« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月27日 (土)

15年後のラブソング

Img_8358

チラシを見て気になってた15年後のラブソングって映画を。

90年代にちょっとだけ活躍したものの、表舞台から消えて伝説となったミュージシャン、タッカー・クロウを心酔しているダンカンと、同棲するアニーとの三角関係のお話。

タッカーの代表曲『ジュリエット』のデモテープを手に入れたダンカンは嬉々として自身が運営するファンサイトにUP。

しかし、アニーは内容が気に入らず、ファンサイトで酷評レビューを投稿し、ダンカンと大喧嘩。

そんな中、タッカー本人からアニー宛に感謝のメールが届き、二人の関係が深まっていき・・・

こういう大人の、単純ではないけど肩の力が抜けた感じはいいなあ。

そしてタッカー演じるイーサン・ホークは、歳を重ねるごとにビジュアルは渋くてカッコよくなるんだけど、どんどんダメ男っぷりが似合ってくる。

あとアニー役のローズ・バーンが綺麗で。

そんない重たくない大人の女の魅力がたまんないね。

ちょっとダイアン・キートンっぽく見える時もあったりして。

肩肘張らずに、ゆる~く大人の関係を楽しみたい時にピッタリな映画だーね。

 


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

恐竜が教えてくれたこと

Img_8357

ふと気になって恐竜が教えてくれたことっていう映画を鑑賞。

夏休みに家族でオランダの島にやってきたサムって11歳の男の子と、島に住んでるテスっていう少女のお話。

My Extraordinary Summer wih Tess っていう原題からも分かるように恐竜はあんまり関係無くて。

このサムって男の子が、『絶滅した恐竜の、最後に死んだヤツは、自分が最後の恐竜だって分かってたんだろうか?』なんていう哲学的なことを考えてたんでこの邦題になったんだろうね。

ま、それはいいとして、この男の子はちょっと変わり者。

家族で一番年下の自分は、最後に一人になっちゃうんで、今のうちから一人で生きる準備をしとこうってんで、毎日数時間を一人で過ごすっていう訓練中。

そんな中、テスっていう、これまた風変わりな女の子と出会い、振り回されていく。

そしてこの女の子にはある計画が。

今まで一度も会ったことの無い父親をSNSで調べて、母親に内緒で島に招待しちゃうっていう。

父親もテスが自分の娘だなんて露知らず、さあ果たしてどうなるか・・・

思春期の彼らが家族との関係を通じて大人への階段を上がるっていう。

もうとにかくピュア。

悪い人が出てこないってのも安心して見られる。

未来は想い出がいっぱいだっていう言葉がいいね。

あとファンタスティコ~ってのが陽気で好き。

なんか子供の時の純粋(?)な自分に戻った感覚で観られる素敵な映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

札幌はやっぱりスープカレーが美味しいのだ!札幌すすきの『スアゲ プラス 本店』

Img_8327

スアゲ プラス 本店

とある土曜日、たまにはスープカレーでもとすすきのへ。

仕事の関係で教えてもらったスアゲ プラス 本店

食べログ3.71ってのは凄いですね。

Img_8336_20200610143401

店内

薄暗い店内は、まあまあお客さんが入ってますよ。

コロナで外出自粛のなか大したもんですな。

Img_8332

スープカレー①

パリパリ知床鶏と野菜カレーをいただきます。

スタンダードなスープをチョイスしました。

イカ墨プラスなんてのもありますよ。

そして辛さ抑えめの中ライスでオーダー。

Img_8331

スープカレー②

こりゃンマそうです。

どうでもいいんですが、なんでスープカレーって具材がデカいんですかね?

ナスもピーマンも熱々なんで噛み切るのが大変で。

スプーンでゴリゴリ切らないと口に入れられません。

でもお味はメチャ美味しいですよ。

Img_8334_20200610143401

スープカレー③

余裕の完食。

基本的にカレーはモッタリしたトロみのあるジャパニーズカレーとか欧風系が好きなんですが、たまにはスープカレーもいもんです~♪

スープカリー スアゲ プラス 本店
北海道札幌市中央区南4条西5 都志松ビル 2F
011-233-2911




 


日本全国食べ歩き ブログランキングへ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

 

| | コメント (2)

2020年6月10日 (水)

最高の花婿 アンコール

Img_8325


メッチャ楽しみにしてたんだけど、新型コロナウィルスの影響で公開が遅れてた最高の花婿 アンコール


1作目の最高の花婿は、オイラが主催(?)するJun’s Worldお気楽国際映画祭2016でベスト10にも入った名作。


フランスの裕福な家庭の娘4人がアラブ系やアフリカ系の外国人と結婚することで起きるドタバタを描いた異文化交流コメディ。


旦那4人がパリでの移民としての生活に馴染めず海外移住計画を立て、困った両親が彼らを引き留めようってお話。


前回程のパワーは無いものの、今回も終始笑いっぱなし。


それぞれの人種の特徴とか学んでおくともっと楽しめるかな。


今回は、お父さんとアフリカ系の旦那のパパの友情が微笑ましかったなあ。


人種や宗教、文化が違っても同じヒトじゃないかって思わせてくれる。


そんなの笑いとばしちゃえ!・・・っていう。


欲を言えば日本人を出して、思いっきりイジり倒して欲しかったなあ。


やたら真面目&清潔で融通が利かないけど時間だけは守るキャラとか。


次作で義理の弟かなんかで是非お願いしたいね。


ミネアポリスの事件があった今こそ観ておきたい映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


BS blog Ranking

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »