« ABC『ルック・オブ・ラヴ』 | トップページ | 昭和臭ぷんぷん!赤羽桐ヶ丘団地 »

2016年2月25日 (木)

クール&ザ・ギャング in ブルーノート東京

Img_3973_2

2016年2月24日(水)、ブルーノート東京

4年ぶりにブルーノート東京へ。

今回は70~80年代に活躍した、スーパーファンクバンドのクール&ザ・ギャング

15800円の高額ミュージックチャージながら参戦。

オイラが聴いてた80年代のメインヴォーカル、JTテイラー は残念ながらいないんだけどね。

Img_3971_2

オリジナルカクテル

20時半頃から整理番号順に中へ。

今回の座席は、入口寄りのサイド自由席。

整理番号50番台じゃ真ん中には行けないね。

もうちょっと早く予約しなきゃ。

クールって名前の今回限定カクテルを。

シナモンとレモン風味の、ちょっぴり甘いビアカクテル。

ほぼジュース。

Img_3972

スウィンギン・ポテト

毎回食べるスウィンギン・ポテト

オイラはクルクルポテトって呼んでるけど。

21時、メンバー登場で、前の方のテーブルは既に総立ち。

いきなりヒット曲のフレッシュ

そしてトゥナイト

どっちもJTテイラーがメインの曲だった気もするけど。

オイラの大好きなジョアンナ もJT。

盛り上がってるけど、やっぱ違和感はあるなあ。

トゥー・ホットもね。

そもそも今回のツインヴォーカル、どっちも知らないんだよなー。

つーか、そもそもJT以外では、ベースのロバート・クール・ベルしか知らないんだけどさ。

その後は、ファンキー・スタッフジャングル・ブギーハリウッド・スウィンギンなど、70年代のファンク色が強い曲を。

JTいないなら、むしろこういうのを期待しちゃうよね。

もちろんチェリッシュもやるけどさ。

ゲット・ダウン・オン・イットでいったん終了。

そしてアンコールは、ほぼ全席総立ちでセレブレーション

うん、なんだかんだ盛り上がったわ。

Img_3974

ブルーノート東京

それにしてもやっぱブルーノートは、雰囲気がいいなあ。

Img_3970_2

俺のフレンチ・イタリアン

今回、ライヴが21時スタートだったので、先にディナーを。

一人の時はラーメンかなんかで済ませちゃうけど、今回はファンキーな元同僚が一緒だったんでちゃんとディナー。

青山の俺のフレンチ・イタリアンへ初潜入。

Img_3968

店内

さすがにもう行列はしてないね。

広くて綺麗な店内。

カジュアルで気軽な雰囲気。

Img_3960

俺の泡

まずは辛口のスパークリングワイン。

俺の泡だって。

表面張力いっぱいまで注いでくれる。

ひと口飲む前に写真撮れば良かったかな。

Img_3963

スモークサーモンのなんとかカネロニ仕立て

ムースっぽくしたサーモンをスモークサーモンで巻いて、キャビアを乗っけた料理をサワークリームで。

旨そうに聞こえないかも知れないけどナカナカ旨い。

Img_3964

俺のパスタ

俺のパスタ

なんでもかんでも俺のってタイトルのメニューを。

要は本日のおすすめメニュー的な。

これも旨い。

Img_3966

俺の白

俺の白をグラスで。

すっきり美味しい。

Img_3967

俺のピッツァ

そして俺のピッツァ

なんと4種のピッツァが1枚に。

ピザーラもビックリ。

二人で1枚ずつ全部楽しめる。

実際行くまでは、ちょっとバカにしてたけど、充分美味しかった

店員さんも丁寧で。

ホント気軽に楽しめるお店だわ。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA
東京都港区北青山3-11-7 Aoビル 1F
03-6450-5911


音楽(洋楽) ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

Kool & The Gang / Gold (輸入盤CD)(クール&ザ・ギャング)

価格:3,290円
(2016/2/25 10:54時点)
感想(0件)

|

« ABC『ルック・オブ・ラヴ』 | トップページ | 昭和臭ぷんぷん!赤羽桐ヶ丘団地 »

グルMen'sグルメ」カテゴリの記事

黄金の80’s Music 」カテゴリの記事

カレー・スパゲッティ・ハンバーグ・オムライス」カテゴリの記事

Love Live Life」カテゴリの記事

コメント

NO16 くーるあんどぅざぎゃーんぐ。ふぇれーっしゅ。3ポイントダウンです。

投稿: | 2016年2月26日 (金) 21時39分

ぶりじすとぉぉぉん、さぁうんどはいうぇぇぇい!!

投稿: junistoosexy | 2016年2月27日 (土) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クール&ザ・ギャング in ブルーノート東京:

« ABC『ルック・オブ・ラヴ』 | トップページ | 昭和臭ぷんぷん!赤羽桐ヶ丘団地 »