« 無くならないでおくれ!渋すぎる遊園地!群馬サファリパーク | トップページ | たまにはお高いオムライスを!日本橋『たいめいけん』 »

2016年1月26日 (火)

未唯mie in ブルース・アレイ・ジャパン

Img_3562_2

2016年1月22日(金)、ブルース・アレイ・ジャパン

2016年最初のライヴは、まさかのMIEちゃん。

写真のポスターは、次の告知だけどね。

今回は、毎年恒例(らしい)ピンクレディー・ナイトと称するイベント。

仙波清彦って人のプロデュース&久米大作って人のアレンジで、ピンクレディーのヒット曲を大胆にアレンジして魅せるっていう内容。

Img_3567

ブルース・アレイ・ジャパン

以前から一度行ってみたかった、目黒ブルース・アレイ・ジャパン

ジャズを中心に、日本の面白いアーティストのライヴをやってるとこ。

仕事終わって電話してみたら、立ち見なら入れるってんで駆けつけてみた。

お店のシステムが良く分かってなくて、しばし入口前で待機。

21時半頃、中に通されて、5500円お支払い。

Img_3565

店内

テーブル席の後ろの空間が立ち見スペース。

うん、全然いいじゃないの。

立ち見スペースの脇からミュージシャンが入場し、盛り上がってるなか、MIEちゃん登場。

メッチャ美人。

白っぽいスケスケ肩出しの大胆な着物姿でノリノリのMIEちゃん。

オープニングはSOS

アレンジが効いてて最初何の曲か分かんなかった。

往年の振付けじゃなくて、今回用に作り込んだ動きで熱唱。

それからカメレオン・アーミー透明人間とヒット曲連発。

和楽器を中心に、色んな国の楽器を入れ、総勢20名を超えるメンバーでバラエティに富んだステージを展開する。

サウスポーが音頭調だったり、渚のシンドバットではビーチボーイズを織り交ぜたり。

ロックあり、サンバあり、ジャズありの盛り沢山な内容。

昔の名前で出ています・・・的な内容じゃなくて、現在のMIEちゃんが見られて、しかもショーとして超本気モード

トークも慣れたもんで、客席を笑わせてくれる。

天然ボケなMIEちゃんが可愛くて。

ちなみに後で調べたら、57歳だって。

奇跡だわこれ。

その後もモンスターウォンテッドペッパー警部カルメン77とヒット曲ばっかり。

アンコールのピンク・タイフーンは客席総立ちで大騒ぎ。

いやぁ、約1時間半、盛り上がったわ。

ちなみに今回のセットリスト。

SOS
カメレオン・アーミー
透明人間
UFO
サウスポー
渚のシンドバット
モンスター
ウォンテッド
ペッパー警部
カルメン77
マンデー・モナリザ・クラブ
???
ピンク・タイフーン

MIEちゃん、凄いな。

来年も行こうかな。


音楽 ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

ゴールデン☆ベスト ピンク・レディー ~コンプリート・シングル・コレクション [ ピンク・レディー ]

価格:2,776円
(2016/1/25 15:32時点)
感想(2件)

ピンクレディー/PINK LADY LAST TOUR Unforgettable Final Ovation <通常版> 【DVD】

価格:6,048円
(2016/1/25 15:33時点)
感想(0件)

|

« 無くならないでおくれ!渋すぎる遊園地!群馬サファリパーク | トップページ | たまにはお高いオムライスを!日本橋『たいめいけん』 »

黄金の80’s Music 」カテゴリの記事

Love Live Life」カテゴリの記事

コメント

junさんは色んなライブに行かれるんですね~
私も大好きですが、中々機会がなくて・・
ピンクレディーは一生懸命振り付けを覚えましたね~
今でもカラオケでやりますよ~

投稿: sharon | 2016年1月26日 (火) 22時02分

sharonさん、ピンクレディー、いいですよねえ。
前の方にいたお客さんは振付けやってましたよ。
やっぱり盛り上がりますね~♪

投稿: junistoosexy | 2016年1月27日 (水) 11時55分

素晴らしい!・・・盛り上がりの雰囲気が伝わってきます^^/

投稿: キハ58 | 2016年1月27日 (水) 21時52分

キハ58さん、ほんと盛り上がりました~♪

投稿: junistoosexy | 2016年1月28日 (木) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未唯mie in ブルース・アレイ・ジャパン:

« 無くならないでおくれ!渋すぎる遊園地!群馬サファリパーク | トップページ | たまにはお高いオムライスを!日本橋『たいめいけん』 »