« 静かにコーヒーを味わうのが正しいお店!人形町『喫茶去 快生軒』 | トップページ | 何もかも普通すぎる喫茶店!十条『アルカード』 »

2014年12月 2日 (火)

トンプソン・ツインズ in ビルボードLIVE東京

38542

2014年12月1日(月)、ビルボードLIVE東京

今年最後のライヴはまたも80’sから。

トンプソン・ツインズっていう、UK発のシンセポップバンドのフロントマン、トム・ベイリーがなんと28年ぶりの来日。

行こうかどうか迷ってたけど、仕事も早く終わりそうだったもんで、小諸そばで腹ごしらえして2ndステージに参戦。

Imagelarge

イン・トゥ・ザ・ギャップ

懐かしのアルバムジャケットからも分かるようにメッチャPOPというか軽~いノリで。

シンセコンピューターを駆使したピコピコサウンドが最高だったね。

ま、そんな訳で安いカジュアル席でキューバリブレを飲みながらノンビリ観賞。

Screenshot20140319at110619

トム・ベイリー

髪を短くしてサングラスをかけた姿は当時とは全然違うね。

黒いジャケットと真っ青なドラえもんブルーのシャツがイカしてる。

まず一発目は『イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ』

のっけからヒット曲で攻めてくる。

いいんじゃないの~?

客のノリもナカナカ。

2曲目もノリノリの『ライズ』

次の『シスター・オブ・マーシー』は自らギターを。

ちなみにバンドは全員女性。

しかも若くて綺麗な娘ばっか。

この軽さがいいよね。

『ユー・テイク・ミー・アップ』ではハーモニカも聴かせてくれる。

この人、なんか軽~く見られるけど意外(?)とマルチなんだよなあ。

他にも当時カセットテープのマクセルのCMに使われた、ギターがカッチョいい『レイ・ユア・ハンズ』とか『ラヴ・オン・ユア・サイド』などなどヒット曲ばっかりで。

そしてあっという間のショーは『ドクター・ドクター』でいったん終了。

すぐさまアンコールで再登場し、『キング・フォー・ア・デイ』。

そしてラストはもちろん『ホールド・ミー・ナウ』

やっぱコレでしょ。

最後、演奏が終わってもみんなで大合唱したりして。

いや~、盛り上がったわ。

帰り際、小諸そばで食券を買うのを教えてあげたナイスミドルのカップルに遭遇。

お互い浮かれ気分でご挨拶。

こういう一瞬の出会いもライヴならではだね。

いい夜だったな~。

|

« 静かにコーヒーを味わうのが正しいお店!人形町『喫茶去 快生軒』 | トップページ | 何もかも普通すぎる喫茶店!十条『アルカード』 »

黄金の80’s Music 」カテゴリの記事

Love Live Life」カテゴリの記事

コメント

渋くてかっこいい!
ビルボードLIVE東京、前から興味あったので、今度トライしてみます。

投稿: ひつじ | 2014年12月 2日 (火) 22時02分

ひつじさん、ぜひビルボード行ってみて下さい。
雰囲気もお洒落だし、非日常感が得られますよ。
それになんといってもアーティストとの距離が近いのが最高です♪

投稿: junistoosexy | 2014年12月 2日 (火) 23時21分

行かれたんですね。
イルミもあって、ミッドタウン周辺は雰囲気あったんでしょうね~!

投稿: キハ58 | 2014年12月 3日 (水) 23時32分

キハ58さん、綺麗でしたよ。
街も人も浮かれた感じで楽しかったです。
いい季節ですね~。

投稿: junistoosexy | 2014年12月 3日 (水) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1660599/58156931

この記事へのトラックバック一覧です: トンプソン・ツインズ in ビルボードLIVE東京:

« 静かにコーヒーを味わうのが正しいお店!人形町『喫茶去 快生軒』 | トップページ | 何もかも普通すぎる喫茶店!十条『アルカード』 »