« ジョーカー | トップページ | 上品のお味 もはやこれは和食かも!御徒町『鴨to葱』 »

2019年10月12日 (土)

存在のない子供たち

Img_6397

予告を見て気になってた存在のない子供たちを鑑賞。

レバノンのスラム街で、12歳の少年が、自分を産んだ罪で両親を訴えるっていう衝撃的なお話。

貧乏であるがゆえに、両親が出生届けを出さなかったため、法的に存在しない少年は、学校にも通えず路上で物売りをする生活。

ある日11歳の妹が、お金のために近所のイケ好かない男と強制結婚させられ、怒りと悲しみを抱えて家を飛び出す少年。

遊園地の掃除で生計を立てる不法移民のシングルマザーと知り合い、子供のベビーシッターをする代わりに居候することになったものの、そのシングルマザーが当局に捕まり、ひとりで子供の面倒をみることに。

そんななか、最愛の妹が妊娠のトラブルで亡くなったことを知り、少年は夫であるイケ好かない男をナイフで刺してしまう。

そして刑務所に入れられた少年は、世話を出来ないのに子供を産んだという内容で両親を起訴するとメディアで紹介され社会現象に・・・

ずーっと辛そうな顔をしてる少年が、ラストに自身の証明写真を取る時に見せる笑顔がなんとも。

この感想だけだと、親が極悪人みたいになっちゃうけど、貧困社会の被害者であるという一面もあったりして。

この状況と比べると、オイラ、金無いけど恵まれてるなーって感じるね。

貧困だけじゃなく、色んな理由で社会や環境に適応出来ない人たちがいっぱいいるんだろうなーって色々考えちゃう。

そして、人を刺しちゃったけど、この少年のように行動する勇気を持つことって大切だなーって。

そうかと思うと、こないだ観たジョーカーみたいにとんでもない怪物になっちゃったり。

それはそうと、少年と赤ちゃんの演技がリアル過ぎて凄い。

少年は演技と分かってるからまだいいとしても、赤ちゃんはホントに過酷な状況に置いて撮影しただろ・・・っていう。

日本じゃこんな撮影許されないんじゃないかね?

ちなみにこの少年は、実際にシリアからレバノンに流れてきた難民だそうな。

まあ、とにかく凄まじい内容で。

色んなこと、なんとかならんもんかなーって考え込んじゃう映画だーね。

 


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

|

« ジョーカー | トップページ | 上品のお味 もはやこれは和食かも!御徒町『鴨to葱』 »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョーカー | トップページ | 上品のお味 もはやこれは和食かも!御徒町『鴨to葱』 »