Img_2755_2

麺&豚肉

麺はちょっと太め。

んで、この肉が豪快で。

ガッツリ厚切りで肉々しいですね。

個人的には荒々し過ぎてちょっと苦手です。

まあ、全体的に悪くはないんですが、魚介系だったら他のお店がいいですかねえ。

でも上野では見つけられてないんで、もしかしたら(?)また行きます。

麺屋武蔵 武骨相傳
東京都台東区上野6-11-15
03-6803-0634

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »