« ボビー・ブラウン『エヴリ・リトル・ステップ』 | トップページ | 北海道グルメを堪能できる居酒屋さん!札幌『かこいや』 »

2018年6月21日 (木)

さよなら、僕のマンハッタン

Photo_3

楽しみにしてた、さよなら、僕のマンハッタンを鑑賞。

(500)日のサマーマーク・ウェブ監督作品。

ピアース・ブロスナン演じる優秀な父親に反発して親元を離れた青年トーマスは、同じアパートに引っ越してきた胡散臭いオッサンのジェラルドと交流、人生の色んなアドバイスを受けるように。

ある日、父親がケイト・ベッキンセール演じる謎の女性と不倫している現場を目撃するトーマス。

シンシア・ニクソン演じる、精神を病んでいる母親を裏切るような行為に怒りを覚えたトーマスは女に抗議したものの、結局彼女と寝てしまうことに。

しかし女が父親から求婚されたことを知ったトーマスは、自分と女との関係を父親に暴露して修羅場となる。

そしてその混乱のなか、トーマスは自分の家族と胡散臭いオッサンのジェラルドとの関係を知る事に・・・

ドロドロになってもおかしくない衝撃展開なのにラストはなんか良かったねっていう。

最初は感じ悪かった父親の気持ちも、最後はなんか理解出来るんだよなあ。

考えてみると、これは青年トーマスが成長していく姿を見せながら、実は大人達の青春を描いた映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

|

« ボビー・ブラウン『エヴリ・リトル・ステップ』 | トップページ | 北海道グルメを堪能できる居酒屋さん!札幌『かこいや』 »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、僕のマンハッタン:

« ボビー・ブラウン『エヴリ・リトル・ステップ』 | トップページ | 北海道グルメを堪能できる居酒屋さん!札幌『かこいや』 »