« 最高の花婿 | トップページ | シンプル・マインズ『ドント・ユー』 »

2016年9月25日 (日)

ビートルズ エイト・デイズ・ア・ウィーク

Img_6523

ビートルズ エイト・デイズ・ア・ウィーク、とりあえず観てみようかなと。

実はそんなに乗り気じゃなくてね。

元々ビートルズは大好きなんだけど、今回の映画は世界のライヴ映像が中心だそうで。

オイラが好きなのは、ライヴ活動を止めてからのアルバムだったもんで。

でも監督がダヴィンチ・コードロン・ハワードだってんで、どんな内容になるのかなって。

観てビックリしたのは、まず映像も音響も超クリアで。

臨場感があって、リアルタイムで体験してないオイラには、当時の熱狂的な雰囲気を追体験したみたいで良かったわ。

日本公演の映像もいっぱいあって。

浅井慎平が何言ってるか分かんなかったけどね。

ビートルズの歴史については、中学生の頃、ビートルズ関連本を読み漁ったんで、大概知ってたつもりだったけど、ひとつ全然知らないことを発見。

1964年、まだまだ人種差別があったアメリカ南部では、ライヴは白人と有色人種の座席を分けるってのが普通だったらしいんだけど、20代前半の彼らは、『そんなバカげたとこで演奏なんか出来ない!』って言い出して。

最終的に、会場側が席の隔離システムを止めて、他の会場もそれに続いたんだって。

根深い問題の歴史を変えたと言えるかもね。

ジョンの『ビートルズはキリストより有名だ』発言から、ビートルズ排斥運動が起こったり、とにかくあらゆる事で規模が違うよ。

改めてビートルズの、当時の熱狂ぶり、社会へ与えた影響を感じさせてくれた映画だったな。

ビートルズを、知ってはいるけど生で体験してない人には是非観て欲しい映画だーね。


音楽(洋楽) ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

|

« 最高の花婿 | トップページ | シンプル・マインズ『ドント・ユー』 »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

Love Live Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ エイト・デイズ・ア・ウィーク:

« 最高の花婿 | トップページ | シンプル・マインズ『ドント・ユー』 »