« ハワード・ジョーンズ『ホワット・イズ・ラヴ』 | トップページ | 昭和遺産群ともいうべき素敵な喫茶店!品川『カフェDARI』 »

2019年9月19日 (木)

Us(アス)

Img_6407

メッチャ楽しみにしてた、ジョーダン・ピール監督のUs(アス)

前作ゲット・アウトにハマりまくったもんで。

そして今回も超傑作に仕上がってた。

休暇で海辺にやって来た裕福な黒人家族の前に突如現れた自分達とそっくりな家族。

ゲット・アウト同様、なんじゃこれ??・・・っていう展開が不気味に続く。

そして今回もラストで全ての謎が明かされ、色んな??が回収されるっていう。

最後のシーン、ママの表情と息子ちゃんの知らないフリをする仕草で全てを表現しちゃう。

まだ2作品しか存在しないけど、ジョーダン・ピールの手法はホント面白い。

ホラーというかスリラーなんだけど、アメリカに存在する社会問題、今回は格差社会やクローンをテーマにしてたり、ところどころ笑いを挟んでくるとか、完全にジョーダン・ピール・スタイルを確立したよね。

ハンズ・アクロス・アメリカはよく知らんかったけど。

あと差別する気は無いけど、黒人の人が眼を見開くとやっぱ怖い。

それにしても、もう一度観たくなる映画を作るって凄いことだよ。

今一番勢いのある監督だね。

次のアカデミー賞では、監督賞、脚本賞、ルピタ・ニョンゴ主演女優賞あたりが候補に上がってくるかもね。

まあ、とにもかくにもここ最近で一番のオススメ映画だーね。

 


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

|

« ハワード・ジョーンズ『ホワット・イズ・ラヴ』 | トップページ | 昭和遺産群ともいうべき素敵な喫茶店!品川『カフェDARI』 »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハワード・ジョーンズ『ホワット・イズ・ラヴ』 | トップページ | 昭和遺産群ともいうべき素敵な喫茶店!品川『カフェDARI』 »