« かつてションベン横丁と呼ばれた名物横丁でラーメンを!新宿思い出横丁『若月』 | トップページ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース in 渋谷オーチャード・ホール »

2017年11月19日 (日)

IT イット “それ”が見えたら、終わり。

Img_1149

基本的に怖い映画は観ないんだけど、ゲット・アウト 熱が冷めやらず勢いで鑑賞。

原作はスティーブン・キングの86年のヒット小説。

児童の行方不明が続く田舎町で、主人公ビル少年の弟ジョージが謎のピエロペニーワイズに襲われ消息不明に。

悲しみにくれるビルや友人達の前にも“それ”が現れ、彼らは恐怖に取りつかれつつも立ち向かうことを決意する。

色々調査してみると、町では27年ごとに児童が悲劇に見舞われる事件が起きていたことが発覚。

どうやらピエロは何かに恐怖心を抱いている子供達を食っては27年間冬眠をしているらしい。

そして今年がその27年目。

ヒロインのベバリーがピエロに捕らわれたことに気付いた少年達は、ピエロの棲み家と目される廃墟の中にある井戸を探索。

何度もピエロに襲われ、ピンチに陥るも最後は恐怖に打ち勝った少年達はピエロを退けることに成功する。

事件解決後、少年達は、ピエロがまだ死んでおらず27年後に現れることがあったら、また集まることを約束して別れていく。

どうやらこの話には続きがあるらしく、いつか続編が公開されると思われる。

CMや予告編で怖さを煽りまくってたけど、思ったよりは怖くなくて。

いや、勿論途中まではピエロが現れるたびに怖かったんだけど、正体が分かって少年達が戦うことを決めてからは冒険活劇みたいな雰囲気だったもんで。

あと、これホラー要素が無かったら、ほぼ少年たちの友情物語で、同じくスティーブン・キング原作のスタンド・バイ・ミーっぽさもあり。

もうちょっとピエロの背景が描かれてたらもっと感情移入出来て面白かったんじゃないかな。

ま、なにはともあれ続編が気になる映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

|

« かつてションベン横丁と呼ばれた名物横丁でラーメンを!新宿思い出横丁『若月』 | トップページ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース in 渋谷オーチャード・ホール »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IT イット “それ”が見えたら、終わり。:

« かつてションベン横丁と呼ばれた名物横丁でラーメンを!新宿思い出横丁『若月』 | トップページ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース in 渋谷オーチャード・ホール »