« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

シェイキン・スティーブンス『フィール・ザ・ニード・イン・ミー』

シェイキン・スティーブンス『フィール・ザ・ニード・イン・ミー』

今思うと超ダサかっこいいシェイキン・スティーブンス。

いかにも80’sな能天気な空気感がたまんないね。

ファッションも懐かしくてダサい。

でもなんか気になるしジワジワくるのよ。


音楽(洋楽) ブログランキングへ

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

 

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

ノンビリくつろげる昭和ゴージャス系喫茶店!久喜『珀欧亭』

Img_8608

珀欧亭①

とある土曜日、久々に埼玉県の久喜駅周辺をプラプラと。

なんとなく見つけた珀欧亭って喫茶店でご休憩。

オールドモダン(?)な建物の2階へ上がります。

Img_8609

珀欧亭②

入口がオールドゴージャスで。

Img_8617

店内①

シックな店内。

シャンデリアが光ってますね。

Img_8622

店内②

品のあるおじいちゃんが対応してくれます。

BGMはヒーリング系。

Img_8611

店内③

公衆電話の隣に、使えるかどうか分かりませんが懐かしい黒電話が。

Img_8610

おしぼり

タオル地のおしぼり、思わず耳の後ろまで拭いちゃいます。

Img_8615

ホットコーヒー

ホットコーヒーはオイラの好きなマンデリン600円。

シャンデリアの光が星のように落ちてます。

どうでもいいけど、コーヒー薄っ。

しかも酸味を感じますよ。

ホントにマンデリンなのかしら??

まあ、ノンビリ居心地は良かったですが。

あと30分おきに、クォォォォンって鳴る時計が渋くてイカしてます。

なんだか居眠りしちゃいそう。


カフェ・喫茶店 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年4月25日 (木)

バイス

D95bbfe4b64e4ed5b90d2c701fc550ab 

アカデミー賞予想で自信たっぷりにクリスチャン・ベイルを推してたオイラ。

発表の時は勿論作品は観ておらず、情報だけで判断。

こういうデ・ニーロ・アプローチはアカデミー好きだろって思って。

見事に外したもんだ。

ま、そんな訳で色んな意味で注目してたバイスを観賞。

そもそもチェイニー副大統領のことをよく知らないけど、まあ強烈なおっさんだったのね。

アメリカ政治に詳しかったらもっと面白かったかな。

日本の政治よりも成熟してるものと思ってたら、結構ぶっ飛んでてビックリ。

そしてサム・ロックウェルのブッシュ息子が笑える。

ちょっと情けない顔もいいね。

カメラワークとかBGM、途中のエンドクレジットなどなど、アダム・マッケイ監督の凝った演出も面白かった。

ナカナカ遊び心が満載の楽しい映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

ゴッド・セイヴ・ザ・クィーン at 幕張メッセ

Header_title

2019年4月20日、幕張メッセ

いまだ興奮冷めやらぬボヘミアン・ラプソディ

その勢いを駆ってゴッド・セイヴ・ザ・クィーンっていうアルゼンチンのクィーントリビュートバンド幕張メッセで来日公演。

しかも今回は、A NIGHT AT THE MAKUHARIと銘うって、前座に日本のクィーントリビュートバンド3組のライヴとトークショーも同時開催。

いつもの80’s洋楽フリークの元同僚と愉快な仲間たち(美人)とで参戦し。

Img_5117_1

クィーンフリークな人たち

愛すべき偽者さんが出没してたり。

左のお姉さんたちはフレディなんだかシャネルズなんだか。

はたまたドリフヒゲダンスか。

いやいや、素敵ですよ。

Img_5108

座席から

会場はこんな感じ。

アリーナ14列目の、ほぼ真ん中のいいお席。

16時に開演すると、まずは司会のおじさんが色々説明してくれて。

メインのGod Save The Queenはもちろん大トリ。

それまでは、途中にトークショーを挟んで、Gueen、Queeness、Queerっていう日本人トリビュートが3組登場。

それぞれ個性的で楽しいっちゃ楽しい。

Queenessのヴォーカルは、見ためは薄毛&メタボの中年親父なんだけど、歌はメッチャうまくて。

ヴィジュアルに反して笑いを取ろうとしない姿勢はポリシーを感じるね。

Queerのヴォーカルは、完全にオカマちゃんキャラ

フレディはゲイではあったけど、そうじゃねーだろっていう。

まあ、個性出さなきゃいけないのは分からんでもないが。

ただ、途中の休憩やらトークショーやらも含め、若干ダラダラと長いよ。

Img_5122

God Save The Queen

ちょっと疲れてきたところで、やっとメイン。

これがもうビックリ。

今までの前座は何だったんだ!?・・・っていうくらいの素晴らしさ。

顔、声、しぐさ等々、とにかくフレディそっくり。

胸毛までハイクォリティってのは凄いもんだよ。

他のメンバーもナカナカ似てて。

欲をいえばジョン・ディーコンの髪型はふわふわパーマにして欲しかったけど。

そして披露する曲はみんな知ってる名曲揃い。

さすが地元では1万人規模で単独ライヴをやってるってだけあるね。

Img_5127

God Save The Queen ポスター

うまく伝わんないかも知れないけど、ちょっと感動モノ。

是非彼らだけの公演を観たいもんだよ。

さらに贅沢を言わせてもらえば、ライヴエイドを彼らに再現して欲しい。

そして最後は、前座の皆さんも一緒になってWe Are The Championを大合唱。

メイン登場まではちょっとダレたけど、結果的にはいいライヴだったなー。

ヘイヘイヘイヘェェェイ!ってのとオーーゥライッ!は流行らせたいよ。

Img_5126

火鍋

打ち上げは、近所のイオンに入ってる海底撈火鍋幕張店ってお店で

チョイ辛でンマかった。

それにしてもクィーンは若い人にも人気だね。

今回一緒に行ったカワイコちゃんも、リアルタイムでは知らないのに、すっかりクィーン大好き。

これからは是非80’s洋楽に触れて欲しいね。

マイケルは好きみたいなんで、ワムとかデュラン・デュラン、プリンスあたりを聴いてもらって感想聞きたいわ。

まあ、何はともあれ、みんな大好きクィーンはやっぱ最高のバンドだってことだね~♪

そして今回のセットリスト。

GUEEN
01. オウガ・バトル
02. 誘惑のロックンロール (Now I'm Here)
03. キラー・クイーン
04. ストーン・コールド・クレイジー
05. フリック・オブ・ザ・リスト
06. マーチ・オブ・ザ・ブラック・クイーン
07. 輝ける7つの海 (Seven Seas Of Rhye)
08. ボヘミアン・ラプソディ

QUEENESS
01. ウィ・ウィル・ロック・ユー (Fast)
02. レット・ミー・エンターテイン・ユー
03. 愛にすべてを (Somebody To Love)
04. ファット・ボトムド・ガールズ
05. 誘惑のロックンロール (Now I'm Here)
06. ブライトン・ロック
07. 誘惑のロックンロール Reprise
08. '39
09. 手をとりあって (Teo Torriatte /Let Us Cling Together)
10. ボヘミアン・ラプソディ
11. 君が代 (Kimigayo)

QUEER
01. ザ・ヒーロー 〜ウィ・ウィル・ロック・ユー (Fast)
02. アクション・ディス・デイ
03. プレイ・ザ・ゲーム
04. アンダー・プレッシャー
05. ブレイク・フリー (自由への旅立ち)
06. ボヘミアン・ラプソディ
07. RADIO GA GA

GOD SAVE THE QUEEN
01. One Vision
02. タイ・ユア・マザー・ダウン
03. 地獄へ道づれ
04. 愛にすべてを (Somebody To Love)
05. ファット・ボトムド・ガールズ
05. デス・オン・トゥー・レッグス/炎のロックンロール (Keep Your Self Alive)
06. アイ・ウォント・イット・オール
07. ショウ・マスト・ゴー・オン
08. ドント・ストップ・ミー・ナウ
09. ハマー・トゥ・フォール
10. ブレイク・フリー (自由への旅立ち)
11. RADIO GA GA
12. 愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)
13. ボヘミアン・ラプソディ

ALL LINE-UP/出演バンド全員
01. ウィ・ウィル・ロック・ユー
02. 伝説のチャンピオン


音楽(洋楽) ブログランキングへ

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

ゴーゴーズ『ヴァケーション』

 

ゴーゴーズ『ヴァケーション』

80年代前半に売れたアメリカのガールズバンド。

ジェーン・ウィードリンとベリンダ・カーライルがいたとこ。

可愛らしい女の子バンドってイメージかな。

ベリンダのムッチリ感がなんとも。


音楽(洋楽) ブログランキングへ

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

昭和にタイムスリップ!南浦和『味のみこしや』

Img_8573

味のみこしや

平日のディナーを南浦和で。

食べログをみて気になってた味のみこしやってお店。

途中下車して行くような場所じゃありませんが。

いかにも昭和臭が漂う洋食・中華のお店。

間もなく令和に入り、最近は平成を振り返る事が多いけど、オイラはあくまで昭和を追いかけます。

Img_8576

看板

素敵な看板です。

Img_8575

メニューサンプル①

美味しくなさそうなメニューサンプル

Img_8607

メニューサンプル②

中華そば、ちゃんと箸で持ち上げられてます。

Img_8606

メニューサンプル③

ポークソテーじゃなくてポークソティ

Img_8574

メニューサンプル④

そして必殺オムライス

Img_8579

店内①

薄暗い、散らかって店内。

いや、最高です。

こういう生活感を感じるお店、大好きです。

店内は、カウンター8席と4人がけテーブル2卓。

奥に座敷も見えますが、ほぼ自宅化してます。

Img_8578

店内②

カウンターもいい具合。

老夫婦と息子さんで切り盛りされてます。

親父さんの愛想が良くて。

壁のメニューを見ると種類が豊富でとにかく安いです。

ラーメン300円って。

心の中ではオムライスを食べるのを決めてたので諦めましたが、タールラーメンって何でしょうね?

麺類最高値ですよ。

タールっていうと、タバコの成分とか、石炭から出てくる黒いドロドロの液体を思い浮かべますが・・・

Img_0765

タールマン

そう、こんなの。

ちなみに画像は、名作バタリアンに出てくるタールマン

ま、次回お邪魔する時にタールラーメンをいただきましょう。

Img_8586

テーブル上

テーブル上も昭和ですね。

Img_0751

瓶ビール

ビールは瓶なんですね。

昔ながらテイストのキリンラガーを。

ちなみに写真撮ってませんが、お酒は一級酒

いつの時代の表現なんだっていう。

Img_8589

ウィンナー焼き

ツマミはウィンナー焼き300円を。

これがンマいんです。

Img_8598

スプーン

紙ナプキンでしっかりくるまれたスプーンが素敵です。

Img_8591

オムライス①

デデンっ!

ラードたっぷりコッテリタイプのオムライス600円。

Img_8590

オムライス②

玉子の焼き具合がオイラ好みのしっかりめ。

硬い薄焼きです。

Img_8601

オムライス③

具材はハムとタマネギ。

中もコッテリ。

ンマンマ~。

Img_8602

オムライス④

余裕の完食。

残った皿についた油っぷりが凄いですね。

大変美味しゅうございました。

味のみこしや
埼玉県さいたま市南区南浦和3-36-13
048-881-0641


日本全国食べ歩き ブログランキングへ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年4月11日 (木)

ナポリの隣人

Photo

タイトルが気になってナポリの隣人っていうイタリア映画を鑑賞。

法廷通訳のシングルマザーをやってる娘と不仲になってる爺さんを中心に、父娘の関係を描く、地味だけど心に沁みてくるお話。

かつて家族で暮らしていた家に一人寂しく生活する爺さん。

隣に引っ越してきた若いファミリーと交流することで、疑似家族を楽しんでいたが、その隣の家族に不幸な事件が起きてしまう。

重体で意識不明の奥さんに寄り添う爺さんは、この悲劇を受け止めきれずに無茶な行動に走る。

そして法廷に立たされた爺さんの法廷通訳として不仲の娘が登場し、爺さんの心の中を通訳とは関係なく語り・・・

メッチャ地味~な映画だけど、ラストシーンはジワ~ンと。

幸せは目指す場所ではなく帰る家だ。行く先ではなく後ろにある 』って詩がたまらないね。

そしてこの爺さんを演じるレナート・カルペンティエリって俳優さんの演技がリアルで素晴らしかった。

やっぱり最後は家族だよなーって思わせてくれるいいお話な映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

 

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

トーク・トーク『イッツ・マイライフ』

トーク・トーク『イッツ・マイライフ』

84年にヒットしたUKニューロマンティック系。

デュランデュランと比較されることが多かったけど、日本じゃちょっとマイナーかな。

この曲なんかは、ちょっとスパンダー・バレエっぽい。

今はそれぞれのメンバーがソロで音楽活動してるそうな。


音楽(洋楽) ブログランキングへ

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

店の中に電話ボックスがある喫茶店!浦和『埼玉屋』

Img_8377

埼玉屋

土曜の午後、映画帰りにコーヒーブレイク

浦和駅東口にある埼玉屋っていうベタな店名の喫茶店。

昭和なビルの2階にあります。

Img_8394

看板①

味わいのある看板。

Img_8393

メニューサンプル①

渋いメニューサンプル。

Img_8379

メニューサンプル②

ザ・喫茶店メニューナポリタンミートソースがありますよ。

Img_8381

看板②

ビルに潜入。

奥のエレベーターか階段で上がります。

Img_1931

入口

さあ、入りましょう。

ドアを開けると、カランコロ~ン♪

これもザ・喫茶店。

つーか、喫茶店以外で鳴らない気がするのは気のせいですかね?

Img_1935

店内

広くて薄暗い店内には静かにクラシックが流れてます。

お店の中に電話ボックスがあるタイプ。

昔は時々見た気がしますが、今となっては貴重ですな。

お店のおばちゃんの赤いユニフォームが中華料理屋さんっぽいです。

どうでもいいけど、予約席って書いた札が置かれてるテーブルが多いですね。

そんなに予約しないだろって失礼なことを思ってみたりして。

Img_8389

ホットコーヒー

ホットコーヒーは豆が選べます。

マンデリン450円をいただきます。

苦み強め・・・のはずがやや薄かったです。

まあ、ノンビリできたんで良かったです。

さ、帰りましょ。

埼玉屋
埼玉県さいたま市浦和区東仲町1-20 埼玉屋ビル2F
048-882-4756


カフェ・喫茶店 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年4月 4日 (木)

豆菓子屋さんなのにスイーツ!川崎『菓子工房おおはら』

Img_8496

菓子工房おおはら①

随分前に行ったお店を今さらながらご紹介。

平日、お仕事で川崎へ。

取引先の方に教えていただいた菓子工房おおはらってお店へ。

Img_8497

菓子工房おおはら②

創業80年だそうで。

Img_8495

店内①

ここ、本来は豆菓子屋さん。

鎌倉で人気店にも卸してる名店です。

Img_8500

店内②

そんな豆菓子屋さんですが、ここのお店のメインはスイーツ

Img_8493

モンブラン

モンブラン280円。

安っ。

でも安いだけじゃなくて、ちゃんとンマいですよ。

Img_8494

パッション

パッションも280円。

いやはや素晴らしい。

菓子工房 おおはら
神奈川県川崎市川崎区浅田3-11-5
044-355-7856


日本全国食べ歩き ブログランキングへ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年4月 2日 (火)

ウーマック&ウーマック『ティアドロップス』

ウーマック&ウーマック『ティアドロップス』

80年代後半にヒットした、ご夫婦ソング。

ボビー・ウーマックの弟とサム・クックの娘っていう、メジャーなアーティストの家族同士の夫婦。

軽く腰をフリたくなるような80’sっぽいメロディが素敵。

 


音楽(洋楽) ブログランキングへ

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »