« ジョー・ジャクソン『ホワット・ユー・ウォント』 | トップページ | 札幌でもオムライザーの血が騒ぐ!札幌駅『銀座ライオン』 »

2019年11月21日 (木)

ターミネーター ニュー・フェイト

Img_6739

ずっと楽しみにしてたターミネーター ニュー・フェイト

1作目から大ファンなこのシリーズ。

とはいえ、1と2が良過ぎて、3以降はちょっと微妙な感じ。

毎回そこそこ楽しめるんだけど、どうもしっくり来なかった。

そんな中、ジェームズ・キャメロンが原案・制作として立ち上がって、2の正統続編だなんて言われたら・・・。

そんでリンダ・ハミルトンが復帰するっていうから、観る前から歓喜しちゃう。

どうでもいいけど、原題は、ダーク・フェイトなのね。

2で審判の日が回避されたものの、ジョン・コナーは殺され、サラはその後も現れるターミネーターと戦いながら22年の月日が流れる。

そしてメキシコシティにREV-9という新たなターミネーターが現れ、ダニーという女性を狙い、さらにもう一人の女性が未来からやって来る。

序盤の、誰が敵で誰が味方なのか分からんとこは2と似てる。

そしてその後は、メチャ強い新型ターミネーターがしつこくダニーを追いかけるっていうシンプルな展開。

でも、このシンプルだけど、変な捻りを加えない骨太なアクションこそがターミネーターの神髄。

ハラハラドキドキで面白かったわあ。

サラ・コナーの登場シーンはカッコよかったね。

ティア・ドロップのグラサンをかけて自信満々に銃を構える姿は最高だね。

今回初登場のグレースを演じるマッケンジー・デイヴィスには惚れちゃうなあ。

昔のメアリー・スチュアート・マスターソンが逞しく男前(?)になった感じ。

そしてアーノルド・シュワルツェネッガーの、老けたT-800が人間らしさを身に付けてたのは味わい深い。

でもこれ次作があっても不思議じゃない展開だよね。

ジェームズ・キャメロンが絡んでくれればいいけどね。

まあ、とにかく最高のシリーズが嬉しい形で戻ってきてくれたよ。

またいつでも戻ってきて欲しい映画だーね。

 


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

|

« ジョー・ジャクソン『ホワット・ユー・ウォント』 | トップページ | 札幌でもオムライザーの血が騒ぐ!札幌駅『銀座ライオン』 »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョー・ジャクソン『ホワット・ユー・ウォント』 | トップページ | 札幌でもオムライザーの血が騒ぐ!札幌駅『銀座ライオン』 »