« チア・アップ | トップページ | お名前はアドルフ? »

2020年8月 1日 (土)

カセットテープ・ダイアリーズ

Img_8534

予告を見て気になってた実話がベースのカセットテープ・ダイアリーズ

これ、面白い。

80年代のイギリスで冴えない生活を送るパキスタン移民の高校生ジャベド君。

学校で知り合った奴にブルース・スプリングスティーンミュージックテープウォークマンで聴いてから人生が一変する。

彼女も出来てキラキラと輝いていくジャベド君に、思わず自分の冴えない高校生活を投影してワクワクしちゃう。

序盤はペットショップボーイズなんかの曲がかかるも、なかなかブルース・スプリングスティーンが流れず焦らされるのも心地いいね。

焦らされてかかったダンシング・イン・ザ・ダーク

オイラがブルースを初めて聴いた大好きな曲。

いやあ、これは超名作といっていいね。

そして名作には必ず名シーンがあって。

ジャベド君と彼女、親友君と3人で街を踊り歩くとこ、幼なじみと仲直りするシーン、クライマックスのスピーチ、ギクシャクしてたお父さんと心が通じ合うラスト。

出てくる奴らがみんないいんだよなー。

彼女ちゃんもメチャ可愛くて。

それにしてもブルース・スプリングスティーンでキュンキュンしたのは初めての体験だね。

エンディングで本物のブルースとの交流が紹介されたのが、自分のことのように嬉しくなっちゃう。

改めて80’sはいいなーって思える胸キュン映画だーね。


エンターテインメント ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

BS blog Ranking

|

« チア・アップ | トップページ | お名前はアドルフ? »

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

黄金の80’s Music 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チア・アップ | トップページ | お名前はアドルフ? »