« 昔ながらの居酒屋さんで軽~く一杯!白岡『海鮮料理屋 安兵衛』 | トップページ | 昭和な想い出のチャーハンをいただきました!大久保『中華八十番』 »

2019年3月 5日 (火)

クィーン『ハンマー・トゥ・フォール』

クィーン『ハンマー・トゥ・フォール』

ラミ・マレックが2019年アカデミー賞主演男優賞を獲って未だにクィーンブームに湧いてる中、ライヴエイドで披露した曲を。

84年発売のザ・ワークス収録曲。

レディオ・ガ・ガブレイク・フリーに隠れてしまい、イマイチ目立たないけど、今回のボヘミアン・ラプソディのおかげで注目度が上がったかな。

乗れるし、ライヴでは盛り上がりそうだね。


音楽(洋楽) ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

|

« 昔ながらの居酒屋さんで軽~く一杯!白岡『海鮮料理屋 安兵衛』 | トップページ | 昭和な想い出のチャーハンをいただきました!大久保『中華八十番』 »

黄金の80’s Music 」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

にわかクイーンファンなのですが
映画を観てて超がつくほどファンになってしまいました。
先日、NHKでクイーンのドキュメンタリーをみて、
フレディ・マーキュリーの表と裏の生涯をみました。
名声を得ても抜け出せない世界で孤独感が伝わってきました。
涙が出てしまいましたよ。

何時も美味しい記事を拝見し楽しんでいます。
グルメですね。
お味やお店の雰囲気など上手に表現なさっていて
訪れたくなります。


投稿: ぴえろ | 2019年3月 8日 (金) 13時37分

ぴえろさん、僕はクィーンについては全盛期の70年代は知らなくて。
なんとなく買ってみたベスト盤でハマって、その後84年発売のワークスってアルバムを聴きこみました。
ホント映画は泣けましたねえ。
これからも80‘s洋楽と映画、昭和グルメを中心にUPしてまいります〜♪

投稿: junistoosexy | 2019年3月10日 (日) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クィーン『ハンマー・トゥ・フォール』:

« 昔ながらの居酒屋さんで軽~く一杯!白岡『海鮮料理屋 安兵衛』 | トップページ | 昭和な想い出のチャーハンをいただきました!大久保『中華八十番』 »