« ザ・昭和な喫茶店で食べるサンドウィッチ!日本橋『和』 | トップページ | カール・カールトン『シーズ・ア・バッド・ママ・ジャマ』 »

2017年10月 8日 (日)

エル ELLE

Img_0666

『氷の微笑』ポール・バーホーベン監督が、フランスの大女優イザベル・ユペール主演で官能スリラーを作ったらしい。

そんなことを聞いたら観に行かないなんて選択は取れないでしょ。

つーか、バーホーベン、めちゃくちゃ久々な気が。

調べてみたら2000年の『インヴィジブル』以降はオランダに帰ってたそうな。

80年代後半の『ロボコップ』から始まって『トータル・リコール』、『氷の微笑』とハリウッドでヒットを連発して常に話題になってたのが懐かしい。

そんな中、フランスとベルギー、ドイツで製作された今作は、イザベル・ユペールがアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされたのに、都内でも数館でしか公開されず。

ゲーム会社を経営するミシェルは、自宅で覆面男にレイプされたものの、動じることなく掃除をして風呂に入る。

身近に犯人がいると推理したミシェルは、警察に知らせずに真相究明に取り掛かる。

ちなみにミシェルの身内は皆複雑な状況で。

父親は大量殺人鬼として服役中で、母親は若い男と同棲中、離婚した元旦那は美人と交際中、一人息子は別の男との子供を産んだヒステリックな女と交際中。

そしてミシェル自身は、同僚の旦那と不倫しつつも、隣人のパトリックに夢中で、双眼鏡で眺めながら自慰行為をしちゃう。

そのパトリックが、嵐に備えてミシェルの家の雨戸を閉める手伝いに来た時に、ミシェルはパトリックを誘惑、いい雰囲気になりそうだったが、パトリックは逃げてしまう。

その後再び自宅で覆面男にレイプされそうになったミシェルは、必死に抵抗して覆面をはぎ取る。

なんと犯人はパトリック

複雑な思いの中、ミシェルは交通事故を起こしてしまい、なんとパトリックに助けを求める。

ミシェルの自宅に到着した二人、そのままレイププレイを始めてしまい、その日以降も暴力的なプレイを続けていく。

どうやらパトリックはレイプじゃないと燃えない性癖だったようで。

ある日、二人の行為を見つけたミシェルの息子は、ミシェルを助ける為にパトリックを殴り殺してしまい・・・。

なぜか不敵な笑みを浮かべるミシェル・・・。

いやあ、凄い映画だったわ。

イザベル・ユペールの、変態的で強くてクールな女の演技が圧倒的。

そして登場人物達の、完全に頭ん中おかしいとしか思えない言動や行動。

『氷の微笑』もそうだったけど、意味分かんないとこがチョイチョイ出てくる。

途中からサスペンスなんだかコメディなんだか分からなくなっちゃう程。

こりゃもう一回観ないと。

さすがバーホーベン、笑っちゃう程変態的で衝撃的な映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

|

« ザ・昭和な喫茶店で食べるサンドウィッチ!日本橋『和』 | トップページ | カール・カールトン『シーズ・ア・バッド・ママ・ジャマ』 »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

わぁ~ぞくぞくする内容ですね
私「氷の微笑」の大ファンで、ハンドルネームもシャロン・ストーンから来ています
これ、シネコンとかじゃやってないですよね。
どっちみちこういう映画は付き合ってもらえないので
wowowとかでやったらこそっと観ようかな

投稿: sharon | 2017年10月11日 (水) 17時21分

sharonさん、そうだったんですね!

「氷の微笑」、大学時代に観たんですが、当時ハマりました。
知り合いが関係してた映画雑誌で「犯人は誰だ?」みたいなキャンペーンをやってて、みんなで色んな根拠を上げて真犯人はコイツだ!・・・みたいな事を論じたりして。
あのエロさにもメロメロだったなあ。

「エル」は都内でも単館でした。
来年の中頃にはDVDが出るかも知れませんね♪

投稿: junistoosexy | 2017年10月11日 (水) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エル ELLE:

« ザ・昭和な喫茶店で食べるサンドウィッチ!日本橋『和』 | トップページ | カール・カールトン『シーズ・ア・バッド・ママ・ジャマ』 »