« 北海道の自然とグルメを味わう旅! 6 『夜の釧路編』 | トップページ | アイリッシュマン »

2019年12月29日 (日)

マイ・ビューティフル・デイズ

Vl01

映画館に置いてあったチラシで気になったマイ・ビューティフル・デイズを。

行動障害のある無口な高校生ビリーは、日頃から気になっているスティーブンス先生の引率で、同級生の男女を含めた合計4名で演劇大会に参加。

数日を過ごすうちに、先生は、真っすぐに思いを寄せてくるビリーに翻弄されることに。

先生と生徒の恋愛モノと思ったら大違い。

思春期のあぶなっかしい高校生ビリーと、先生である前に一人の人間であるスティーブンス先生の成長モノかな。

主役のビリーを演じる、若手注目株のティモシー・シャラメの演技がみずみずしくて素晴らしい。

先生という立場を意識しながらも、徐々に自分を解放して人間らしさを見せるスティーブンス先生を演じたリリー・レイブも良かったね。

あと女生徒役のリリ・ラインハルトって女の子、チャラそうだけど頑張ってる感じが応援したくなるんだよなあ。

そしてなんといっても、金色の髪の少女っていうアメリカの曲が最高。

いい映画にはいい音楽が付いてくるもんだね。

もう、ホント純粋で爽やかなホッコリさせてくれる映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BS blog Ranking

|

« 北海道の自然とグルメを味わう旅! 6 『夜の釧路編』 | トップページ | アイリッシュマン »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道の自然とグルメを味わう旅! 6 『夜の釧路編』 | トップページ | アイリッシュマン »