« 懐かし美味しい昭和なレストラン!神保町『ビヤホール ランチョン』 | トップページ | ルー・グラム『ミッドナイト・ブルー』 »

2018年2月18日 (日)

スリー・ビルボード

Img_1692

アカデミー賞ノミネート作品のスリー・ビルボードを鑑賞。

これ、見ごたえありましたねえ。

主演女優賞にもノミネートされてるフランシス・マクドーマンド演じる、娘を殺された母親が、いつまでも犯人を捕まえることが出来ない警察を批判する看板を設置したことから始まる田舎町での物語。

普通こういう話は、正義を貫く母親の善と、怠慢で腐りきった警察の悪との対決って構図になるんだろうけど、この映画はそんな一筋縄では進まなくて。

いったい誰が善人で誰が悪人なのか分からなくなっちゃう。

批判された警察の署長は、家族思いで住人からも信頼されてる。

それからサム・ロックウェル演じる、暴力的な差別主義者の警官は、マザコンでちょっと可哀想な奴だったり。

そして主人公の母親ミルドレッドは、周囲に悪態をつき、警察署を燃やしちゃうし。

もう、勧善懲悪って考え方は皆無で、世の中そんな単純じゃないぞっていう内容。

映画のセオリーを無視した、全く先が読めない展開。

基本的にはサスペンスなんだけど、オイオイってツッコミを入れたくなるようなブラックジョークもいっぱいで。

そしてラストも不毛なはずなのに、なんか希望を持っちゃうっていう。

今までの映画ではナカナカ見られない展開は脚本賞狙えるんじゃない?

サム・ロックウェルも助演男優賞いけるかも。

作品賞と主演女優賞はどうかなあ。

早くシェイプ・オブ・ウォーターを観てみたいよ。

オイラ一押しのゲット・アウトも何か取って欲しいけどね。

とにもかくにも、人間って複雑で白黒ハッキリつけられない生き物なんだなーって思わせる面白い映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

|

« 懐かし美味しい昭和なレストラン!神保町『ビヤホール ランチョン』 | トップページ | ルー・グラム『ミッドナイト・ブルー』 »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

気になっている作品、ご覧になったんですね。
白黒つけられない・・・ディベートで白黒つけたがる国民性と違った面がでている作品・・・奥深そうです。

投稿: キハ58 | 2018年2月18日 (日) 21時48分

キハ58さん、確かに白黒つけたがる国ですよねえ。
スリー・ビルボードは、グレー・・・というか結局みんなそれなりに黒だろ!・・・っていう映画でした。
ナカナカ奥深いです。

投稿: junistoosexy | 2018年2月19日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1660599/72845748

この記事へのトラックバック一覧です: スリー・ビルボード:

« 懐かし美味しい昭和なレストラン!神保町『ビヤホール ランチョン』 | トップページ | ルー・グラム『ミッドナイト・ブルー』 »